【定年後に欲しい最低収入額は〇万円!?】〇割の方が定年後も働きたいと回答!働かなければならない根本的な問題とは!?

現代の日本は「人口の減少」「少子高齢化」という大きな問題を抱えています。
この問題からは様々な影響が考えられますが、労働力の主体である生産年齢人口(15歳~64歳)の減少は致命的ともいえます。
そこで政府は問題の解決策として働き方改革に着手し、「高齢者の就業促進」(出典元:第7回働き方改革実現会議 高齢者の就業促進について/厚生労働省)を積極的に進めてきました。

こうした背景を機に、ほとんどの企業が65歳での定年制を導入し、定年後の雇用継続や高齢者が安定して働ける仕組みづくり等、社会は著しく変化し続けている中で、これから定年を迎えるであろう現代の40代後半から50代の方はどのように感じているのでしょうか。

そこで今回、JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)は、40後半~50代で有職者の男女を対象に「プレシニア(40代後半~50代)の老後」に関する意識調査を実施しました。

【調査概要:「プレシニア(40代後半~50代)の老後」に関する意識調査】
■調査期間:2019年11月21日(木)~ 2019年11月22日(金)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1,105人
■調査対象:40後半~50代で有職者の男女
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

  • 6割以上は定年後も働き続けたい!働きたい理由と働きたくない理由を公開!

まず、「定年後も働き続けたいですか?」と質問したところ、6割以上の方が「はい」(63.9%)と回答されました。

上記で「はい」と回答された方に理由を質問したところ、「老後の生活に不安を感じているから」(76.1%)という回答が最も多く、次いで「働くことが好きだから」(9.5%)「何をしていいかわからないから」(6.9%)「定年の概念が無いから」(5.5%)と続きます。

また、「いいえ」と回答された方に理由を質問したところ、「趣味に力を入れたい」(42.4%)という回答が最も多く、次いで「仕事しかしてこなかったからゆっくりしたい」(37.3%)「家族サービスをしたい」(10.0%)「預貯金に余裕があるから働く必要が無い」(4.3%)と続きます。

上記の調査では、多くの方は老後の生活に不安を抱えており、以前金融庁が公表した「老後2,000万円問題」に関する余波も無視できないでしょう。

一方で、定年後に働き続けたくないという方の中では「預貯金に余裕があるから働く必要が無い」という方はごく少数となり、定年後にこれまでの収入を得ることができない方は、根本的に金銭的な問題を抱えていることがわかります。

  • 今のままでは老後資金がまかなえない!?将来欲しい最低月収額とは?

前項ではさまざまな定年後の生き方がみられましたが、何をするにも「お金」は重要になるでしょう。
そこで、「現在の預貯金で老後資金をまかなえますか?」と質問したところ、9割近くの方が「いいえ」(87.0%)と回答され、老後の収入に不安を抱えている方は大変多いことがうかがえます。

では、老後の月収はいくらあれば生活できるのでしょうか。
「定年後に得たい最低月収を教えてください」と質問したところ、「10万円以上20万円未満」(45.8%)という回答が最も多く、次いで「20万円以上30万円未満」(37.1%)「30万円以上40万円未満」(11.2%)「50万円以上 」(4.3%)「40万円以上50万円未満」(1.6%)と続きます。

意外にも多くの月収を望まれる方は少数となり、皆さん現実的な金額を選択される結果となりました。

  • 定年後に働く方は“経験を活かす”ことができ、“自分に合った仕事”をすることが重要。

冒頭でも述べた生産年齢人口の減少に伴い、定年の引き上げも検討される中、やはり生涯現役であり続けることが重要ではないでしょうか。しかし、働き続けることに対して不安に思っている方も少なくないようです。

そこで、「定年後に働くことについての不安を教えてください」と質問したところ、「体力や健康面が不安」(53.9%)という回答が最も多く、次いで「手に職や資格がない」(24.4%)「モチベーションの維持」(13.1.%)「最新の技術についていけるか不安」(7.3%)と続きます。

さまざまな不安が挙げられましたが、老後の生活を豊かなものにするためには、やはり経験を活かした仕事自分に合った働き方をすることでしょう。
そのような働き方を希望される方へ是非おススメしたいのが、建設業界に特化したエンジニアリング会社です。

