「認知症」の最新医学がよくわかる!患者本人と家族の生活・治療・介護がラクになる情報が満載。

●認知症の患者と家族のために、正しい情報と、適切なケアの方法を紹介。
●「認知症の人とよいコミュニケーションをとるための12カ条」で患者の気持ちが理解できるようになり、支える家族の介護も楽になります。
●認知症の診療経験が豊富で、患者を抱える全国の家族からの信頼も厚い、川崎幸クリニック院長の杉山孝博氏の監修。

 株式会社主婦の友社は、2019年11月29日に『認知症 アルツハイマー病 血管性認知症』(監修 杉山孝博)https://www.amazon.co.jp/dp/4074393808 を発売いたしました。認知症の患者本人と家族の生活・治療・介護に役立つ情報が満載。認知症を正しく理解し、さまざまな症状に適切に対応するための必読書です。

  • 認知症の患者本人と家族をサポートする必読書

 認知症にはアルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など種類がありますが、ひどい物忘れ、徘徊、失禁、金銭への異常な執着、人格変化、暴力など、理解に苦しむ症状や問題行動などのトラブルも多く、患者本人はもちろん、家族も困って疲弊してしまいがちです。本書はそうした患者と家族のために作られました。

  • 認知症の患者を支える家族の介護を楽にする「12カ条」 

さまざまなトラブルは、介護する人が「認知症の人とよいコミュニケーションをとるための12カ条」にもとづき、適切に対応することで、乗り切っていくことができます。
たとえば
「第1条●記憶になければ、本人には事実でないと知りましょう」
「第5条●症状がひどく出るのは、信頼の証です」
「第6条●ウソも方便と割り切りましょう」
「第7条●ほめ上手は、介護上手に通じます」
「第12条●福祉サービス利用で、余裕を持ちましょう」
などです。

認知症の患者とのよいコミュニケーションのとり方を紹介します。

認知症の患者とのよいコミュニケーションのとり方を紹介します。

  • 患者と家族の生活・治療・介護に役立つ具体的な情報を満載

 また、患者本人と家族の生活をサポートするための具体的な情報をわかりやすく掲載しているのが、この本の特徴です。自宅ケアのための食事・入浴・トイレなどの工夫から、介護する家族自身の心のケア、医師との連携のコツ、介護保険や介護施設の活用法などまで、ていねいに紹介。

 さらに認知症の人の終末期ケアについても「在宅か、施設か」「施設をどう選ぶか」「胃ろうをつくるかどうか」などにいたるまで、くわしく解説しています。

自宅ケアの工夫、医師との連携のコツ、施設や制度の活用法、終末期ケアまで解説します。

自宅ケアの工夫、医師との連携のコツ、施設や制度の活用法、終末期ケアまで解説します。

 認知症の診療経験が豊富で、認知症の人を抱える全国の家族からの信頼も厚い、川崎幸クリニック院長の杉山孝博氏の監修です。

  • 【コンテンツ紹介】

第1章 いまや誰でもなりうる病気、認知症について知っておきたいこと
第2章 認知症について理解をすると、介護は楽になります
第3章 自宅での介護の知恵・工夫とアドバイス
第4章 介護を支える医療や施設を活用する
第5章 若年性認知症の現在と、福祉制度の活用

 

  • 【監修者プロフィール】

杉山孝博(すぎやま たかひろ)
川崎幸クリニック院長。1973年、東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院で内科研修後、地域医療に取り組むために川崎幸病院(神奈川県川崎市)に勤務。1981年、「呆け老人をかかえる家族の会(現・認知症の人と家族の会)・神奈川県支部」の発足当初から会の活動に参加。現在、(社)認知症の人と家族の会副代表理事、神奈川県支部代表。往診、訪問介護を中心とした在宅ケアに取り組み「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」「上手な介護の12カ条」を考案し普及。『こころのクスリBOOKS よくわかる認知症ケア』『親の認知症に気づいたら読む本』『認知症・アルツハイマー病 介護・ケアに役立つ実例集』(以上、主婦の友社)ほか多くの著書・監修書がある。

カバーイラスト/ワタナベモトム   
本文イラスト/山田円

  • 【書誌情報】
https://www.amazon.co.jp/dp/4074393808
『認知症 アルツハイマー病 血管性認知症』
監修/杉山孝博
A5判/160ページ
本体1500円+税
2019年11月29日発売    お買い求めは↓↓   
認知症 アルツハイマー病 血管性認知症 レビー小体型認知症 前頭側頭型認知症 (よくわかる最新医学)

 

関連記事

  1. スープ作家・有賀薫(ありが・かおる)の最新刊『朝10分でできる スープ弁当』を2019年10月24日に発売いたしました。発売後、好調な売れ行きを維持しており、このたび9回目の重版が決定し、累計10万部突破となりました。

  2. 「片づけのコツ」さえ知っていれば、片づけが苦手な人でも簡単に!ラクに!実践できる!『片づけの基本』発売。

  3. 旅の裏技やきっぷの豆知識が盛りだくさん! 60歳以上のシニア世代に向けた、人気の「青春18きっぷ」のハウツー本

  4. 手順はレンジで1度チンするだけ!手軽で美味しく、バリエーションも豊富!著者累計750万部の料理研究家のレシピ本発売!

  5. 累計140万部!育児シリーズ『0歳からの教育』の最新章が3/24発売のニューズウィーク日本版に掲載!今回は赤ちゃんと祖父母の関係にフォーカス。孫育ては認知症予防にもなる研究結果も。

  6. 『鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』(集英社刊)、医師が実践する「人生を楽しむための筋活」で累計13万部突破! 3/27(金)には鎌田實氏と小林よしひさ氏が出演するトーク&エクササイズイベントの開催が決定!

  7. <大重版決定!!> #おうち時間 の救世主。『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』累計5万部に おうち時間が長くなる中、志麻さんのレシピに感動の声続々!!

  8. 103歳の現役理容師は、日本を元気にするスーパーおばあちゃん! 箱石シツイさんの健康長寿のヒケツ、教えます!

  9. 親ががんになったら、子どもはどうするのが一番いい? がんになった人の気持ちがわかる書籍発売

  10. 「人の名前が出てこない」と思ったら・・・認知症権威・白澤卓二医師が教える脳活メソッド 最新刊 「脳が10歳若返る!1分脳活」発売

  11. ベストセラー「生涯健康脳」の著者が語るオーディオブック「おとなの脳も成長する」が本日公開

  12. 一周忌追悼・赤木春恵さん 知られざる母と娘の介護1500日 2019年11月22日(金)『大丈夫、なるようになるから。』刊行