《コロナの影響で外出や社会との関わりが減っているシニアをサポート》行動力・好奇心を維持し、社会的年齢を伸ばすヒントをまとめた「ソーシャル・エイジ向上アイデア」を公開 <東京大学 高齢社会総合研究機構・未来ビジョン研究センター 教授 飯島勝矢氏 監修>~フレイル予防では「誰かと・地域と・社会とつながり続ける」ことが最も大切~

 近距離用のモビリティとサービスを提供するWHILL株式会社(代表取締役兼CEO:杉江理、本社:東京都品川区、以下WHILL社、https://whill.inc/jp/)は、シニア世代の心と身体の働きが弱くなる状態を指す「フレイル(虚弱、健康な状態と要介護状態の中間の状態)」予防の第一人者である、東京大学教授の飯島勝矢氏監修のもと、シニアの好奇心や行動力を維持し、人や社会とのつながりを広げることで、実年齢に関係なく社会的年齢(ソーシャル・エイジ)を伸ばし、フレイル予防をするヒントをまとめたアイデア集「ソーシャル・エイジ向上アイデア」を2020年10月12日(月)に公開いたします。2020年9月21日(敬老の日)に予約販売を開始し、10月13日(火)からは一部代理店での店頭販売も開始される同社の最新モデル「WHILL Model C2」を活用し、シニア世代の外出や社会参加機会を増やし、社会的年齢を伸ばすことを狙いとしています。

「ソーシャル・エイジ向上アイデア」:
https://whill.inc/jp/wp-content/uploads/2020/10/whill_social_age_B.pdf

「ソーシャル・エイジ向上アイデア」制作の経緯 新型コロナウイルスの影響から、シニアの外出頻度や人との関わり合いが減少することによる、認知症の進行や生活不活発病の発症が懸念されています。今年8月に全国65歳以上の男女を対象に実施した弊社の調査では、34.8%が自粛前後で週5日以上の外出が減ったと回答。さらには観劇・映画を目的とする外出が86.7%、友人・親戚宅訪問も76.1%減少するなど、シニア世代の約7割が緊急事態宣言後において「社会参加の機会」が減少していることが判明しました。
 これらの課題を解決し、フレイル予防やクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献していきたいと考え、近距離モビリティであるWHILLの活用を通じて、シニア世代の外出や社会参加機会を増やし、社会的年齢を伸ばす「ソーシャル・エイジ向上アイデア」を作成いたしました。

参考:【シニア世代におけるコロナ禍の外出・社会参加影響調査】(2020年8月実施)
https://whill.inc/jp/news/28585

■こころもからだも毎日楽しく健康に過ごす6つの「ソーシャル・エイジ向上アイデア」
 「うごく」「たべる」「つながる」「たのしむ」という、フレイル予防における重要な4つのポイントに基づき、ご自身の歩行とWHILLを組み合わせることで、今まであきらめていた場所に足を伸ばすことができたり、近所にある新たな発見を見つけられたり、新しい人付き合いが生まれるヒントをまとめた6つのアイデアをご紹介します。 

毎シーズン見つけた発見を「かんたん俳句」で紹介!毎シーズン見つけた発見を「かんたん俳句」で紹介!

「変化日記」をつけて街探検を楽しもう「変化日記」をつけて街探検を楽しもう

テイクアウトで馴染みのお店を応援!お外で友達とワイワイテイクアウトで馴染みのお店を応援!お外で友達とワイワイ 特に天気の良い日は、外の空気を吸いながらWHILLと歩行を組み合わせて、身体を動かすことがポイント。食事も重要なフレイル予防の一つのため、孤食ではなく「共食」を意識し、複数の人と楽しく食事をして心もおいしくなる工夫を!

見守りボランティアでいつもの横断歩道を「あいさつ道路」に!見守りボランティアでいつもの横断歩道を「あいさつ道路」に!

