「今年のお盆は帰省できなくても、見守りたい人がいる」業界初!!オンライン見守り+家事手伝いをセットで提供”オンライン見守り帰省“を提案

株式会社まもるーの(東京都千代田区)は実家に帰省する人が本来であれば増えるお盆に向けて、山形県で高齢者の方に向けた生活支援サービスを展開する岡崎医療株式会社と連携し、新しい帰省のカタチとして“オンライン見守り帰省”を提案します。まもるーのが展開する「クラウド型睡眠見守りシステム『まもる~のHOME』」と、岡崎医療が展開する家事代行サービスを中心にした「生活支援サービス〈Olaオーラ〉」を組み合わせた帰省せず安全に見守りを行い、家事代行のサポートもできる新たな見守りサービス「オーラでまもる~の」を2020年8月12日より展開いたします。

コロナウイルスで外出自粛が続くいま、実家に帰省することは感染リスクの拡大につながるということが問題となっています。そんな中、新型コロナウイルス感染拡大により県境をまたぐ移動自粛で、県内に住む家族に会いに行けない子世代の方の手助けになればと考え、家事代行などの代行サービスや外出同行などの同行サービスに加え、さらに安心に繋がる「クラウド型睡眠見守りシステム『まもる~のHOME』」を取り入れたサービスをパックにし、人とシステムによる見守りでご家族をお守りするサービスを始めることとなりました。

本サービスは、東京からの往復交通代と同様な金額で提供され、山形市、上山市、山辺町、天童市を対象にサポートしてまいります。

■「オーラでまもる~の」について
システムによる見守り<まもる~のHOME> × 人による見守り<オーラ>
•サービス開始日:2020年8月12日(水)~
•利用金額:月額21,000円(税込み)
•サービス対象のお客様:対象エリアにお住まいの高齢の方 
•サービス対象エリア:山形県 山形市・上山市・山辺町・天童市
•ご利用の流れ
STEP1:お電話またはメールにてご相談ください。
STEP2:スタッフがお客様のご自宅をご訪問しサービス内容をご説明いたします。
    遠方のご家族様にも随時電話等で内容をご説明いたします。
•お問合せ・お申し込み:岡崎医療株式会社 生活支援サービス事業部
フリーダイヤル 0120-305-538 (平日8:30~17:30) 
メール     jsato@okazaki-iryo.jp

〈サービス詳細〉
◎まもる~のHOMEによる見守り
•睡眠・離床や室温等の部屋の環境をセンサーで計測し、離れた場所にいるご家族  にお知らせします。異常があれば、ご家族に24時間メールで通知します。
•オーラでまもる~の+プラス24
ALSOK24時間かけつけサービスをご希望の場合は、ご利用者様とALSOKとの別途個別契約によりご
利用が可能です。

◎オーラによる見守り〈 週に1回、1回1時間 〉
•家事代行(お掃除、お料理、片付け)
•買い物代行
•外出同行(買い物、通院など)
•安否確認、見守り
•Ola営業時間内の駆けつけサービス
•プレミアムサポート:無料お薬相談、栄養相談
(岡崎医療調剤薬局の薬剤師・管理栄養士へ電話で相談可能)
※1回のサービスが1時間ではなかった場合、総時間は月のトータルで調整します。

■クラウド型睡眠見守りシステム『まもる~のHOME』について
「まもる~のHOME」は、“睡眠状況の把握”をキーワードとした新しい在宅介護向けのクラウド型見守りシステムです。ベッドのマットレス下に設置したセンサーにより、離れて暮らすご家族や、普段ご利用の介護施設・障害者施設・医療機関スタッフでも、利用者様の睡眠・離床、部屋の環境をリアルタイムに知ることができます。

まもる〜のセンサーでは、利用者様の離床/在床や脈拍・呼吸の状態だけでなく、お部屋の温度・湿度・照度、睡眠状態を把握することができ、生活傾向がひと目でわかります。また、これらの状態変化をあらかじめ設定した値に基づき、アラートメールで通知することで、利用者やご家族に安心を提供します。

また見守りだけでなく、ALSOKホームセキュリティとも連携しており、利用者様の異変に気付いた際、ご家族や介護施設スタッフからのご依頼があれば、全国でのかけつけサービスも展開しています。

