ケアマネジャーの探し方、付き合い方 親の事が心配になったら

ケアマネジャーって何をする人?

家族の介護が必要になった場合、介護認定やケアプランの作成、各種事業者の手配などをすることになります。ケアマネジャーは、こういった介護に関する一連の手続きをしてくれる存在です。 要介護認定の申請のお手伝いや利用者(要支援、要介護認定者)の居宅サービス計画(ケアプラン)を利用者や家族の立場になって作成をお手伝いする会社を居宅介護支援事業所といい、ケアマネージャーはそこに所属しています。ケアプランは利用者や家族が作成することも可能ですが、ケアマネジャーはサービス提供事業者を知っており、給付の上限額(区分支給限度額)の範囲内でサービスを組み合わせるための正確な計算ができます。そのため、専門職であるケアマネジャーに依頼するのが一般的となっています。
※ケアマネジャーへの支払いはすべて介護保険により賄われているため、現在は利用者の自己負担はありません。

ケアマネジャーはどうやって探しますか?
「要支援」の人のケアマネジャーは地域包括支援センターが担当します。一方、「要介護」の人の場合は居宅介護支援事業者のケアマネジャーが担当し、利用者自身で選ぶことができます。 

①住んでいる市区町村の介護保険課もしくは地域包括支援センター行き、居宅介護支援事業所のリストまたは「ハートページ」という冊子をもらい、そこから探すのが一般的です(発行していない地域もあります。) 「ハートページ」の居宅介護支援者の一覧ページには、名称、所在地、電話番号、受付時間、ケアマネジャーの人数、休業日、併設サービスなどの基本情報が載っています。  

②訪問看護ステーションを併設している居宅介護支援事業者ならば、医療との連携に強みを持つケアマネジャーがいるだろうという判断ができます。

③利用したいデイサービスがあれば、併設している事業者を選ぶという考え方もあります。 

④かかりつけ医に相談して医療との連携が得意なケアマネジャーを教えてもらったり、同じ地域で実際に介護サービスを利用している人たちの口コミを参考にしたり、友人や知人に介護業界で働いている人がいたら、どんなケアマネジャーがよいかのポイントを聞いたりするといいかもしれません。

⑤利用者が医療に重点を置く必要があれば看護師資格を持つケアマネジャーを、身体介護や家事支援の必要性が高い場合は介護福祉士やヘルパーの資格を持つケアマネジャーを探すのも一案です。

居宅介護支援事業所を選ぶ際のチェック

☑ 自宅から近いですか?
☑相談に親身に乗ってくれるますか?電話は通じやすいですか?
☑ 要介護者が医療を必要とする場合、リハビリセンターや訪問看護ステーションが併設されている事業所ではそれぞれが連携しているので、そういった併設施設を選ぶとサービスを利用しやすいというメリットがあります。

ケアマネジャーを選ぶ際の注意点

【チェックリスト】
☑ 経験は豊富でしょうか?納得のいくケアプランをわかりやすく説明してくれますか?
☑ 介護サービス全般の知識や介護保険外サービスについての知識が豊富でしょうか?
☑ 素早い対応をしてくれれますか?
☑ 相談に親身に乗ってくれますか?家族の希望、本人の希望や都合をよく聞いてくれる方が望ましいです
☑ 守秘義務を遵守してくれそうですか?
☑ 電話がつながりやすいですか?
☑ 自宅から近くにお住まいでしょうか?
☑ 所属する居宅介護支援事業所は信頼できる事業所でしょうか?

ケアマネジャーとは、ケアプランを作成する前に何度か面談や説明を受ける機会があります。話をしてみて、ケアマネジャーを任せられるかを検討しましょう。ケアマネジャーを見つけたら、ケアプランの原案の作成を依頼しますが、その時に最初の面談が行われます。そして、ケアプランの案がよければ、ケアマネジャーと「居宅介護支援」の契約をし、一緒に原案を完成させます。契約をするときには、ケアマネジャーから「重要事項説明書」の説明がありますから、わからないことがあれば、納得できるまで説明してもらいましょう。 ケアマネジャーとの面談は、介護サービスの利用開始時のみでなく、介護サービスを利用中、何度も行われます。

ケアマネジャーとうまくやっていくためには、自分の希望をケアマネジャーに具体的に伝えることが大切です。

例)施設にもいろいろありますし、それぞれの個性があります。とにかく説明をよく聞き、面倒くさいでしょうが、施設見学は行うことをお勧めします。本門介護についてもどんな特徴がある方なのか説明をうけましょう。

こんな事をいったら悪いかな?なんて思う必要はありません。ケアマネジャーには厳格な守秘義務がありますから、利用者の性格や生い立ち、苦手なこと、癖など多くの情報をケアマネジャーに伝えて、それらを知ってもらうことでよりよい介護サービスにつなげてもらいましょう。

