トビラシステムズ、「敬老の日」に向けて高齢者とその家族へ特殊詐欺の注意喚起と対策ポイントを発表 被害者の88.2%が高齢者、接触方法の9割は「固定電話」 トビラシステムズ株式会社

迷惑電話対策サービスを提供するトビラシステムズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:明⽥ 篤、証券コード:4441)は、特殊詐欺被害の88.2%が高齢者(65歳以上)と、4年連続で増加傾向にあることを受け、9月19日「敬老の日」に向けて、高齢者の方々とそのご家族へ、特殊詐欺に関する注意喚起と対策のポイントを紹介いたします。

警察庁の調査によると、特殊詐欺被害者の95.2%が「自分は被害にあわないと思っていた」と回答しており、特殊詐欺被害にあう人ほど防犯意識が低い傾向があります。この機会に自分や身の周りの大切な人の詐欺対策を見直してみてください。

■高齢者の特殊詐欺被害88.2%、狙われる「固定電話」
警察庁の発表によると、2021年の特殊詐欺の認知件数は14,498件、被害額は282億円と、依然高水準で発生しています。同年の特殊詐欺被害のうち高齢者率は88.2%で、4年連続で増加傾向にあります。また、特殊詐欺の犯行の最初に用いられたツールは「電話(88.9%)」が最も多くなっています。親族をかたるオレオレ詐欺では、犯人から被害者への最初の接触方法の97.5%で「固定電話」が使用されています。総務省による情報通信機器の保有状況調査では、20〜30代は固定電話を保有する人が2割以下と減少傾向であるのに対し、60〜80代は8割以上の人がいまだ固定電話を保有しています。固定電話を利用する高齢者は特に、特殊詐欺のターゲットとして狙われています。

また、トビラシステムズの調査では、固定電話着信のおよそ5件に1件が特殊詐欺や悪質営業・勧誘などを含む迷惑電話であることがわかっています。固定電話を利用する高齢者、特に家族と離れて暮らす方は、固定電話をきっかけに特殊詐欺被害にあいやすい状況にあります。

■敬老の日に詐欺対策の見直し、テクノロジー活用で防犯強化を
特殊詐欺は日々発生していますが、自分ごととして捉えている人は少なく、防犯の見直しをする機会も多くありません。トビラシステムズでは「敬老の日」が、身の周りの高齢者の方々に日頃の感謝を伝えるだけでなく、詐欺対策についてコミュニケーションを取る良い機会だと考え、広く呼びかけています。

なお、特殊詐欺は全世代で発生しています。高齢者への一方的な注意だけでなく、ご自身や家族全体で詐欺対策リテラシーを向上させる機会にしてください。

基本的な対策として、電話でお金の話が出たら詐欺を疑い、個人情報やカードの暗証番号などを電話の相手に教えず、一旦電話を切って家族や信頼できる人に相談しましょう。相談できる人が身近にいない場合は、警察相談専用電話(♯9110)や消費者ホットライン(188)などを利用しましょう。

不審な電話に出てしまうと、詐欺師と接点ができ、被害の入口になってしまいます。基本的な対策だけでは完全には防ぎきれないケースに備え、迷惑電話対策サービスなどのテクノロジー活用を併せて行い、不審な電話を根本から遮断して安心・安全な生活を守りましょう。

■迷惑情報フィルタサービスについて
トビラシステムズでは、迷惑電話対策サービスを提供しています。大切な人を守るための防犯ツールとして、「敬老の日」の贈り物として、ぜひご活用ください。

 <固定電話向けサービス>
外付け型迷惑電話対策機器「トビラフォン」のほか、ホームゲートウェイのオプションサービスや専用機器不要のネットワーク型サービスなどがございます。在宅時間が長く、固定電話の利用が多い高齢者やそのご家族に、安心して電話をご利用いただけるサービスです。

固定電話向けサービス:
https://tobilaphone.com/landline/

 

 

 

トビラシステムズ トビラフォン インターネット回線モデル

価格:11,988円  お買い求めは↓↓画像をclick!

トビラシステムズトビラフォンインターネット回線モデル

<モバイル向けサービス>
迷惑電話を自動で警告・拒否する各種モバイルアプリを提供しています。迷惑電話の着信時だけでなく、発信のダイヤル時にも危険をお知らせするため、詐欺被害防止につながります。電話帳に登録していない番号も、トビラシステムズのデータベースと合致する場合は発着信時に事業者名称を表示するので、安心して電話に出られます。
迷惑SMSを検知し、自動で警告表示や迷惑フォルダ振り分けを行う機能を搭載したサービスもございます。フィッシング詐欺の対策としてもご活用ください。

モバイル向けサービス:
https://tobilaphone.com/mobile/

関連記事

  1. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  2. 在宅見守りシステム「まもる~のHOME」とALSOKホームセキュリティの連携で、一人暮らし高齢者の異変にいち早く気付く ALSOKかけつけサービスとの契約で更なる見守り体制の強化を

  3. 養護老人ホームの平均入所率は89.9%。定員を満たしておらず、地域包括ケアシステム下での社会資源が活用されていない現状。養護老人ホームが所在する市町村と所在しない市町村の措置状況にも大きな格差が判明。

  4. いよいよ本格的な猛暑到来! 室内の暑さ対策について熱中症の専門家に聞きました 「暑さを感じにくい高齢者のエアコン使用控えに要注意!」 節電にも気を付けながら快適で健康に過ごす「上手なエアコンの使い方」を紹介

  5. 直営サイト おとなナビ大阪

  6. 認知症あるある噺  いう事を聞いてくれない儀母! おすすめ商品!! 「サッシシマリ」

  7. 帰省シーズンを前に「介護施設入居に関する実態調査」を実施 「お金の管理ができない」「火の始末ができない」等の症状が介護施設入居の検討のきっかけに

  8. ケアマネジャーの探し方、付き合い方 親の事が心配になったら

  9. 無料相談お申込み

  10. コロナ禍で「親のことを考える頻度が増えた」ビジネスパーソンが7割超に  家族コミュニケーション変化に関する自社調査結果を発表

  11. 必ず知っておきたい!介護保険の全知識まとめ

  12. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む 介護の基本と心構え

カテゴリー

  1. 「従来の墓地の申し込みは数年で激減・・・」終活お墓アンケートの…

  2. 【10月1日(土)~10月31日(月)まで】「優待割」開催のお知らせ …

  3. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン!…

  4. ”受けたい医療は自分で決める” 在宅医療の患者さんとクリニックをつ…

  5. 狭山市立堀兼・上赤坂公園にて、株式会社JR東日本びゅうツーリズム…

  1. 親の事が心配になる世代におすすめ おとなナビコミュニティー「お…

  2. 無料相談お申込み

  3. お困りごと解決サービス

  4. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  5. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法