日本財団は、67歳~ 81歳の方(当事者)と35歳 ~59歳の高齢の親を持つ方(子世代)に対して、 人生の最期の迎え方に関する全国意識調査を実施しました。

人生の最期の迎え方に関する全国調査結果 公益財団法人 日本財団

▼人生の最期を迎えたい場所「自宅」58.8%
 避けたい場所「子の家」42.1%、「介護施設」34.4%
▼人生の最期をどこで迎えたいかを考える際に重視すること
 親は「家族の負担にならないこと」95.1%
 子は「家族等との十分な時間を過ごせること」85.7%
日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)は、67歳~ 81歳の方(当事者)と35歳 ~59歳の高齢の親を持つ方(子世代)に対して、 人生の最期の迎え方に関する全国意識調査を実施しました。
 その結果、死期が迫っているとわかったときに、人生の最期を迎えたい場所として、当事者は58.8%が「自宅」、次いで33.9%が「医療施設」と回答しました。その理由は、「自分らしくいられる」「住み慣れているから」などがあげられました。一方、絶対に避けたい場所は、42.1%が「子の家」、34.4%が「介護施設」と回答しました。また、人生の最期をどこで迎えたいかを考える際に重視することについて、当事者は95.1%が「家族の負担にならないこと」である一方、子世代は85.7%が「(親が)家族等との十分な時間を過ごせること」と回答し、親子の考えにギャップがあることがわかりました。

Qあなたは、死期が迫っているとわかったときに、人生の最期をどこで迎えたいですか。

 一番望ましい場所は、「自宅」。絶対に避けたい場所は「子の家」ついで、「介護施設」

Q死期が迫り人生の最期をどこで迎えたいかを考える際に、あなたにとって重要だと思うことは何ですか。(当事者)

Q親御さんに死期が迫って人生の最期をどこで迎えたいかを考える際に、あなたからみて親御さんにとって重要だと思うことは何ですか。(子世代)

 当事者は「家族の負担にならないこと」を重視している。
 子は親が「家族等との十分な時間を過ごせること」を重視していると考えている。

<調査背景>
 日本では、約8割の方が病院で亡くなる一方、2017年度の厚生労働省の調査(注1)によると、約8割が人生の最期を迎えたい場所として自宅を望むという結果が出ています。2025年には後期高齢者人口が約2,200万人となり、2040年には65歳以上の高齢者の人口が最大になると言われ、日本はこれから本格的な高齢多死社会を迎えます。多くの人が、自分が望む人生の最期を迎えるためにはどうしたらいいのか、その糸口を探るため、日本財団は「人生の最期の迎え方」に関する意識調査を実施しました。

注1:平成29年度「人生の最終段階における医療に関する 意識調査」

調査結果の詳細は、以下のURLからご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210329-55543.html

<調査概要>
調査対象:全国の男性平均寿命(81.41歳)を上限として、5歳区切りで3区分とした男女(67~81歳)と、
     その世代に親がいる男女(35~59歳)を対象
サンプル数とサンプル対象者:
 67歳~81歳の男女 ※「看取られる」ことを想定して回答・・・・・・・484
 35歳~59歳かつ親あるいは義親の1人以上が67歳以上で存命の男女・・・558
 ※親を「看取る」ことを想定して回答
実施期間:2020年 11月 27日(金)~ 30日(月)
調査手法:インターネット調査

関連記事

  1. シニア相談のスペシャリスト育成を目指す 「高齢者住まいアドバイザー検定」 5月23日開催

  2. 「親のこと」の相談先として、介護の総合案内窓口サービス提供開始 ~介護、食、施設入居、リフォーム、終活など介護にまつわる困りごとに広く対応~

  3. 親の事が心配 不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、高齢者向け空き家管理サービス「ご実家管理サービス」を提供開始 

  4. 「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査」結果 今どきシニア、コロナ禍中に孫を思う。~帰省の交通費負担は過去最高。お年玉相場は平均7,600円で前年並み~ 

  5. 【夏はとろろを食べて免疫力UP】黒毛和牛と鰻のスタミナごはんが期間限定で登場全国18店舗の瓦カフェで2020年7月8日から順次スタート

  6. サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)へ入居をご希望される方等に、自宅や遊休不動産の査定・売却、有効活用等に関する不動産ソリューションサービスの提供を3月1日より開始します。

     ハウスドゥの連結子会社である株式会社ピーエムドゥは、株式会社ジェイ・エス・ビーと提携し、同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅へ入居をご希望される方等に、自宅や遊休不動産の査定・売却、有効活用等に関する不動産ソリューションサービスの提供を3月1日より開始します。

  7. 公益法人認定「相続支援コンサルタント講習」が受付開始 2020年度からeラーニングを導入! 全国資格者数2000名を突破。不動産のプロが相続支援のスペシャリストへ。

  8. 一本指でメロディーを弾くと伴奏とペダルが自動で奏でられて、だれでも、ピアニストのように華麗な演奏ができる「だれでもピアノ」。この機能を有するピアノを活用し、ピアノ未経験を含む65歳以上の方を対象に「だれでもピアノを弾こう!シニアのレッスンシリーズ」を5か月にわたって行ってきました。経験ゼロから始めた全8回にわたるレッスンの成果を横浜市役所アトリウムで披露します。

  9. 2021年春、オンラインで「スマートエイジ文化祭」を開催 人生100年時代 才能が彩る時を応援 60歳以上のスマートエイジ世代が写真、絵画、工芸などを1点500円でオンライン出展。出展料は全額、文化芸術活動に寄付

  10. 「大人のオンライン工場見学」、文化体験定額サービス「ソノリゴ」でチケット提供を開始 見学し放題!

  11. 掲載希望 問い合わせ・申し込みフォーム

  12. 【介護ホームに短期宿泊】8月15日(月)~21日(日)『豊富な娯楽』をさらにグレードアップ!介護施設が提供する「短期宿泊(ヘルスケアステイ)サービス」 CCRC豊泉家 芦屋山手(兵庫県芦屋市剱谷9番地1)