ご近所助け合いコミュニティサービス「エニタイムズ」、新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言発令に伴い、2020年5月6日までシステム利用料の無料提供開始 併せて、困っているご近所の方を報酬0円でお手伝いいただける「ボランティアサポーター」を紹介する特設サイトを開設

日常のちょっとした用事を依頼したい人と、空き時間で仕事をしたい人をつなげるスキルシェアアプリ『ANYTIMES (エニタイムズ) 』を運営する株式会社エニタイムズ (東京都港区、代表取締役社長兼 CEO 角田 千佳、以下「エニタイムズ 」) は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出困難な方の買い物代行や休校中のお子様のオンライン学習サポートなど、ご近所の方のサポートを必要とする方からのニーズの増加を受け、2020年5月6日までシステム手数料の無料化を実施します。
併せて、困っているご近所の方を報酬0円でお手伝いいただける「ボランティアサポーター」の皆さまをご紹介する特設ページを開設いたしました。本取り組みにより、緊急時にご近所の方と助け合える相互扶助の輪を促進していきます。

特集ページ:https://www.any-times.com/helpneighbor
【本取り組みの背景とメッセージ】
この度の新型コロナウイルス感染症により健康被害を受けられた皆さま、事業等に影響を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。 
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、日本でも緊急事態宣言が発令されるなど、日常生活を維持することが難しい状況が続いております。
そして、特に外出の際に感染を恐れている高齢者や基礎疾患がある方々、休校のためにご自宅で勉強をしているお子様や見守っているご両親、外出がしづらい状態で孤独を感じている方々も増えてきました。
現在の状況において、様々な面でのお困りごとが多く出てきていることと思います。
この緊急事態を周りの人々と一緒に乗り越えるため、エニタイムズは相互扶助を促進する取り組みを実施することにいたしました。
今後の見通しについても不確実な状況が続く中、困っているご近所の方を助け合える、あたたかな社会の実現に貢献できれば幸いです。

【本取り組みの内容について】

1、システム手数料の完全無料化
概要:サービス提供者(サポーター)がサービス実施後に受け取る報酬について、通常報酬の15%をシステム利用料としてエニタイムズが頂いているところ、期間中は全ての案件について、本システム利用料を完全無料とさせていただきます。
対象:期間中に本契約に至った全ての案件

2、特設サイトでのボランティアサービスチケットのご紹介
概要:報酬0円でお手伝いいただける「ボランティアサポーター」の取り組みについて、特設サイトでご紹介させていただきます。
掲載の流れ:
1.まだエニタイムズユーザーでない方は、新規登録(無料)ください。
2.0円のサービスチケットを作成し、チケットのタイトルに「[駅名] タイトル #相互扶助ボランティア」と書いてください。
3.「 #相互扶助ボランティア」のサービスチケットは毎日集められ、ボランティア特集ページで紹介されます。(特集で紹介する対象サービスチケットは事務局判断となります。)

▼Anytimesの利用を始めたい方はこちら
iPhoneユーザーの方:https://apps.apple.com/app/apple-store/id1071718230
Androidユーザーの方:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.anytimes.android
Webブラウザをご利用の方:https://app.any-times.com/

▼#相互扶助ボランティア の特集ページはこちら
https://www.any-times.com/helpneighbor

#相互扶助ボランティア の実際の事例:
・休校中のお子様のオンライン学習サポート
・オンラインでのヨガレッスン
・オンラインでの語学レッスン
・オンラインでのお仕事のお悩み相談
・平日昼間を中心としたご近所での買い物代行
など

期間:
2020年4月7日(火) 〜 2020年5月6日(水)
※新型コロナウイルス感染拡大の状況に応じて、期間や内容が変更となる場合がございます。

その他(注意事項など)
・政府・官公庁から発令されております感染予防の基本方針に則り、できる限りオンライン等非接触でサービスをご提供いただくなど、感染予防には十分にご注意いただきますようお願い申し上げます。

【ANYTIMESについて】

“近所で、会って、助け合い”

