【Makuake150%達成】高齢者の転倒による衝撃を軽減するパンツの新商品♪ 帰省控えで直に会えない子供世代から贈り物需要に手応え

【高齢者の歩く未来を守る服】をコンセプトに大腿骨を保護する衣料品を展開するwalka(ウォルカ)は運営する株式会社ユニコ(本社:東京都中央区)として初めて、
クラウドファンディングサイト「Makuake」に出展。帰省控えで親に会えない子供世代を中心に贈り物として好評を博し、即日で目標金額を達成しました。
敬老の日に向けて追加のリターン商品を期間限定の特別価格で7月30日(土)まで掲載しています。

着用することで外に出たくなるような商品を目指したデザイン「腰」と「膝」部分に衝撃吸収パッドを内蔵着用することで外に出たくなるような商品を目指したデザイン「腰」と「膝」部分に衝撃吸収パッドを内蔵

■この商品が目指したもの ~10年後も夫婦で一緒に歩きたい~

2022年現在で日本国内における高齢者の人口は全体の3割に迫っており、超高齢化社会に差し掛かろうとしております。また、高齢者の事故の割合は増加傾向にあり、その中でも転倒事故の割合は8割を占めており、テレビや雑誌などで社会問題として目にすることも多くなってきました。

日ごろからお母様やお父様から「転んじゃって」なんて話を聞き、子供の立場としては漠然とした不安を感じている方も多いかと思います。当人は失敗話のように話すのでその場では注意するものの、どうサポートしてあげればいいのか分からない方も多いかと思います。

2019年3月に緊急事態宣言が発令を受け、多くの人たちが帰郷を控え直接顔を合わせる機会が少なくなっている状況が続いています。この状況は多少のはあれど今後も続いていくものの思われます。世帯の違う家族が顔を合わせること自体を控える時期が続いている状況です。そんな中、久しぶりに家族揃っての食事の中で、両親たちは毎日の散歩の話を楽しそうにしており、父親の言った「10年後も夫婦で歩きたいからね~」と言う言葉が印象的でした。

本プロジェクトは、そんな両親のようなアクティブシニア世代の皆さんが、いつまでも元気で歩いて行けるような、歩く未来をサポートしていく商品を目指しました。

■大腿骨への衝撃を軽減する服の開発

【特許出願中】産学協同で開発した衝撃吸収パッド【特許出願中】産学協同で開発した衝撃吸収パッド

いくつかの文献資料から“高齢者の大腿骨骨折は平均3,200N(kg換算で約320kg程度)の衝撃で起こる”と想定し、この数値を参考値として検証を行いました。具体的にはフォースプレート(計測器)上に緩衝材(以下パッドと呼称)を設置し、各試料につき繰り返し一定の条件からの落下実験を行いました。今回行った実験の結果からは、約30%程度の衝撃を低減する素材を選定し、衝撃吸収パッドを開発しました。

あえて裏返してみました。「腰」と「膝」にパッドを収めるポケットが付いていることがお分かりになると思います。あえて裏返してみました。「腰」と「膝」にパッドを収めるポケットが付いていることがお分かりになると思います。

表からでは衝撃吸収パッドの位置が分かりにくい為、あえて商品を裏返してみました。パッドを装着するポケットが「腰」と「膝」にあることが分かります。動きやすく、着用するとパッドの存在を忘れてしまう着心地です。お手持ちの服と合わせて様々なシーンで活躍します。■利用シーン

【旅行/遠出/お散歩】
アクティブシニアの皆さんはきっと日々意識した運動、特にウォーキングに取り組まれていることと思います。衝撃吸収パッドは着用するだけで体にフィットするように作られています。しっかり守りつつ、動きを阻害しないので旅行などの普段より歩く機会にもおすすめしています。

【退院後の生活】
退院後足もとが不安に感じ、歩行が出来る様になってからも外出することが怖くなってしまうケースがあると伺いました。まずは杖や靴などでまずは転ばないように、当商品を着用することでいざと言う時の為に備えることで少しでもご利用者様に前向きな気持ちになっていただく、そんな商品となっているかと思います。

