「第2の人生を楽しみたいアクティブかつ安心・安全な暮らしを求めるシニア層のニーズ」を強調!「アクティブシニア向け分譲マンション」

 「アクティブシニア向け分譲マンション」は商業・医療・公共機能も一体整備される市街地再開発事業との親和性が高く、当社は市街地再開発事業における参画を中心として全国に展開しております。全国的に災害に強い都市再生や、行政サービス効率の向上が重要な課題となり、コンパクトシティ化に向けた動きが進む中、各都市中心部の利便性の高い立地で、多くの都市機能が集約された市街地再開発事業は、「第2の人生を楽しみたいアクティブかつ安心・安全な暮らしを求めるシニア層のニーズ」と「コンパクトシティ化を推進する行政ニーズ」の双方に合致する事業になっています。また、シニア層とファミリー層の多世代が共生する街として、シニア住宅・一般住宅さらには開発エリア内全体のコミュニティ形成を促進し、街と人とをつなぐ多世代循環型の街づくりへの貢献もめざします。

■ 「アクティブシニア向け分譲マンション」の開発について
 第1号プロジェクト『グランコスモ武蔵浦和』(埼玉県さいたま市、総戸数160戸、2016年分譲済)は、首都圏初の「一般ファミリー向け」と「アクティブシニア向け」分譲マンション一体開発事業(『武蔵浦和SKY&GARDEN』、総戸数776戸)として開発され、当社はアクティブシニア棟の開発・販売を行いました。また、子会社「株式会社コスモスライフサポート」(以下、「コスモスライフサポート」)を設立し、入居者サービスの提供と建物管理を行っています。
 現在、地方中核都市を中心に市街地再開発事業内の「シニア住宅部分」の開発・販売を行う組合員として参加することなどにより、下表のプロジェクトを推進しています。

■ 「アクティブシニア向け分譲マンション」について
 人生100年時代と言われる中、「アクティブシニア」と呼ばれる60歳代~70歳代の元気なシニアの方々は、これからの第2の人生を楽しもうという意欲が高く何事にも積極的に活動されています。一方で、高齢者の住まいにおいては「サービス付き高齢者向け住宅」や「有料老人ホーム」といった介護面のニーズに応える施設の供給は多くありますが、健康でありながらも将来の不安を抱え始めたシニアの方々にとって、その不安を安心に変える暮らしの選択肢は決して多くありません。そのため、シニアの方々のニーズを満たす「安心」と「アクティブ」な暮らしを提案する「アクティブシニア向け分譲マンション」への関心が高まっています。

<当社アクティブシニア向け分譲マンションの特長>
①「賃借権」や「利用権」ではなく、資産形成が可能な「分譲型マンション」
②入居者による管理組合運営負担を軽減させるコスモスライフサポートによる管理者管理の導入
③「大浴場」「ラウンジ」「アトリエ」など、ゆとりと楽しみが生まれる共用施設
④コミュニケーションを育む「旅行企画」「サークル活動支援」などの各種コミュニティサポート
⑤「24時間見守りサービス」「緊急コールボタン」など日々の安心を支える生活サポート
⑥多世代交流、親子近居、親子居住など新しい暮らし方の提案

■ 分譲済み『グランコスモ武蔵浦和』について
 『グランコスモ武蔵浦和』は、「アクティブシニア向け分譲マンション」として、総戸数160戸、1LDK・2LDK(44.00 ㎡~73.54 ㎡)の住まいを分譲しました。シニア世代の方々にとっては、暮らしにかかわるさまざまなサービスが特に重要な要素となるため、日常生活全般にかかわるご要望にお応えすることはもちろん、ご入居者さま同士のコミュニケーションや地域・社会とつながる活動をサポートしています。

▼コスモスイニシアのCSVについて(HP:https://www.cigr.co.jp/csv/
 当社は、『「Next GOOD」お客さまへ。社会へ。一歩先の発想で、一歩先の価値を。』をミッションとして掲げ、お客さまとその先にある社会に“一歩先の価値”を創造するため、CSVテーマとして安心、快適、持続、独創、環境、公正・公平の6つのNextを定めています。本商品・サービスの提供を通じて以下のNextの実現を推進し、社会課題の解決をめざします。

脳トレは↑↑click!

関連記事

  1. シニアこそオンラインサービスの習得を 日本初の人生100年時代の会員制地域交流サロンならではのウイズコロナ対策

  2. 医療用マスク100万枚を全国の医療機関と自治体に寄付致します。「みんなで一緒に医療従事者に感謝しよう!プロジェクト」発足のお知らせ 看護週間に医療用マスク100万枚を医療機関と自治体に寄付

  3. 「おひとりさま信託」エンディングノートのデジタル化について 万が一の身の回りのこと(死後事務)のご希望を管理し実行するエンディングノートのデジタル化を実現

  4. 「老後の不安に関する意識調査」約9割が「老後の不安を感じる」と回答、過去8年で最も高い割合に老後の不安の理由は「病気・ケガ」「経済的な負担」「介護」 女性では20~60代以上の全世代で9割以上が老後の不安を抱える結果に老後の備えや対策は微増しているものの、いまだ半数以上が未対策と回答

  5. 【みんな終活してる?】終活の認知度は9割以上。しかし実際に行動している人はたった2割?!終活をしないとどうなる‥‥?

    終活に関する情報を発信するメディア「終活瓦版」は、「終活に関する意識調査」でアンケート調査を実施しました。

  6. マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークは、全国60~79歳男女に「新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について」に関する調査を実施し、その結果を7月6日に公開しました。 ※調査日は2020年5月8日(金)~2020年5月12日(火)です。

  7. 自分史作成の『親の雑誌』1月8日よりサービス再開。オンライン完全対応により、コロナ禍で帰省できない家族をつなぐ。 「コロナ禍で会えなくなった今だからこそ自分史を贈りたい」との声が集まり、再開を決定。

  8. アレンジ自在!2日分の食材をまとめて届ける「フリーセット」買い物に行く手間を省いて、おいしくつくるおうちごはん ~食の多様化で自由な食スタイルが人気~

     つくる人から笑顔に。をテーマに全国で“食材(ミールキット)宅配サービス”を提供するヨシケイは、全国で毎週40万部発行するメニューブック『すまいるごはん』で、2~3人用 2日分の食材をまとめて届ける「フリーセット」を毎週2回販売しています。

  9. 2020年1月21日(火)創業70年、ランドセルの池田屋が横浜みなとみらいにランドセル専門店をオープン。 子ども思いのランドセルでおなじみの「池田屋」が横浜みなとみらいエリアに待望の初出店。

  10. 【即位礼正殿の儀】天皇陛下御即位礼記念貨幣(純金コイン・純銀コイン)令和元年12月10日(火)より全国有名百貨店などで販売へ

  11. 2020年、認知症高齢者が保有する資産は“約250兆円” 高齢化の進展に伴い、2040年には“約345兆円”に

  12. 認知症・障害の方の道迷いの際などの早期発見支援サービスに新展開介護事業の「やさしい手」が「おかえりQR」を販売開始 ~やさしい手の運営する高齢者向け住宅や介護サービスのご利用者約4万人向けのほか、やさしい手オンラインショップにて広く一般の方にも販売~