ANYTIMES は、日常の家事、旅行の間のペットの世話、家具の組み立て、語学レッスンなど の“誰かにちょっと手伝って欲しいこと”と、“自分が得意なこと”を、インターネットを通じて提供し合えるスキルシェアプラットフォームです。
専門スタッフを派遣する従来のサービスとは異なり、地域内で得意なこと、好きなことを通じてお互いの暮らしを支えあうご近所助け合いコミュニティサービスです。
首都圏を中心に日本全国で利用でき、365日 24時間、サービスの相談から依頼、決済、評価の全てをアプリ内で簡単に行うことができます。アカウントの登録は、無料です。請負者(サポーター)側のみ、完了した案件の契約金額 15%がシステム手数料となるシステムとなっており、依頼者側は無料です。
今後もANYTIMES は、地域の人々の暮らしをサポートし、自分らしい働き方を実現する次世代のスキルのシェアリングエコノミープラットフォームとして、多忙なビジネスパーソンだけでなく、主婦や高齢者の方々にも使いやすいサービスを提供していきます。

公式サイト:https://www.any-times.com/

【会社概要】

会社名:株式会社エニタイムズ (Anytimes Inc.)
設立年月:2013年5月1日
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
事業内容:Webサービスの開発・運営、地域活性化支援
代表取締役:角田 千佳

関連記事

  1. シニア向け分譲マンションの購入理由は? 「神戸学園都市・中楽坊」で、8月末で6割超が契約済み。 契約者の平均年齢73歳。購入理由の1位は「老後を楽しむため」。「健康状態の悪化」は ほとんどおらず。

  2. 株式会社Humanite(ユマニテ)は、軽量で持ち運びに便利なノート型パーテーション・『BYOBUノート』を新発売しました。※ 日本製 ※ 透明・半透明バージョンも順次発売

  3. 「おひとりさま信託」エンディングノートのデジタル化について 万が一の身の回りのこと(死後事務)のご希望を管理し実行するエンディングノートのデジタル化を実現

  4. 株式会社馬場園芸は、日本全国どこでも育てられるホワイトアスパラ栽培キットの春の販売予約を2月8日より開始します。

  5. 新たなシニア向けサービスモデルの構築を目指し、東京都健康長寿医療センターと連携 コロナ下の自粛生活に伴うシニアの健康二次被害を防止!

  6. 和む菓子屋「なか又」「和む菓子屋だからできること」 【コロナに対するおうち時間】を応援する3つの取り組みと、店舗での安心・安全へのオペレーションの徹底を実施します。

  7. アレンジ自在!2日分の食材をまとめて届ける「フリーセット」買い物に行く手間を省いて、おいしくつくるおうちごはん ~食の多様化で自由な食スタイルが人気~

     つくる人から笑顔に。をテーマに全国で“食材(ミールキット)宅配サービス”を提供するヨシケイは、全国で毎週40万部発行するメニューブック『すまいるごはん』で、2~3人用 2日分の食材をまとめて届ける「フリーセット」を毎週2回販売しています。

  8. 世代を超えて、地域コミュニティを支える地方のシニアたち。頼りにされること、人とのつながりが活力に。<花王 生活者研究センター調べ>

  9. 「メイドインジャパンの和紙マスク」を発売 〜何度も洗って使える、ウォッシャブル仕様〜 4月上旬より順次発送開始 3月15日(日)本会員メルマガ登録者の先行予約開始、3月16日(月)一般予約開始

  10. 【はずれた年賀状も、途上国の女の子の”幸せ”に】~はがき10枚⇒授業1回分~余った未使用はがきが、子どもたちの可能性を育む支援になる「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」実施中 【1月19日 令和初のお年玉年賀はがき、当選番号発表】 キャンペーン期間:2019年12月1日~2020年3月31日

  11. 懐かしのフルーツガム、歯につきにくくなって再登場!歯につきにくいガムシリーズから2種の新商品『歯につきにくい梅ガム』と『歯につきにくいブルーベリーガム』を発売いたします。

  12. 【緊急!】ウイルスvs免疫力!温浴効果実感キャンペーン(200名限定) 2020/2/21~開催! 今こそ家族みんなで体温・免疫について考えよう!