「墓じまい」という言葉を知っている人は約9割、「墓じまい」をして満足した人も約9割|

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームライフスタイル(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:間瀬文雄)は、ライフエンディングの総合サイト「ライフドット(Life.)」において「墓じまい」に関する調査を実施しました。

■調査結果サマリー

・「墓じまい」という言葉を知っている人は約9割
・「墓じまい」を検討したことがある人は約5割
・ 実際に「墓じまい」をしたことがある人は約1割
・ 50万円までの費用で「墓じまい」をしたことがある人は約3割
・「墓じまい」をして満足している人は約9割


【調査概要:墓じまいに関する意識調査】調査方法:インターネット調査 
調査対象:家族のお墓があり、お墓の管理を考える立場にある20代~70代の男女
調査期間:2019年12月19日~12月23日 
調査エリア:全国 サンプル総数:764

-「墓じまい」とは?-
「墓じまい」とは、今あるお墓を解体・撤去し、別の形で供養することを言います。別の形というのは、納骨堂・永代供養墓・散骨などの「石のお墓を建てて収蔵する」形式以外のことを指します

年末・年始を実家で過ごし、ご先祖様のお墓について話し合った方も多いのではないでしょうか。
今回ライフドットでは、「墓じまい」についてインターネット調査を実施しました。

  • 墓じまいという言葉を知っている人は約9割

今回アンケートの対象となった764名のなかで、90.2%の689名の人が「墓じまい」という言葉を聞いたことがあると回答しました。昨今、ニュースでもたびたび取り上げられていることもあり、言葉が広く知られていることがわかります。

それでは、「墓じまい」という言葉を知っている人のなかで、実際に「墓じまい」を検討したことがある人はどの程度いるのでしょうか。

  • 墓じまいを検討したことがある人は約5

​「墓じまい」という言葉を知っている人の約5割が、実際に「墓じまい」をするかどうかを検討したと回答しました。(迷っている人も含む)お墓を管理する立場にある人の2人に1人が検討をしたと考えると、多いことがわかります。

  • 墓じまいを検討した理由は、お墓を継ぐ人がいないから

「墓じまい」を検討する理由として、お墓を継ぐ人がいないから(53.9%)という回答が一番多く、次いで、お墓と自宅の距離が離れているから(45.5%)という物理的な問題で「墓じまい」を検討している人が多いようです。
しかし、その次に多い理由は、「お墓の管理が面倒だから(41.4%)」「子どもに迷惑をかけたくないから(36.9%)」という管理の手間に関する回答が続きました。お墓の管理=面倒だと考えている人が増えている、ということですね。

それでは、実際に「墓じまい」をしたことがある人はどのくらいいるのでしょうか。

  • 実際に「墓じまい」をしたことがある人は約1割

検討して実際に「墓じまい」をしたことがある人は約1割という結果になりました。考えたことがある人が約5割と考えると、意外と少ない結果ですね。

それでは、「墓じまい」にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか。

  • 50万円までの費用で「墓じまい」をしたことがある人は約3

「墓じまい」をしたことがある人に、「墓じまいとその後の供養」でかかった費用を聞いたところ、26.3%が50万円までの費用で、次いで、100万円までの方が17.1%、150万円までの方が18.4%、200万円までの方が10.5%という結果になりました。

  • 墓じまいをして満足している人は9

「墓じまい」をしたことがある人のなかで、「墓じまい」をして満足している人は86.8%とかなり多い結果になりました。

満足している人の理由には、「お墓参りが出来なくて感じていた罪悪感がなくなった」「未来への心配がなくなった」「気持ちが楽になった」といった明るい理由が多数見られました。
お墓の管理について悩まれているからこそ、その悩みの種を解消できたことで満足されているのでしょう。

■お墓・霊園探しの検索サイト「ライフドット」

今回の調査では、墓じまいをして満足している人が多いということがわかりました。そして、墓じまいをした後には、「納骨堂」や「樹木葬」など、別の形で供養している人が多いです。手を合わせるお墓との物理的な距離が、管理の悩みの種であったということですね。
お墓・霊園探しの検索サイト「ライフドット」では、
お墓探しの情報や葬儀、仏壇・仏具について、相続、
生前準備に関してなどさまざまな「終活」の情報を紹介しています。また、いろいろな探し方で希望に沿ったお墓・霊園も探すことができるので、この機会にぜひお墓の管理について考えてみてはいかがでしょうか。

ライフドットURL:https://www.lifedot.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/lifedot.ateam/
Twitter:https://twitter.com/lifedot_ending

■会社概要
会社名 :株式会社エイチーム(Ateam Inc.)
所在地 :愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
代表者 :代表取締役社長 林高生
設 立 :2000年2月29日
資本金 :836百万円(2019年10月末時点)
事業内容:人生のイベントや日常生活に密着した様々なウェブサービスを提供する「ライフスタイルサポート事業」、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供する「エンターテインメント事業」、自転車専門通販サイトを運営する「EC事業」の3つの軸で事業を展開する総合IT企業
URL:https://www.a-tm.co.jp/

関連記事

  1. 103歳の現役理容師は、日本を元気にするスーパーおばあちゃん! 箱石シツイさんの健康長寿のヒケツ、教えます!

  2. 親のことが心配になったら 防災を考える

  3. 主要ネット証券初、「相続税シミュレータ(簡易版)」の提供を開始 ~簡単な入力で相続税に関するお客様の不安を解消~

  4. 87歳の料理研究家が話題の自動調理鍋を使ったら、ほっとくだけの安心感にびっくり! 健康が気になる「中高年&シニア」のためのホットクックレシピ登場 2020年10月29日(木)発売『ホットクックのからだが喜ぶレシピ』

  5. 株式会社マイナビミドルシニアは新型コロナウィルスの影響で就労の機会を失ってしまった方へ新たな就労機会を創出するためより多くの企業が求人を掲載できるよう40代・50代・60代 向けの求人サイト「マイナビミドルシニア」において求人掲載枠を無償で提供開始いたしました。

  6. 【倭物やカヤ】和柄マスク発売!夏てぬぐいマスクでお洒落を楽しもう。 《オンラインショップ限定》予約発売!鮮やかな色合いの和柄手拭の生地を用いた「日本製マスク」

  7. リンクコーデが注目集めるbonpon夫婦とSunny cloudsがコラボアイテムを発表。第6作目となるシリーズ新作は、秋晴れの空色のような「コートにもなるワンピース」と「ジャケットにもなるシャツ」 Instagramが国内外で大人気、フォロワー83万人のbonpon夫妻とのコラボシリーズ作

  8. 親のことが心配になったら 玄関前のアプローチに工事不要で設置できる歩行サポート手すり「スムーディ」を発売

  9. スマートフォン向け助けあいアプリ「May ii(メイアイ)」の利用エリアを日本全国に拡大 「移動に困って助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をつなぎ、心のバリアフリーを実現

  10. はちみつの王様「マヌカハニー」。 一般的なはちみつの約30倍、LPSの約2倍の免疫細胞活性効果が判明! 神戸学院大学大学院 薬学研究科とピアスグループ中央研究所との共同研究により実証

  11. 親のことが心配になったら  家族が揃う時に出来ること!

  12. 株式会社あすきは、2008年10月よりサイト運営する「老人ホームの窓口」をフルリニューアルしたことをお知らせします。サイトのSSL化、レスポンシブ化に対応し、エリア検索を充実させてユーザーが老人ホーム検索をしやすくなるよう一新しています。