“お一人さまシニア”もオールブランで目指せ、健康腸寿!「シニア食堂」とコラボレーションし、アクティブシニア向け腸活コミュニティープログラムをスタート

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、グローバルで展開する食料支援プログラム「Breakfasts for Better Days(TM)」の日本における新展開として、「シニア食堂」とコラボレーションし、アクティブシニアの孤食防止と栄養問題解決を目的としたコミュニティー・プログラムをスタートいたしました。

「シニア食堂」は、千葉県流山市を拠点にNPO法人東葛地区婚活支援ネットワークにより運営されている、シングル・シニアを対象とした朝ごはん交流会を主催するコミュニティー支援グループです。シングル・シニアが集まり、時短かつ栄養バランスの良い食事を共に作り・食べる機会を提供することにより、シニアのQOL(生活の質)の向上と孤立防止を目的として2017年より活動を開始しています。
今回、ケロッグが2018年より展開しているアクティブシニア向け栄養サポートプログラムの趣旨に共感いただき、「お一人さまシニア(シングル・シニア)」対象のケロッグシリアルを活用したコラボレーションプログラムの開始に至りました。

12月12日に千葉県流山市にある「京和ガス おおたかの森ショールーム G・more」において初開催されたプログラムでは「シニアの腸の健康」をテーマに展開。腸活に興味を抱くアクティブシニア約30名がイベントに参加しました。「食物繊維」を手軽に摂取できるケロッグ「オールブラン」シリーズを使った時短・腸活レシピの調理にチャレンジするほか、ヨガトレーナーの青木まなみさん(BC-スタジオ代表)より考案いただいた自宅でも簡単にできる腸活エクササイズも実践。さらにイベント後から5日間に渡って、「オールブラン」シリーズを用いた腸活チャレンジにも挑戦いただく、「食」・「運動」・「実践」を兼ねた包括的なプログラムとなっています。プログラムは今後、千葉県以外のエリアでの展開も視野に入れ開催を予定してまいります。

■お一人さまシニアでもカンタン!1日に必要な食物繊維の半分以上*が摂れるオールブラン腸活レシピ

■「シニア食堂」レシピ作成・調理指導担当 漆崎邦子さんコメント

今回は、3つのメニューに対して全て食物繊維たっぷりのオールブラン オリジナルを使用しています。さらに、ヘルシーな“鶏むね肉”や、大豆由来のタンパク質や食物繊維が豊富な“おから” や“きな粉”などと組み合わせることで、オールブランが持つ香ばしい風味を生かしながら、1日に必要な食物繊維の約半分以上*と、シニアに求められるタンパク質などの栄養もバランス良く摂取できるメニューに仕上がっています。
*栄養素等表示基準値に基づいて計算

<鶏むね肉のオールブラン焼き>











<オールブランとおからのサラダ>

<和風オールブランヨーグルト>

■「シニア食堂」主催者 松澤知砂さんコメント

シニア食堂の参加者の約7割がシングル・シニアとなりますが、とてもアクティブで好奇心旺盛な方が多いのが特徴です。初めはシリアルを食べたことがない方も多いのでは?と不安に感じていましたが、すでにシリアルを食生活に取り入れている方も多く、初めて食べられる方でも、ヨーグルトなどともマッチして大変美味しいと好評でした。何よりも驚かされたのが「腸活」というテーマに対しての高い関心度です。参加された多くの方が腸の健康の大切さを認識されており、イベント後の腸活チャレンジにも大変意欲的な姿勢を示されていたのが印象的でした。食を起点に「人の繋がり」と「栄養サポート」を同時にできる新しい仕組みとして、この取り組みを引き続き発展させて行けたらと思います。

■ケロッグ ”Breakfasts for Better Days(TM)“ について
ケロッグでは、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやそのご家族にむけ、2025年までに全世界で30億食分の食料寄贈を計画した支援プログラム「Breakfasts for Better Days(TM)」を推進しています。日本ケロッグでは、「こども」と「シニア」を対象に年間30万食分のシリアルを無償提供しています。2013年よりスタートした「こども」の栄養サポートプログラムでは、フードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」などへの製品寄贈を通じて、年間20万食分のシリアルを無償でご提供しています。また2018年より「赤い羽根共同募金」としても有名な社会福祉法人中央共同募金会の協力のもと、アクティブシニアの栄養問題改善にむけた年間10万食分のシリアルの無償提供をスタートさせています。栄養不足に陥りがちな一人暮らしのシニアに向け、配食サービスを手がける全国のNPOと連動し、腸活シリアルオールブランや、ミネラル豊富な玄米フレークシリーズのシリアル提供を行うほか、アクティブシニアが集う高齢者クラブやサロンでは、栄養啓発活動と絡めたシリアルを配布を実施しています。活動2年目となる2019年においては、配布エリアを従来の関東1都4県(東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬)に加え、関西の2府2県(大阪・京都・兵庫・滋賀)にも拡大。シニアの健康長寿を栄養バランス満点のシリアルでサポートしています。

関連記事

  1. 新しい葬儀参列のスタイルを提案。スマホやパソコンで参列する葬儀 ネット上で故人を偲ぶ・Webクレジットで香典

  2. 株式会社 銭湯ぐらし、“おうちで四季の入浴体験”を提供する「おふろの素 定期便」を小杉湯さんと始めます。 月に一度、その季節にぴったりなお風呂のもとをお届け。開始を記念し、先着20名様限定で素敵なおまけも同封します。

  3. 大人気のレシピ内蔵タイプの電気圧力鍋、時短を極めたクックフォーミーからミニサイズの「クックフォーミー 3L」が登場!

  4. ご近所助け合いコミュニティサービス「エニタイムズ」、新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言発令に伴い、2020年5月6日までシステム利用料の無料提供開始 併せて、困っているご近所の方を報酬0円でお手伝いいただける「ボランティアサポーター」を紹介する特設サイトを開設

  5. 第5回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」選考結果発表 大賞「 介護した 嫁も立派な 相続人」 ーコロナ禍の世相を反映した作品が多数受賞―

  6. 「免疫力が下がってきたかも…」と気づいているのに50歳以上の男女の6割が対策してない実態 より強力に健康をサポート

  7. 《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~ 震災10年、感謝の気持ちをこめて「花見山の詰め合わせ」がふるさと納税に初登場

    《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~

  8. <花王 生活者研究センター くらしの研究> 特集【本気の防災 vol.1】「災害は必ず起こる!命を守るサバイブ術」ソーシャル・グッド・プロデューサー 石川淳哉さんに聞く

  9. これからの寒い季節は要注意! 高齢者が安心して住める家とは? 『寒い住宅の健康リスクを知ろう!高齢者が安心して住める家』その内容をご紹介いたします

  10. 認知症・障害の方の道迷いの際などの早期発見支援サービスに新展開介護事業の「やさしい手」が「おかえりQR」を販売開始 ~やさしい手の運営する高齢者向け住宅や介護サービスのご利用者約4万人向けのほか、やさしい手オンラインショップにて広く一般の方にも販売~

  11. <定年退職を控える50代/定年退職をした60代以上のシニアに聞いた「定年後の働き方」に関する意識調査>定年退職間近のサラリーマン、7割以上が「定年後も働きたい」と回答

  12. 高齢者が望むのは、世代間交流よりも「同世代との交流」。交流を望む相手は、自分の子や孫より、「趣味の仲間」や「近所の人」。 アンケート調査「高齢者が望んでいる交流」