■リターン商品
40%、30%割引のリターン商品は公開直後に在庫切れとなり、現在は<20%割引>のお取り扱いのみとなっています。是非この特別価格の機会にご利用いただければと思います。

■walka(ウォルカ)について

昨年末にユニフォームの機能性に関わるノウハウを活かし、シニア向けの機能服をブランド名walkaと名付けてリリースしました。walkaは自社独自開発の衝撃吸収パッドを内蔵したプロテクトウェアであり、シニアの生活の中のちょっとした躓きなどの転倒の衝撃を軽減することで、ケガのリスクを抑えることを目的としています。プロテクトウェアと言うとごつごつとしたイメージがありますが、walkaはそんなイメージを払拭する日常的に着用出来るファッション性の高いデザインを目指しています。

■株式会社ユニコについて

弊社は多種多様な企業様向けユニフォームの企画・生産・運用を生業としています。本プロジェクトへ出展しましたwalka(ウォルカ)は、新たな分野として来る超高齢化社会を見据えた機能性ファッションウェアを開発。2020年12月に自社ECサイト「walka Online Store」にて販売を開始し、現在に至ります。これからも株式会社ユニコは培ったノウハウと実績を基にチャレンジを続けていきます。

UNIFORM INNOVATION with UNICO CORPORATION

■会社概要
社名:株式会社ユニコ
本社所在地:東京都中央区日本橋富沢町9-10稲村ビル2階
代表取締役:華井 義徳
事業内容:企業ユニフォーム(別注・OEM含む)の企画、生産、運用
設立:1994年12月15日
HP:https://www.uniform.co.jp

脳トレしてみましょう! ↑↑画像をclick!

 



関連記事

  1. 日本調剤 国内最大規模*21拠点の「在宅支援センター」を起点に大型調剤機器導入による体制を拡充し在宅医療に注力 日本調剤株式会社 ニュースリリース

  2. 全国選りすぐりのスイーツ店のオリジナルスイーツセットが届く「スイーツ巡り便」の無料モニターを100名募集 自宅で“スイーツ巡り”気分が味わえる!「スイーツ巡り便」の事前登録を10月28日(水)より受付開始

  3. 丸紅新電力株式会社と、ノバルス株式会社は、丸紅新電力とご契約中のお客様への「MaBeeeみまもり電池サービス」の提供に向けた協業を開始いたします。

  4. 見守りサービス

  5. 中高年のキャリアと転職ノウハウの情報メディア「シニアタイムズ」OPEN! シニア専門人材紹介のシニアジョブに蓄積されたシニア転職の知見と情報を提供

  6. 4月1日(水)、新たなコンセプトの仏壇店「きずなテラス」 リニューアルオープン ─ 家族やご先祖、地域の方同士の「きずな」を照らす、明るく開かれた空間 ─

  7. 【老後2,000万円問題アンケート】実際、老後資金(満65歳時)はいくら貯められそうですか?

  8. 親の心配どころじゃない???〜認知症専門家が開発「超早期のサイン発見」が”予防を変える”〜40代の半数が…アルツハイマー最初期は危険?

  9. 賃貸住宅建築部門45年の実績 プリマガーデン10周年デザインと間取りの差別化、高収益、長寿命賃貸住宅プリマガーデン 賃貸住宅経営は、量産の時代から差別化の時代へずば抜けた入居者の人気と、圧巻の低メンテナンスと、地域の発展の「三方良し」を実現する賃貸住宅。

  10. 家事代行の無料チケットが当たる!「主婦休みの日」キャンペーンを開催【ピナイ家政婦サービス】 「わたナギ」で話題の家事代行。9月25日の「主婦休みの日」にあわせて頑張っている女性を応援!

  11. おうちごはんベネッセパレット

    「東急ベル」×「ベネッセのおうちごはん」、シニア世代の暮らしをトータルサポート 「ベネッセのおうちごはん」を新規エリアでご利用の方に

  12. コロナで直面した50代のキャリアプランの再考 キャリアのロールモデルが不在の中、仕事・コミュニティ・お金様々を自分ごととして考えることが必要に 〜Be-Jin、「コロナ禍における50代のキャリア」に関する2020年総括と2021年の展望を発表〜