なお、家族が遠方に住んでいる場合は、ケアマネジャーと電話でこまめに連絡を取り合うことが大切です。離れている家族には利用者の状態を常に知ってもらい必要なサービスを見つけ出すことはケアーマネージャーにとっても好都合なのです。 また、ケアプランの立て方に不満があったり、利用した介護サービス事業者が気に入らなかったり、ケアマネジャーとの連絡がうまく取れないなど、利用者がトラブルに感じることは人それぞれです。人間ですから相性というものもあります。そういうときは、話し合えるかどうかが大きなポイントになります。とにかく、ケアプランの内容やサービスの手配の仕方に不満を感じたり、特定の介護サービスを一方的に押し付けられたりした場合は、我慢せず話をしてみてそれでも難しいと感じたらケアマネージャを変更も可能です。同じ居宅介護支援事業者の中に複数のケアマネがいれば、他のケアマネジャーに変更することもできますし、事業者を他のところに変更することも可能です。ケアマネジャーや居宅介護支援事業者を変更しても、原則として利用中の介護サービスは継続できることになっています。ケアマネジャーを変更したいときは、居宅介護支援事業者に変更したい旨を伝えるのが一般的です。別の居宅介護支援事業所や地域包括支援センターに相談してみるのも方法の一つです。 在宅での介護がスムーズにできるかどうかは、よいケアマネジャーが担当するかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。良いケアマネ、付き合いやすいケアマネさんを探してみましょう。

 

関連記事

  1. 「ワタミの宅食」にて、10月20日より冷凍惣菜「いつでも二菜」の販売を開始いたします。「いつでも二菜」は、2種類の惣菜が入っており、朝食や軽食としてご利用いただける商品です。献立は、和食と洋食、それぞれ7種類ご用意しており、日替わりでお食事をお楽しみいただけます。

  2. 全国の40歳~59歳と60歳以上の働く男女1000人に聞いた「2020年シニアの仕事に関する調査」 60歳からの理想の雇用形態、「正社員」人気が続く一方雇用形態にこだわらない考えが増加!?勤務先に「給与」を求めるも40歳~59歳は約9割で過去最高に。仕事満足度は2018年に比べて増加!

  3. 人生100年時代に必要なのは「和魂ナン食」!?食文化研究家 永山久夫先生による「ナン食」のススメ すき焼きやきんぴらごぼう等、実は美味しいナンと和食の食べ合わせレシピも紹介

  4. 日本と中国の医療介護連携を目指し「日中医療介護リハビリ協会」が発足 介護ラボしゅう代表・中浜崇之が、日本と中国を医療介護で繋ぐ医療介護協会を設立を発表

  5. 全国500点以上の駅弁を写真付きで紹介。合計で1000の駅弁を1冊にまとめた、完全保存版となる究極の駅弁本が登場! 「旅と鉄道」編集部が送る、旅鉄BOOKSシリーズ第26弾は『駅弁大百科』。

  6. 丸紅新電力株式会社と、ノバルス株式会社は、丸紅新電力とご契約中のお客様への「MaBeeeみまもり電池サービス」の提供に向けた協業を開始いたします。

  7. 【令和最新情報!】2年以内に二世帯住宅を建てた1,097人の本音!建ててわかった二世帯住宅のメリット・デメリットとは…!?

  8. 親のことが心配になったら【調査リリース】シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査/介護経験者8割が「介護で子どもを頼りにしなかった」と回答 年間で約10万人が介護離職する時代に、4人に1人が「介護する側」を経験。親の介護にかかった費用は平均で約7万3,000円/月

  9. 58万部突破のベストセラー著者による新展開! 脳と身体の関係を見直して、私たちを取り巻く健康不安を乗り切る「脳」をつくろう! 『「冴える脳」をつくる5つのステップ ゆっくり急ぐ生き方の実践』が発売。

  10. 業界初!一見一般墓に見えて実は樹木葬。短期間でも使用できる賃貸マンションタイプの個室型「樹木葬フラワージュ」が登場! おひとり様でもご家族でもご利⽤いただけます。

  11. 65歳からのお部屋探し専門の賃貸情報サイト【R65不動産】にて、高齢者の入居可能な賃貸物件の掲載地域を、計17都道府県へ拡大。 全国的に高齢者の住宅難民問題の解決へ

  12. 東京23区を中心にデイサービスや訪問看護などの店舗を運営するベストリハ株式会社は、東京都中央区日本橋浜町に「ベストリハ日本橋」を2021年1月4日に開所いたします。中央区にデイサービスを出店するのは初となります。