【自動車免許証の終活】高齢者の自動車免許返納(返上)サポートの新サービス開始のお知らせ 終活コンシェルジュのアライアンサーズ株式会社は、自動車免許返納問題に直面している高齢者ドライバーとその家族向けに新サービスを開始しました。

2019年に発生した東池袋自動車暴走死傷事故で犠牲になった母子の事件に対し、世間の反応は高齢者の運転に対するイメージが下がったことは否定出来ないと考えます。
しかし、いくら否定的なイメージの世論や論調だけでは高齢者の自動車免許証返上は進まないと考え、
「高齢者ひとりひとりに寄り添い、お悩みを聞いた上で免許返納をサポートする」民間サービスの必要性があると考えました。
きっかけは弊社アライアンサーズ株式会社本社の所在地である新宿区立高田馬場創業支援センター内で自動車免許証に関するプロの多鹿氏との出会いでした。今回は多鹿氏の協力のもと、弊社がお世話になっている新宿区を中心に東京23区から変革を起こすプロジェクトを開始することになりました。終活コンシェルジュであるアライアンサーズ株式会社(東京都新宿区)は、2019年2月3日(月)より「高齢者ドライバー免許返上サポート事業」を開始することになりました。
本事業は、「高齢者ご自身」「ご家族」「地域社会」「市区町村(自治体行政)」などの社会課題を解決する事業と考えています。弊社アライアンサーズ株式会社は終活相談を通じて、高齢者の皆様が免許返上に消極的もしくは踏み切れない理由を以下のように考えています。

自動車免許証の返上が出来ない理由その① 「高齢者自身、まだ自分自身に自信があるから」
この理由は免許返上に限らず、終活や老い支度を「拗らせてしまう高齢者」の代表的な理由だと考えています。
もう少し深堀しますと、「自分は大丈夫だ」と思いたい心理(焦燥感のようなものも含め)があると思います。
そのため、比較的甘えやすい高齢者自身の身近な人(ご家族やご友人)の説得に耳を貸さないケースが見受けられます。

自動車免許証の返上が出来ない理由その② 「手続きが面倒くさい(わからない)」+「生活が変わるのがイヤ」
調べることも難しくなっている高齢者の方は多くいらっしゃいます。
ましてや手続に行くとなると心理的にも避けてしまいがちです。
「手続きが面倒くさい(わからない)」+「生活が変わるのがイヤ」という心理の理解が必要と考えます。

自動車免許証の返上が出来ない理由その③ 「生活の足が無くなることがイヤ」
首都圏や関西圏以外は顕著に課題であり、高齢者の方々の言い分も理解出来る理由です。
しかし、東京などの大都会でも、高齢者ドライバーの事故が起こるのは「いくら便利な都会でも、車は楽」という既に染みついた生活習慣を変えることは容易ではありません。
この場合、免許返上した場合の「生活を営む代替案」を一緒に考える必要があると考えています。

上記理由を理解し、その上でのサポート役として、長年自動車免許取得の相談係のお仕事をしていた多鹿氏に今度は「自動車免許証返納サポート」の相談係としてご対応頂きます。
高齢者ドライバーによる不幸な事故を一件でも減らすことが、「高齢者ご本人」「ご家族」「地域社会」「行政」など全ての方々に対する社会問題解決と考え、取り組んでいきます。

↓↓↓相談員 多鹿氏との対談動画はこちら↓↓↓

<高齢者の免許返納(返上)に関するセミナー>
〇日時
 ・2020年3月20日(金)13時30分~14時30分まで
 ・2020年3月28日(土)13時30分~14時30分まで
 ※いずれも同一内容です。終了後、希望者向けに個別面談あり
〇参加対象者
 ・自動車運転免許返上(返納)を検討中の高齢者の皆様
 ・高齢者のお父様お母様に自動車運転免許証を返上してもらいたいご家族の皆様

参加ご希望の方は以下のURLよりお申込ください。
 ①2020年3月20日(金)参加希望の方
https://www.kokuchpro.com/event/ed8e63ec21e5633568b694cb291ee054/
 ② 2020年3月28日(土)参加希望の方
https://www.kokuchpro.com/event/a262d8744f0b823eb6456c3fbe318e72/

<自動車免許証返納相談員~多鹿幸生氏プロフィール~>
出身地兵庫県でメガバンクの銀行員として32年勤務後、航空専門学校学生指導や学生向けの運転免許取得斡旋事業を営まれてきました。
趣味は読書、水墨画、スポーツ鑑賞。
情熱的で面倒見の良い性格のため、弊社の入居する高田馬場創業支援センター内でも若手経営者から人気者です。
モットーは「何時でも・何処でも・何度でも、誠意を以てクイックリスポンス」
「三方芳し(自分良し・相手良し・社会良し)」

<高齢者ドライバー免許返納(返上)サポート 料金>
●免許返上にご本人が前向きな場合
 Aコース 合計5万円(完全成功報酬型 ※着手金無料)
 Bコース 合計4万円(成功報酬2万円+着手金2万円)
●免許返上にご本人が否定的な場合
 Cコース 合計10万円(完全成功報酬型 ※着手金無料)
 Dコース 合計8万円(成功報酬5万円+着手金3万円)
●免許返上の手続き補助・代行のみ
 Eコース 合計2万円
※交通費など実費は成功可否に関わらず、全額お客様ご負担になります。

<アライアンサーズ株式会社のサービス>
・喪主がいない人でも安心! おひとり葬(気楽なお葬式)
・終活相談「揉めない老い支度(終活のやり方)」
・介護に備えた安くて安心の保険のご案内(少額短期保険)
・出張で終活セミナー(地域包括支援センター等で不定期実施中)
・LGBTの方へ特化した終活セミナーや相談
・高齢者ドライバー免許返上サポート
・老人ホームのご紹介 等

●おひとり葬(気楽なお葬式) https://simple-funeral.biz/
●会社公式ホームページ  https://alliancersjp.com/
●会社公式YouTube  https://www.youtube.com/channel/UC1ghnyluyZx8ZLzO-KBsO4w

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ーノーマルな四国巡礼の楽しみ方を提案!Zoomで体験する「オンライン遍路」は2022年2月4日(金)初開催(2022年1月21日受付〆)

  2. 2月8日、トークセッション「遠距離介護を支える、未来型”保険外介護サービス”とは?」(オンライン)を開きます。保険医療・介護制度では遠距離介護は行いづらい現状と、それを補う「保険外介護サービス」の意義について現場の声を盛りだくさんで聴けるセッションです。

  3. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  4. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  5. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  6. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  7. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  8. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  9. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  10. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子