知識をたくさん集めて「読書朝会」をはじめてみよう知識をたくさん集めて「読書朝会」をはじめてみよう

タイムスリップフォトで大事な思い出に再会タイムスリップフォトで大事な思い出に再会

 ご家族だけでなく、友人や近所の人たちとも交流をし、互いに支え合いながら社会との関わりを保っていきましょう。おうちに一人でこもっていると、心の元気まで奪われてしまいます。時に思い出めぐりをするなど積極的に楽しみも見つけて過ごしましょう。

■「誰かと・地域と・社会とつながり続ける」ことが、フレイル予防に。【監修者:東京大学 飯島勝矢教授】​
 人生100年時代!いつまでも自立して元気にいたい!誰しもがそのような願いを抱くでしょう。そのためにはフレイル予防の考え方が重要であり、なかでも「誰かと・地域と・社会とつながり続ける」ことが最も大切です。
 外の空気を吸いながら一人ではなく家族や友人と共に食事をしたり、これまでの長い人生における良い思い出に、もう一度出会いに行ってみたり、人の役に立つことで生きがいを改めて見つけてみたり、自分の身体が老いてきても、さまざまな手段を活用し、家の外の多くの人やモノと触れ合いましょう。
 また、小回りがきき屋内外の移動もスムーズな近距離の移動アシストも上手く活用すると、日常生活の幅が大きく広がり、おそらく新たな発見、新たな自分に出会えると思います。「ソーシャル・エイジ向上アイデア」監修 飯島勝矢(いいじまかつや)
東京大学 高齢社会総合研究機構 機構長・未来ビジョン研究センター 教授

東京慈恵会医科大学卒業。東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座講師、米国スタンフォード大学循環器内科研究員を経て現職。一億総活躍国民会議 民間議員。専門は、老年医学、総合老年学、特に、フレイル(虚弱)予防のための大規模コホート研究およびシステム構築。

■近距離モビリティ“WHILL”がシニアの外出をより楽しくスマートに。【WHILL株式会社 代表取締役 杉江理】
 “すべての人の移動を楽しくスマートにする”がWHILLのミッションです。
 WHILLは、クルマでも自転車でもバイクでもない、「近距離モビリティ」という新しい移動手段です。この近距離モビリティが、シニアの方々の行動範囲を広げることで、その人自身の可能性をも広げるものであると信じています。
 デザイン性が高く、小回りもきく。分解して車両に乗せて運ぶこともできる。日々の生活の中で自身の歩行とWHILLを組み合わせることで、新たな人とのつながりや発見と出会ったり、ご家族や友人とも可能性を狭めることなく自由に出かけたりすることができる。今回制作した『ソーシャル・エイジ向上アイデア』を参考に、WHILLを活用いただき、探求心や好奇心を伸ばし、シニアの方々の「ソーシャル・エイジ向上」に役立てていただけると幸いです。

WHILL株式会社 代表取締役兼CEO 杉江理
1982年生まれ。静岡県浜松市出身。日産自動車開発本部を経て、一年間中国南京にて日本語教師に従事。その後2年間世界各地に滞在し新規プロダクト開発に携わる。Silicon Valley Business Journal’s 2017が選ぶ40歳以下の経営者40人の一人に選出。

■WHILL株式会社について
WHILL(ウィル)株式会社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中の歩道領域において、近距離移動のプラットフォームを作っています。2012年5月に日本で創業し、現在、12の国と地域で事業を展開しています。パーソナルモビリティとMaaSの二つを事業の柱とし、パーソナルモビリティ事業では、デザインとテクノロジーの力を生かした、近距離用のモビリティとして、WHILL Model A、WHILL Model C、WHILL Model C2をはじめとする製品群を販売しています。
 またMaaS事業においては、一人乗りのモビリティによる近距離移動サービス・システムの提供により、既存の交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を行います。
 WHILL株式会社は、最新モデル「WHILL Model C2」を、2020年9月21日(敬老の日)に予約販売開始し、10月13日(火)からは一部代理店での店頭販売も開始します。シニア世代の外出や社会参加機会を増やし、社会的年齢を若々しく保つことを狙いとしています。

