【感染抑制】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化するダチョウ抗体*スプレーの開発に成功 猛威を振るう「新型コロナウイルス」感染拡大の解決に期待

新型コロナウイルスを不活性化し感染を抑制するダチョウ抗体*配合スプレー「V BLOCK SPRAY」の開発に成功し、2020年3月初旬より関係のある医療機関などに提供を開始しました。



株式会社ジールコスメティックスは、中国をはじめとする世界各国の政府機関などからの依頼を受け、京都府立大学 塚本康浩教授と開発に着手していた、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化し感染の抑制を目的とする、ダチョウ抗体*配合スプレー「V BLOCK SPRAY」の開発に成功しました。

 
ジールコスメティックスとダチョウ抗体*の共同研究を行っている塚本康浩教授は、中国の研究者によって明らかにされた新型コロナウイルスの遺伝子配列が、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」のウイルス遺伝子配列と類似していることから、すでに開発していたSARS用ダチョウ抗体で結合テストを実施。その結果、感染の抑制効果が期待できると2020年2月24日に発表いたしました。


いま現在、日本国内を含め世界中で問題となっている新型コロナウイルスの感染拡大。その解決の一助となるべく、この度開発したダチョウ抗体*スプレーの提供を、関係する医療機関などに対して提供を開始します。
今後も提供先や提供範囲の拡大、また一般向けの販売など、多角的に感染拡大の解決へ向け取り組んでまいります。
また今後も新型コロナウイルスだけでなく、さまざまな感染症が世界的に広がることが考えられます。
そこで、日常的に使用する化粧品などに感染症を予防するダチョウ抗体を配合するといった、世界でも初となる試みにも挑戦してまいります。


抗体は、体内に侵入した細菌やウイルスに結合し、体内から除去する分子です。その抗体を原料化する場合、医療用はマウスやニワトリの体内で作られます。塚本康浩教授は、他の動物よりも早く抗体が形成されるダチョウに着目。ダチョウの無精卵から抗体を抽出し、約4千分の1のコストで精製することに成功しました。
2008年、インフルエンザなどの抗体をコーティングした「ダチョウ抗体マスク」を開発し、文部科学大臣賞を受賞。このダチョウ抗体*に覆われたウイルスは人の細胞に侵入できなくなり、ウイルス感染予防の効果が期待されています。

V BLOCK SPRAY(20mL)

V BLOCK SPRAY(20mL) 【製品名】V BLOCK SPRAY(日用品)
【配合成分】ダチョウ抗体成分(抗SARSウイルスダチョウ抗体/抗インフルエンザダチョウ抗体)/植物抽出物
【販売価格】3,800円(税別)
【容量】20mL(約260Push)
【形状】携帯性を考慮したスプレータイプ
【使用方法】ドアノブやマスクなど身のまわり、顔や手にスプレーする。
手洗いのあと、本製品をお使いいただくことをおすすめします。※すべての菌・ウイルスを除去または抑えられるわけではありません。
※本製品は医薬品、医薬部外品ではありません。

●購入方法
ATROTECT ON-LINE SHOP
https://atprotect.jp/
*準備が整い次第、販売開始予定

Amazon
 URLー現在 準備中ー

*準備が整い次第、販売開始予定
 ーーーーーーー
*:ダチョウ抗体
開発者:京都府立大学 生命環境科学研究科教授 塚本 康浩
地球上最大の鳥類であるダチョウは、病気で死ぬことがほぼなく驚異的な免疫力と回復力を持っています。
その生命力と卵の大きさ、産卵量に着目し、ダチョウに無害化した抗原を投与して抗体を生成し、抗体を含んだ無精卵からダチョウの命を犠牲にすることなくスピーディーかつ質のよい抗体を抽出することに成功しました。
また、熱や酸性、アルカリ性どちらにも強くいろいろな製品への活用が世界中から期待されています。
ジールコスメティックスは、「ダチョウ抗体」を用いたスキンケア製品、ヘルスケア製品、健康食品、日用品など多岐に渡る製品について共同研究開発を行っています。


【ダチョウ抗体トピックス】

< 2020年3月10日 >
ガイアの夜明け「見えない敵と闘う~“新型コロナ”に立ち向かう企業~」
テレビ東京
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

< 2020年2月14日 >
ダチョウ抗体マスクの効果はあるのか?ウィルス不活性化の可能性に中国政府も大量発注
Business Journal
https://biz-journal.jp/2020/02/post_142086.html

<2020年2月13日>
透明なマスクに注文殺到 ダチョウの卵が希望の光?
テレビ朝日
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000176153.html
(1分25秒よりダチョウ抗体が取り上げられています。)

< 2020年2月6日 >
新型コロナウイルスで脚光浴びる「ダチョウ抗体マスク」中国政府機関から30万枚注文
神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202002/0013093998.shtml

< 2018年10月18日 >
ジールコスメティックスシンガポールR&Dセンターでは、2015年よりIMCB(シンガポール国立分子細胞生物学研究所)とダチョウ抗体を用い、デング熱ウィルスを抑制(中和)する共同研究を行ってまいりましたが、この度ダチョウ抗体がデング熱ウィルス4型すべてに対して有効であるとIMCBとの基礎研究結果を発表いたしました。現在、抗デング熱ダチョウ抗体配合製品の商品化のための研究を行っており、東南アジアを含む国々に対してデング熱問題を解決すべく各国政府機関と調整しております。
Bio Space
https://www.biospace.com/article/ostrich-antibody-as-a-dengue-fever-solution-is-now-ready-for-commercialization/

【株式会社ジールコスメティックス】

https://zlc.jp

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  2. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  3. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  4. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  5. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  6. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  7. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  8. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  9. 睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の計測データから、2021年8月に“質の高い睡眠をとっている都道府県ランキング”を発表しました。 いつまでも元気で過ごすために、認知症リスクに負けない質の高い睡眠をとるポイントを紹介します。

  10. 2021年9月1日(水)から10月31日(日)の期間、全国のメガネのアイガン店舗にて「補聴器・聞こえの相談会」を開催します。 「補聴器・聞こえの相談会」は、加齢によっておこる難聴に不安を感じている方を対象に、補聴器について気軽に相談できる場を知っていただくことを目的としています。

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子