建設業界といえば体力が必要というイメージですが、実は経験を活かした働き方をすることにより、体力や健康面に不安のある方も働くことができるのです。

  • 建設業界の転職はJAGフィールド株式会社にお任せを

老後の生活に対する漠然とした不安・・・。
定年後も働かなければ豊かな生活は送れない・・・。
せっかく働くのであれば、自分の希望を少しでも多く叶えてくれる会社に出会いたいですよね。
そんなお悩みを抱える方にオススメなのが、JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)です。

JAGフィールド株式会社は施工管理、施工図、BIM設計、CAD設計、ビル設備管理など建設業界に特化したエンジニアリング会社です。

「より良い人材、より良い職場のご提案」の姿勢を追求し、お客様のニーズ分析と求職者のヒアリングを徹底的に行い、満足度の高いマッチングを実現しております。

今回のアンケート調査で、定年後も働きたい方の理由として、「老後の生活に不安を感じているから」や、「働くことが好きだから」と回答されている方がいることから、「仕事への動機」は<生活><やりがい>であることが全世代共通であることが分かりました。
弊社ではそのような動機・目標を叶えられるような環境を提供しております。

若手からシニアまで幅広い年齢層が在籍しており、老後についても個々のビジョンに合わせて働ける会社のため、建設業界に従事している方でより良い条件のお仕事探しをしているという方は、ぜひ一度JAGフィールド株式会社までお問い合わせください。

■JAGフィールド株式会社 : https://www.jag-fld.com/

■TEL : 0120-314-881
■お問い合わせ : https://www.jag-fld.com/contact/

【運営サイト】
■建築求人.jp:https://www.kenchiku-kyujin.jp/
■CAD求人.com:https://www.cad-kyujin.com/
■BIM求人.com:https://bim-kyujin.com/
■ビル管理求人.com:https://bm-kyujin.com/
■プラント求人.com:https://www.plant-kyujin.com/
■エンジニア求人.com:https://www.engineer-kyujin.com/
■建築求人NAVI:https://kensetsukyujin-navi.com/
■九州求人.com:https://kyujin-kyushu.com/

関連記事

  1. 【調査リリース】シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」新型コロナウイルスの影響による夫婦関係の変化 「一緒にいる時間が増えたこと」は仲良し夫婦ではプラスに、不仲夫婦は溝が深まる要因に。家事分担に不満がある人は、男性3%に対し女性26%と23%もの差。不仲夫婦の平均へそくり額は1,000万円超え!

  2. 【インフルエンザ対策何してる?】自宅の空気環境に気を使っている方は6割と判明…!この冬にオススメしたい対策方法とは…!?

  3. 第5回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」選考結果発表 大賞「 介護した 嫁も立派な 相続人」 ーコロナ禍の世相を反映した作品が多数受賞―

  4. これからの寒い季節は要注意! 高齢者が安心して住める家とは? 『寒い住宅の健康リスクを知ろう!高齢者が安心して住める家』その内容をご紹介いたします

  5. 「第2の人生を楽しみたいアクティブかつ安心・安全な暮らしを求めるシニア層のニーズ」を強調!「アクティブシニア向け分譲マンション」

  6. オンライン飲み会サービス『たくのむ』リリースから72時間で2万5千ユーザー/7千件のオンライン飲み会を開催

  7. 遺品整理

    【200名に聞いた】遺品整理を始めたタイミングはいつ?ありがちなトラブルについても調査

  8. 離れて暮らすご両親や一人暮らしの高齢者をそっと見守ります高齢者みまもりサービス「まもりこ」の販売を開始

  9. 参加者69名!TECH女子主催イベント大好評!!世界最高齢現役プログラマー若宮正子氏に学ぶ 〜IT大国エストニアで、今起きていること〜 IT大国エストニアから日本を考える。日本を幸せにする技術の活かし方とは?

  10. 株式会社 銭湯ぐらし、“おうちで四季の入浴体験”を提供する「おふろの素 定期便」を小杉湯さんと始めます。 月に一度、その季節にぴったりなお風呂のもとをお届け。開始を記念し、先着20名様限定で素敵なおまけも同封します。

  11. 親のことが心配になったら【調査リリース】シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査/介護経験者8割が「介護で子どもを頼りにしなかった」と回答 年間で約10万人が介護離職する時代に、4人に1人が「介護する側」を経験。親の介護にかかった費用は平均で約7万3,000円/月

  12. 自分史作成の『親の雑誌』1月8日よりサービス再開。オンライン完全対応により、コロナ禍で帰省できない家族をつなぐ。 「コロナ禍で会えなくなった今だからこそ自分史を贈りたい」との声が集まり、再開を決定。