WHILL Model C2WHILL Model C2<WHILLの特徴>
・利便性
日々の生活を便利にする小回り性能や最大5cmの段差も乗り越え可能。

・デザイン性
カラーバリエーションも豊富で自身の気分に合わせて自由に取り換えが可能。

・分解

簡単に機体を分解することができ、セダンタイプの車両に車載可能。


<会社概要>
会社名:WHILL株式会社
住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目1-11 ハーバープレミアムビル 2F
代表取締役兼 CEO:杉江理
創立:2012年5月
事業内容:1. パーソナルモビリティ製品の開発、生産、販売、関連サービスの提供
     2. パーソナルモビリティ製品を使用した移動サービス(MaaS)の提供
従業員数:約200名(グローバル連結ベース)(2020年8月現在)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 産直SNSのポケットマルシェが「東北応援プロジェクト」を始動 「3.11応援商品」の販売や、農家や漁師とつながれるライブコマースを開催 震災から10年、地域貢献など被災生産者の今の想いを伝えるサイトも公開

    東日本大震災から10年を前に、東北生産者の商品を買って応援する「3.11応援商品」を2021年2月17日(水)から販売するほか、農家や漁師とつながれる場として東北の生産者をゲストに迎えたライブコマース等のオンラインイベントを2021年3月6日(土)に開催します。

  2. 【インフルエンザ対策何してる?】自宅の空気環境に気を使っている方は6割と判明…!この冬にオススメしたい対策方法とは…!?

  3. しなやかフィット生地で感動のはき心地 超うす型紙パンツ『リリーフ まるで下着』改良新発売

  4. 施設入居で実家が空き家に。空き家のデメリットや管理について教えてください。

  5. 高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。 〜山村留学やオンライン婚活、SDGsサイトオープンなどの施策を実施〜

    高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。

  6. 株式会社おいしい健康・株式会社ABC Cooking Studio「おいしい健康クッキングプログラム」初のオンライン料理教室1型糖尿病患者さんに向けたカーボカウントセミナー・調理デモレッスンを開催

  7. 生活を支えるための支援のご案内  厚生労働省

  8. 口腔環境のチェックが健康改善につながるかを検証 RIZAPと新たな取り組みをスタート

  9. 【愛宕福祉会】新潟県内初!県営住宅での移動販売(試験実施) 高齢化が進む県営早通南住宅入居者の買い物支援や交流機会を創出 ~地域・福祉・小売り・行政の4者が連携~

  10. 感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始 近所で感染事例が報告された場所や「クラスター」の情報を地図上でピンポイントに確認できるように

  11. 運転中の動作をスムーズに!脳のスッキリ効果にもオススメ!高齢運転者総合応援サイトに「座ってできるドライビングストレッチ」を公開!

    JAFは、高齢者の方々が長く楽しく安全運転が継続できるよう応援する特設サイト「エイジド・ドライバー総合応援サイト」に「座ってできるドライビングストレッチ(体操動画)」を新たに公開しました。

  12. 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを開始して2週間弱。多くのマスコミにもとりあげられ、今や毎回完売の大盛況となっていますが、連日遠方のお客様より、ネットや電話で「〇〇県にも欲しい」など多くのお声をいただいていること、地域で苦しんでいる青果業者様、生産者様を助けたいという根本的な思いから、その声にお応えし、全国各地で販売いたします

カテゴリー

  1. 【ワイン飲むならESOLA(エソラ)でしょ!】毎月10日と20日はESOLA…

  2. 楽しみながら脳を活性化する折り紙のちからも紹介する本『脳が若返…

  3. 源流のせせらぎ、森の紅葉、野花の色に、小鳥のさえずり、黒川温泉…

  4. 移住情報を紹介する特設ページを開設しました!

  5. 【介護ホームに短期宿泊】9月26日(月)~10月2日(日)介護・医療…

  1. 無料相談お申込み

  2. お困りごと解決サービス

  3. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  4. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法