【製造:株式会社まもる~の https://mamoruno.miel.care/
【販売:岡崎医療株式会社】

■株式会社まもる~のについて
株式会社まもるーのは、ITを用いて介護・医療の分野で様々なソリューションを提供しています。2015年から販売を開始した介護施設向けの睡眠見守りシステム<まもる~の>は、介護現場の労働環境や業務効率の改善、利用者の体調管理などにおいて効果を発揮し、多くの介護施設でご使用いただいております。介護・医療分野では働き手の不足や高齢者のQOL向上など多くの課題が山積しておりますが、それらを解決する手段としてITは大きな可能性を秘めています。弊社は、介護・医療にかかわる全ての人々を豊かにすることをミッションとして、ITを通して介護・医療分野の発展に貢献できるように取り組んで参ります。

社名: 株式会社まもるーの
代表者: 代表取締役 桑原弘明
本社所在地: 〒731-0103 広島市安佐南区緑井4丁目22-25
URL: https://mamoruno.miel.care/

■岡崎医療株式会社について
​岡崎医療株式会社は、今年で60周年。山形県内全域の医療機関(病院、診療所)、福祉介護施設に医療機器、医療材料、福祉機器を販売しております。商品を納めるだけではなく、その後のアフターフォローそして修理対応など、常に医療関係従事者及び福祉関係従事者の皆様のあらゆる相談ごとに耳を傾け、その解決を提案する顔の見える営業を心掛けております。また、調剤薬局を山形市内に6店舗展開しており地域医療に密着した運営をおこなっております。そこで、さらに地域の人々の暮らしのお困りごとを解決するため2018年2月より新たな事業、生活支援サービス〈オーラ〉を始動いたしました。

当社の経営理念でもある『より豊かな生活のため、生活のお困りごとを解決するお手伝いをいたします。』を基に、地域を元気にすることが私共の目標です。そして、社会に役立つ企業としてこれからも貢献して参ります。

本社:岡崎医療株式会社
代表取締役:代表取締役社長 齋藤 嘉廣
住所:〒990-0025 山形市あこや町3-4-3
TEL:023-665-4030 FAX:023-665-4110
URL:http://www.okazaki-iryo.jp/

その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ソラシドスペシャル!11日間の限定販売 九州・沖縄路線が4,000円~! 9/25(金)12:30から販売開始! 2020年11月~2021年1月搭乗分

  2. 故人にも、個性を。生前の趣味や好きなものをカタチにした“その人らしい”お線香「あの日のおもかげ線香」プロダクトローンチ クリエイティブカンパニーWunderman Thompson Tokyo と共同開発

  3. <お月見の新しいカタチ>オープントップバスでお月見バスツアー!(GoToトラベル) <全日程催行決定!>お月見団子を頬張りながら『東京タワー』と『東京スカイツリー』の2大シンボルと『レインボーブリッジ』を駆け抜ける!秋の夜長を五感で感じる90分のオープントップバス爽快ツアー!

  4. 【ミドル・シニア 8,000人調査】 55〜64歳正社員の約6割が「定年後も働きたい」と回答 すでに定年している60〜79歳の‟当時の就業意向“と比較すると+6.1pt

  5. 介護情報誌『あいらいふ』10・11月号、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位は誤嚥性肺炎!「老人ホームの口腔ケアの理想」/東京病院協会の常任理事が語る「介護者のためのコロナ対策」 ~表紙は、元WBAミドル級チャンピオン・竹原慎二さん~

  6. シニアも簡単“おうちエクササイズ”・パーソナルパワープレートとBRAIN BONES BALANCEプログラムセット商品を9月18日より発売スタート! すべてのシニアに健やかな未来を

  7. お客様への『あい』を込めた旅の実現をサポート A♥あい倶楽部 受付開始! ~ 思いやりときずなで!今 ツーリズムにできることを ~

  8. 医療・福祉にまつわる職種を図鑑スタイルで毎週紹介する新企画がスタート! グループで活躍する幅広い職種を紹介

  9. 「ワタミの宅食」新商品「まごころダブル」販売開始 幅広い世代の食事をサポート

  10. 大阪大学と共同開発した「高齢者向け・Well-being診断システム」をリリース。~幸福感も含めた、総合的な心身の健康に着目

  1. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  2. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  3. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  4. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子