【熱中症+新型コロナ】未経験の夏を生き抜く知恵をマンガで解説 知っておきたい救急医療の知識を、専門家が紹介するシリーズの第6作を発表

救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、新型コロナ禍の最中に到来した夏の季節に最も注意すべき「熱中症予防」について、救急・集中治療の専門医である中田孝明代表が自ら解説するイラストレーションを制作し、一般に公開しました。

新型コロナウイルスに対する警戒が解けない状況の中、日本は暑い夏に突入しました。ただでさえ健康への不安が頭をもたげる高温・多湿の気候において、感染症にも気をつけながら私たちはどのように生活していけばよいのでしょうか。


医師、救命救急士、看護師など、医療の専門家が集結している株式会社Smart119は、医療従事者や一般の方に向けて、救急医療の現場で得られた正しい知識を分かりやすく解説するイラストレーションを公開しています。

その第6作目は「新型コロナ禍の熱中症予防」を題材に選びました。現状では不可欠であるマスクやエアコンを使うことによるリスク、自らの情報を日頃から身近な人に共有しておくことの重要さ、高齢者に対する配慮などについて、わかりやすく説明しています。この資料は学校や企業、公共機関等でポスターや配布資料として印刷するなど、自由に利用していただくことが可能です。


株式会社Smart119は、国立大学法人である千葉大学教授で救急集中治療医学を専門とする中田孝明医師により設立されました。急性期医療の現場に新たなテクノロジーを導入し、柔軟かつ独創的な発想で多くの救急患者を救い、日本の医療に貢献していきたいと考えています。


◆印刷用資料ダウンロードリンク
https://smart119.biz/news/000131.html

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d56624-9-831518-0.jpg


◆テーマ
救急・集中治療医が教える正しい「新型コロナ禍の熱中症予防」

◆解説者
中田 孝明 医師
国立大学法人 千葉大学 救急・集中治療医学 教授

◆マスクとエアコンの注意点
マスクは放熱を妨げ、呼吸の負担になる可能性があります。水分摂取にも気を配ってください。エアコンの多くには換気機能がないので、窓を開けて換気することにも心がけましょう。

◆コミュニケーションが大切
自らの体調変化を意識しつつ、家族や友人と定期的なコミュニケーションを取るようにしましょう。「ソーシャルディスタンス」ではなく、「フィジカルディスタンス」を保つようにし、人と人とのつながりを失わないように。

◆高齢者は特に注意
熱中症の多くは、特に熱中症弱者と考えられる「高齢者」の屋内での発症です。お互いに声を掛け合い、注意し合うことが熱中症予防においては重要です。


※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。
また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。


【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容: 
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)

その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 【定年後に欲しい最低収入額は〇万円!?】〇割の方が定年後も働きたいと回答!働かなければならない根本的な問題とは!?

  2. 「歳は彩り、そして才能」超高齢化、超長寿化社会に新たな価値観を!ファーストミッションは「マイクロ出版」 100ページ6万円以下で「マイクロ出版」。出版をスマートエイジが活躍できるフィールドに。

  3. コロナで観光収入ゼロになったバス会社の新たな取り組み               地元高齢者の買い物支援 お助け除菌バス出発! コロナに負けない!起業1年目のバス会社の奮闘!

  4. 認知症・障害の方の道迷いの際などの早期発見支援サービスに新展開介護事業の「やさしい手」が「おかえりQR」を販売開始 ~やさしい手の運営する高齢者向け住宅や介護サービスのご利用者約4万人向けのほか、やさしい手オンラインショップにて広く一般の方にも販売~

  5. 【緊急!】ウイルスvs免疫力!温浴効果実感キャンペーン(200名限定) 2020/2/21~開催! 今こそ家族みんなで体温・免疫について考えよう!

  6. 「第2の人生を楽しみたいアクティブかつ安心・安全な暮らしを求めるシニア層のニーズ」を強調!「アクティブシニア向け分譲マンション」

  7. 高齢ドライバーの約2割に、認知機能低下の疑い ~ADK「モビリティチーム」、高齢ドライバーの運転と認知機能の相関関係調査より~

  8. 高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。 〜山村留学やオンライン婚活、SDGsサイトオープンなどの施策を実施〜

    高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。

  9. 世代を超えて、地域コミュニティを支える地方のシニアたち。頼りにされること、人とのつながりが活力に。<花王 生活者研究センター調べ>

  10. 国内最大級のシニア向けコミュニティサービス「趣味人倶楽部」は、コロナ禍で売上減の酒業界支援として、「シニア向けオンライン酒蔵ツアー」のサービスを開始しました。

  11. シニアこそオンラインサービスの習得を 日本初の人生100年時代の会員制地域交流サロンならではのウイズコロナ対策

  12. 「おひとりさま信託」エンディングノートのデジタル化について 万が一の身の回りのこと(死後事務)のご希望を管理し実行するエンディングノートのデジタル化を実現