ベストセラ―『男の品格』の著者に認知症宣告‼ 当事者として“老い”と向き合った『ボケの品格 清く、気高く、いさぎよく』が12月24日(火)発売

ベストセラー『男の品格』の執筆で知られる川北義則氏の最新刊『ボケの品格』が12月24日(火)に好評発売。「軽度のアルツハイマー型認知症です」と担当医に宣告された川北氏。自らが認知症当事者として生きる今、高齢者としての生き様から、ボケかたに至るまで、“品格”を最期まで保つコツを語り尽くす。若者から高齢者まで超高齢社会のなかで生き延びるヒントが詰まった1冊となっている。 

84歳になった私はこう考えている。
「ボケたからといって、できることはまだまだある」
速く走れなくなる、瞬発力がなくなる、皺が増える、耳が遠くなるといった現象と同様に、認知症も加齢とともに生じる現象なのだと割り切ることにした。(「はじめに」より)

【目次】
はじめに

ジジババよ!そんなに急いでどこへ行く?
「感情的ジジバババッシング」の問題点 など

「差しつ差されつ」が無理なら「手酌」でもいい
「セックスは現役」をもっとおおらかに語ろう など

ボケても「若者たちに伝えること」はある
「不機嫌ボケ」にならないために など

いくつになっても女性にモテたい
いつまでも男である など
おわりに

【商品情報】
◆商品名 ボケの品格 清く、気高く、いさぎよく
◆著者 川北 義則
◆判型 新書判 変型
◆定価 本体1300円+税
◆発売日 2019年12月24日
◆商品ページ http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198650001

【著者プロフィール】
1935年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。文化部長、出版部長を歴任後、1977年に日本クリエート社を設立。出版プロデューサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などさまざまなメディアに執筆し、著書は100冊を超える。ベストセラーとなった『男の品格』(PHP研究所)のほか、近著に『アランの幸福論』(ロングセラーズ)がある。

 

関連記事

  1. 終末期ケア専門士専用サイト【ココリンク】が3月よりスタート! ~終末期ケアを学び合い、人がつながる場所に~

    終末期ケア専門士は2020年からスタートした日本終末期ケア協会の認定資格です。2021年3月より終末期ケア専門士のための資格更新システム【ココリンク】が本格始動となります。

  2. 絵本で終活が変わる!?国内唯一の相続に関する「絵本」を発刊したワケとは!? ~業界初~ 終活を始める前に家族で読みたい絵本「最高の贈りもの」に業界内外から注目が集まる

  3. スープ作家・有賀薫(ありが・かおる)の最新刊『朝10分でできる スープ弁当』を2019年10月24日に発売いたしました。発売後、好調な売れ行きを維持しており、このたび9回目の重版が決定し、累計10万部突破となりました。

  4. 1分トレーニングで激変!顔が引き上がり、しわが消えるtokko式表情筋トレ! 「1分だけ」「2ポーズ」「道具いらず」で老け感ゼロ!引き締まった顔が実現

  5. 手順はレンジで1度チンするだけ!手軽で美味しく、バリエーションも豊富!著者累計750万部の料理研究家のレシピ本発売!

  6. 仏壇を粗大ごみに?! 現代人の新しい悩み「仏壇じまい」を週刊朝日がリポート 事件から芸能まで2019年振り返り特集

  7. 親ががんになったら、子どもはどうするのが一番いい? がんになった人の気持ちがわかる書籍発売

  8. 一周忌追悼・赤木春恵さん 知られざる母と娘の介護1500日 2019年11月22日(金)『大丈夫、なるようになるから。』刊行

  9. 老いが怖くなくなる本

    老年医学の第一人者が教える、老いとの上手な付き合い方と受け入れる極意。『老いが怖くなくなる本』

  10. 惚れぬいた自身の恋、文学作品の恋、文化人の恋…。84歳の文筆家、下重暁子が恋愛観、人生観を語る『恋する人生』発売

  11. 累計140万部!育児シリーズ『0歳からの教育』の最新章が3/24発売のニューズウィーク日本版に掲載!今回は赤ちゃんと祖父母の関係にフォーカス。孫育ては認知症予防にもなる研究結果も。

  12. 仲が良かったはずの兄妹がモメた認知症の母による遺産トラブルさまざま相続争いの対応法は、これだ! 『プロが教える相続でモメないための本が発売になりました。