マリーナリゾート「リビエラ逗子マリーナ」において、2021年元旦に水平線から昇る朝日を船上から拝む1便限定の「初日の出クルーズ」と、クルージングしながら海から参拝する「初詣クルーズ」を1月1日~3日に開催します。

神奈川を中心に4つのマリーナ事業を展開する株式会社リビエラリゾート(グループ本社:東京都港区、代表取締役社長 小林昭雄、以下リビエラ)は、2020年3月にマリブホテルと日本初上陸レストラン「マリブファーム」が開業し注目を集めるマリーナリゾート「リビエラ逗子マリーナ」において、2021年元旦に水平線から昇る朝日を船上から拝む1便限定の「初日の出クルーズ」と、クルージングしながら海から参拝する「初詣クルーズ」を1月1日~3日に開催します。

  • イベント概要
    <初日の出クルージング>
    日時:1/1(祝・金)
    時間:6:00集合/6:15出港
    料金:大人  10,000円(税込)
       小学生 5,000円(税込)
       未就学児 無料
    予約:https://www.riviera.co.jp/zushi/event/

     <初詣クルージング>
    日時:1/1(祝・金)〜3(日)
    時間:11:00/12:30/14:00
    料金:大人 6,000円(税込)
       小学生 3,000円(税込)
         未就学児 無料
    予約:https://www.riviera.co.jp/zushi/event

「初日の出クルーズ」と「初詣クルーズ」では、ザ・リビエラリゾートクラブ会員が利用できるフランス製豪華「カタマラン」ヨットに乗ることができます。「カタマラン」とは双胴船のことを言い、縦長の二つの船体を並列してデッキ同士を繋いでいることから、揺れが極めて少なく安定して乗ることができます。初めてのクルージングの方にも安心です。

日本有数のマリーナであり、ホテル、レストラン・イベント会場・リゾートマンションも有するリビエラ逗子マリーナは、2020年3月にオープンした「マリブホテル」や日本初上陸した話題のレストラン・カフェ「マリブファーム 逗子マリーナ」をはじめとし、「リストランテAO 逗子マリーナ」、「ロンハーマンカフェ 逗子マリーナ店」といった施設も充実しているマリーナリゾート。それぞれの施設は2021年も元旦から営業しており、クルージングの前後には江の島や富士山を望む開放的なレストランでの食事も可能です。800本もあるヤシ並木はまるで海外リゾートを彷彿とさせ、コロナ禍で年末年始を海外リゾートで過ごすことを諦めた方々も必見。

■背景
例年、海岸には初日の出を見るために多くの人が集まりますが、コロナ禍の今、3が日に出かけるのを悩まれているという声も多く耳にします。しかし、「初日の出クルーズ」は限られた人数だけで、周りは360度海に囲まれた船上というまさに開放的な空間で、新春の初日の出を拝むことができます。「初詣クルーズ」では森戸神社を目指して船を進めると、葉山あたりで岩の島と灯台が見えてきます。この灯台はヨットマンだった故石原裕次郎氏の三周忌を記念して兄の慎太郎氏が基金を募って建てられた、葉山灯台(別名:裕次郎灯台)です。その後ろに、珍しい海に浮かぶ森戸神社の赤い鳥居も見えてきます。森戸神社に向かって手を合わせ、船上から初詣をすることができます。晴天率が高く空気も澄んでいる冬は、一年の中でも特に富士山が綺麗に見える時期です。大自然を全身で感じ、心豊かに新年を迎えられる【リビエラ逗子マリーナ】の期間限定クルーズは12月31日(大晦日)の15時まで受付可能です。

■リビエラ逗子マリーナについて
日本有数のマリーナとして1971年に誕生した敷地面積5万坪の『リビエラ逗子マリーナ』は、ヨットハーバー、レストラン(3店舗)、イベント会場、バンケット(5会場)、マンション(9棟1,260戸)、チャペル、テニスコート(4面)等の施設を有する、リビエラグループが神奈川県逗子市で展開するマリーナリゾートです。都心から約60分の近距離にあり、湘南の海に囲まれ大海原の向こうに富士山を望む抜群のロケーションを備え、ロケ地としても有名です。全11室のスモールラグジュアリーホテル『マリブホテル』と、日本初上陸となるレストラン『マリブファーム』が新たに加わり、新しいステージのマリーナリゾートへ生まれ変わりました。2006年から「リビエラ未来創りプロジェクト」の一環として、「エコロジータウンリビエラ逗子マリーナ」を掲げて街づくりに取り組み、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。
公式URL:https://www.riviera.co.jp/zushi/

■株式会社リビエラリゾートについて
リビエラリゾートは、「リビエラ逗子マリーナ」、「リビエラシーボニアマリーナ」、「下田ボートサービス」において、ハーバー運営や舟艇販売を含めたマリーナ事業を神奈川県と静岡県で展開しています。さらに、高級プレジャーボートの会員制クラブ「ザ・リビエラリゾートクラブ」運営、リゾートマンションを中心とした不動産販売や管理事業を手掛け、神奈川県より葉山港の指定管理者も委託されています。また、事業展開と同時に「リビエラ未来創りプロジェクト」を通して、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. お孫さんとたのしめるボードゲーム『キャッシュフロー・フォー・キッズ』

  2. 入園祝いにおすすめ!一生のたからもの

  3. 【調査レポート】2021年の成年後見制度申立件数は増加。しかし普及率は低迷続く

  4. 2020年、認知症高齢者が保有する資産は“約250兆円” 高齢化の進展に伴い、2040年には“約345兆円”に

  5. 母の日に、あなたしかつくれない贈り物を贈ろう。 スマホの中の写真や子供の絵が、オリジナルの革の時計に。 3月24日から「母の日デザインコンテスト」を開催します。

  6. 大人気書籍『認知症世界の歩き方』発!認知症への知識を深め、腕試しができる「認知症世界の歩き方検定」をリリース。

  7. ーノーマルな四国巡礼の楽しみ方を提案!Zoomで体験する「オンライン遍路」は2022年2月4日(金)初開催(2022年1月21日受付〆)

  8. 2月8日、トークセッション「遠距離介護を支える、未来型”保険外介護サービス”とは?」(オンライン)を開きます。保険医療・介護制度では遠距離介護は行いづらい現状と、それを補う「保険外介護サービス」の意義について現場の声を盛りだくさんで聴けるセッションです。

  9. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  10. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子