【介護の落とし穴!】介護をする際に準備不足だったと後悔したこと第3位は「介護費用を貯めていなかった」第2位は「バリアフリーに取り組んでいなかった」第1位は●●!あなたは親の足爪を見たことがありますか? 足元からの健康づくり

在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、親御様の介護経験がある30代~50代の男女を対象に「介護に関するアンケート」を実施し、介護に関する意識や、身につけておくべき知識について調査しました。親が要介護状態に…。
いつかくるであろう「Xデー」に備えて、介護に関する知識はしっかりと身につけておくことが大切です。

介護業界が深刻な人手不足で問題となっている今、あなたの大切な人を介護難民にしないためにも、介護に関するご自身の意識を一度見直してみてはいかがでしょうか。

そこで今回、在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、親御様の介護経験がある30代~50代の男女を対象に、「介護に関するアンケート」を実施しました。介護に関する意識や、身につけておくべき知識など、ぜひご参考にしてください。

調査概要 : 『介護に関するアンケート』
【調査日】  2019年3月5日(火)~ 2019年3月6日(水)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,001人
【調査対象】 親御様の介護経験がある30代~50代の男女
【モニター提供先】ゼネラルリサーチ

  • 9割近くの方が「介護は自宅で行った」と回答

親御様の介護経験のある方に、「介護を始めた時のご自身の年齢を教えてください」という質問をしたところ、『45歳~54歳(42.0%)』が最も多く、次いで『35歳~44歳(29.6%)』『25歳~34歳(16.7%)』と続きました。

次に、「介護はどこで行いましたか?」と質問したところ、9割近くの方が『自宅』と回答しました。もちろん金銭的な理由もありますが、多くの方が「親の介護はなるべく近くで」と考えているようですね。
本人が介護施設を嫌がるので…というパターンも多いそうです。

  • 介護をする際に準備不足で後悔したこと第1位は「知識不足」!介護中に親御様と円滑なコミュニケーションが取れていた方の割合は…?

「親の介護に対する心構えはしていましたか?」と聞いてみると、6割近くの方が『していなかった』と回答しました。

次に、「介護をする際に準備不足だったと後悔したことはなんですか?」と質問したところ、6割以上の方が『知識不足だった(64.4%)』と回答し、次いで『バリアフリーに取り組んでいなかった(14.2%)』『介護費用を貯めていなかった(13.0%)』と続きました。
心構えをしっかりしておかないと、介護の準備にも身が入りません。
親御様のためにも、将来のご自身のためにも、いつでも対応できるように心掛けておくことが、寝たきりや重症化の予防につながるはずです。

また、「介護中は親御様と円滑なコミュニケーションを取れていましたか?」と質問したところ、『時々強く当たってしまった(55.0%)』という回答が半数近くを占めるという結果になりました。

しかし、高齢者の中には「言えないけど実はなにかしらのトラブルを抱えている…」という方はとても多いのです。特に、高齢者の場合はご家族が気が付いて対策をしてあげることが重要です。
「気が付いた時には重篤な状態になっていた…」といったことのないように、普段から円滑なコミュニケーションを大切にしましょう。

  • 半数以上の方が介護中に親御様の足爪をチェックしていなかったことが判明。足爪に注目が集まらない理由とは?

「介護中に親御様の足爪はチェックしていましたか?」と質問したところ、半数以上の方が『いいえ』と回答しました。

身体のパーツの中でも、足爪の注目度はかなり低いですよね。

高齢になると握力が弱くなり、体も固くなるため、ご自身で足爪を切ることが難しくなってしまいます。そのため、足に関するトラブルが起きやすくなりますが、本人は「汚くなった足が恥ずかしい」といった理由で、ご家族や他人に相談することができないことが多いのです。
その結果、気が付いた時には歩けないほどの重篤な状態になっていることもあるので注意が必要です。
介護施設等でも、足のトラブルを抱えたまま解消されず、それをきっかけに寝たきりになってしまう方が多くいるのが現状です。

続いて、「足爪のトラブルについて、知っているものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『巻き爪(84.4%)』『爪水虫(43.7%)』が半数を超えたものの、その他の『陥入爪(6.4%)』『爪甲周囲炎(3.4%)』は10%未満ととても低い結果になりました。
足爪に注目が集まらないのは、そもそも足爪のトラブルが寝たきりの原因になることをご存知でない方が多いことが原因であると考えられます。

最も票を集めた「巻き爪」も、寝たきりになってしまう可能性が高いことまでご存知の方は少ないでしょう。
高齢になるほど歩行する機会が少なくなり、それに伴い地面から爪が受ける圧力(爪を広げる力)が減ってしまいます。指に力が入らない状態が長く続いてしまうと巻き爪につながり、さらに歩行が難しくなります。
その結果筋力が落ちて、寝たきりになってしまうのです。
しかし、このような事実が世間に浸透していないため、放置してしまう方が多いのです。

■巻き爪ケア・原因と予防法 : https://dr-nail.jp/treatment/makidume

今後後悔しないためにも、将来のご自身のためにも、足爪の病気についてよく知っておきましょう。

  • 足元から健康をつくる 「ドクターネイル爪革命」

足元にトラブルを抱えている方には、在宅医療マッサージ株式会社が運営する足と足爪専門サロン「ドクターネイル爪革命」がおすすめです。ヨーロッパの高度な知識と日本の繊細な技術が集約されており、安心して施術を受けることができます。
ドクターネイル爪革命は、『変形した爪』『タコ』『ウオノメ』などにより痛みやコンプレックスがあるものの、「どうしたらいいのかわからない」という高齢者の悩みを解消します。
痛みのないトータルフットケアの効果は、各分野から幅広く注目を集めており、ご自宅や施設でもサロン同様のサービスを受けていただける訪問出張も可能です。
足元からの健康づくりにお悩みの方は、お気軽にドクターネイル爪革命にご相談ください。

■ドクターネイル爪革命:https://dr-nail.jp/
■TEL:044-201-2918
■お悩み相談窓口:https://dr-nail.jp/orders/onayami/
■店舗一覧:https://dr-nail.jp/salon-all/
■FC加盟募集:https://dr-nail.jp/fc/

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ​高齢者住宅・介護サービスのデータベースとコンサルティングを提供する株式会社タムラプランニングアンドオペレーティングでは、この度「自治体別 高齢者住宅・施設等の需給予測データ」 2021年度版を発行しました。

  2. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  3. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  4. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  5. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  6. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  7. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  8. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  9. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  10. 睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の計測データから、2021年8月に“質の高い睡眠をとっている都道府県ランキング”を発表しました。 いつまでも元気で過ごすために、認知症リスクに負けない質の高い睡眠をとるポイントを紹介します。

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子