《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~

《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~ 震災10年、感謝の気持ちをこめて「花見山の詰め合わせ」がふるさと納税に初登場

震災10年、感謝の気持ちをこめて「花見山の詰め合わせ」がふるさと納税に初登場

《 花見山の美しい花々をご自宅へ 》

福島市では、これまでたくさんの方々に応援を頂きながら、震災前の穏やかな暮らしを取り戻すため歩みを進めて参りました。10年という節目を迎え、「福島の今」を全国のみなさまに知って頂きたいという想いから、国内屈指の花見の名所「花見山」の花枝を、ふるさと納税返礼品として全国に発送することができるようになりました。
(一部地域を除く)

◆福島市民がこよなく愛する桃源郷『花見山』(3月27日開園)https://www.hanamiyama.jp/
 毎年20万人が訪れる花見の名所の花が手に入ると聞いて驚いた方も多いのではないでしょうか。

実はあまり知られていないことですが、「花見山(花見山公園)」は花き農家を営む個人所有の山、つまり「畑」に当たるものなのです。花見山公園二代目園主・阿部一郎氏とその父・伊勢次郎氏が、それまで営んでいた養蚕をやめ、昭和の始めに花き農家として生計を立てようと決心し、雑木林の開墾にその身を投じたのが「花見山公園」誕生の生い立ちです。

色とりどりの花木が咲き誇る山の風景のあまりの美しさに訪れる人が年々増えていきましたが、阿部一郎氏は「自然の花の美しさを一人で見るのはもったいない。この喜びを万人のものとしたい」 と山を無料開放してきました。写真家の故・秋山庄太郎氏に見いだされ、“福島に桃源郷あり”と称賛されたことで一躍有名になり、全国各地からたくさんの人々が訪れる屈指の観光名所となったのです。花見山の散策は誰でも無料で楽しめますが、「花見山の花」は販売先が決まっているため地元でも手に入れることができる人は限られており、花屋さんで目にすることはまずありません。

しかし今回、「福島市のお役に立ちたい」という阿部家の皆様のご協力を得て、花見山を彩る花木を、福島市へのふるさと納税を通じて一般の方々へ直接お届けくださることになったのです。

《 福島の『今』を知るきっかけに。生産者の想いとともにお届け 》

花見山の花木の特徴はその種類の多さ。サクラ・ハナモモ・レンギョウ・ボケなど約70種類もの花々があります。

今回はサクラ(品種おまかせ)、レンギョウ、サンシュ、モモ等から、2~3種類の花木の組み合わせで、花見山をイメージできるよう、ピンクや黄色など、できるだけ複数の色を取り入れてくださるそうです。

「ご自宅で花見山の花を愛で、福島へ思いをはせていただきたい。また福島を知るきっかけにしていただきたい」という阿部さんの想いとともにお届けします。

《  “数量限定30箱” 春の花見山詰め合わせ 概要 》

・取扱期間     2021年3月31日(水)まで
・返礼品名称  春の花見山詰め合わせ
・返礼品内容  サクラ、レンギョウ、サンシュユ、モモなど花見山をイメージした色合い(ピンクや黄色)の
       花枝15~20本。つぼみ又は一部咲きの状態で発送。
・寄附金額     15,000円
・数量           30箱(上限に達し次第、取り扱い期間中であっても受付終了となります)
・お届け時期  2021年4月上旬~4月中旬
・配送エリア  全国(但し、沖縄県・離島を除く)
・掲載サイト(URL)
◆ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/07201/8957?city-product_original
◆ANAふるさと納税
https://furusato.ana.co.jp/07201/products/detail.php?product_code=1140
◆ふるなび
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=295633
◆47CLUB
https://www.47club-furusato.jp/goods/detail/9a630a6d71dffcb7adcb179cc5efd938

◆福島市民がこよなく愛する桃源郷『花見山』ご紹介(3月27日開園) 
https://www.hanamiyama.jp/(福島市の花回廊紹介公式ページ)
https://www.f-kankou.jp/pickup/7383(花見山特集VOL.1/福島市観光公式ページ)
https://www.f-kankou.jp/pickup/7472(花見山返礼品紹介特集/福島市観光公式ページ)

脳トレNavi

関連記事

  1. “お一人さまシニア”もオールブランで目指せ、健康腸寿!「シニア食堂」とコラボレーションし、アクティブシニア向け腸活コミュニティープログラムをスタート

  2. 【母親への親孝行に関する調査】母親が他界した方の67%が「親に心残りがある」。「母親にやっておけばよかったこと」では “もっと親とのコミュニケーションを”が圧倒的

    「昔の自分にアドバイスするとしたら?」の質問には「母親との会話、気持ちを伝えること、一緒の時間を過ごすことにもっと時間を使っておけばよかった」と考える回答が多く寄せられる

  3.  オーダーメイドのオリジナルウェディングブランド「CRAZY WEDDING」は、思い出が溢れた“おうち”で、大切な家族と思い出を共有し合うニューノーマルなお祝いの形「おうち婚」を2020年2月1日(月)から2020年8月31日(火)までの期間、下記のとおりプロデュースいたします。

  4. #コロナ疲れ #コロナ老け を即効ヘッドマッサージで解消! 書籍『10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし』発売

  5. 新しい葬儀参列のスタイルを提案。スマホやパソコンで参列する葬儀 ネット上で故人を偲ぶ・Webクレジットで香典

  6. 新型コロナウイルス感染症拡大によるストレス対策のため、無料でお寺のお坊さんにオンライン相談できるサービス、お寺で「相談の窓口」を開始いたします

  7. 2020年夏、“家の中”での熱中症が増加中!“巣ごもり熱中症”対策のキーワードは「汗をかく習慣」「水分+電解質補給」「深部体温」 本格的な暑さの中、外出を控える高齢者、夏休みに家で過ごす子供は特に注意

  8. 医療用マスク100万枚を全国の医療機関と自治体に寄付致します。「みんなで一緒に医療従事者に感謝しよう!プロジェクト」発足のお知らせ 看護週間に医療用マスク100万枚を医療機関と自治体に寄付

  9. 地域密着型である日本初「訪問型買い物代行サービス」を展開するコンプラス株式会社は茨城県日立市のテスト運用期間を経て本格始動を開始します。

  10. <定年退職を控える50代/定年退職をした60代以上のシニアに聞いた「定年後の働き方」に関する意識調査>定年退職間近のサラリーマン、7割以上が「定年後も働きたい」と回答

  11. オリィ研究所、距離を超えて会いたい人に会える分身ロボット「OriHime」の個人向け版のレンタルキャンペーンを4月20日(月)から開始 遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」の個人向け仕様となる、OriHime-Lite版のキャンペーンを開始

  12. 免疫力をアップして新型コロナ時代を生き抜く!元オリンピック強化コーチが大公開!プロアスリート&アーティストの体を変えた呼吸術