世代を超えて、地域コミュニティを支える地方のシニアたち。頼りにされること、人とのつながりが活力に。<花王 生活者研究センター調べ>

 2010年に超高齢社会に突入した日本は、その後も高齢化率が上昇し続け現在に至っています。平均寿命だけでなく、健康寿命においても世界で常に上位にランキングされる日本のシニア世代。花王株式会社「生活者研究センター」(※1)では、2015年から継続して地方に暮らす人々の日々の生活を調査。2016年に報告した、くらしの現場レポート『「見えるつながり」を大切に 家族と地域のおもいを引き継ぐ学生たち』に続き、いきいきと活動する地方のシニアの暮らしに注目しました。家族だけではなく、世代を超えて地域の人々とつながり合い、地域も支えて暮らしている姿がありました。

【主な調査結果のポイント】
●子ども世代を支え、頼りにされる地方のシニア世代
●世代を超えてつながり、地域コミュニティを支える~日常の暮らしとそのおもい~
●不便を感じても、自分が「今できることでお互いが支え合う」

●子ども世代を支え、頼りにされる地方のシニア世代
 調査で訪れたエリアのシニア世代は、自らの生活にくわえ、彼らの子ども世代の日常を支えながら暮らしていました。自分たちもかつて親世代に助けてもらった経験から、同居・別居にかかわらず、共働きの息子や娘世帯の食事の支度や洗濯、孫の送り迎えなどを当たり前のように自分の役割としてこなしていました。子ども世代からは、感謝され、そして頼りにされる存在になっていました。ときには親子の間で面倒なことがあっても、日々会話を交わし、一緒の時間を過ごし、お互いに家事や暮らしの情報をやり取りしながら、深く関わり合い、支え合って暮らしていました。

 世代間における読者アンケートでも、子ども、孫世代が祖父母に食事の面倒をみてもらったり、送り迎えをしてもらったといった、日々の暮らしを通した祖父母との関わりがみられ、シニア世代に対する感謝の気持ちや、懐かしい思い出などの言葉が多く寄せられました。また、シニア世代からは孫との何気ない会話や、頼りにされること、身体の心配をしてくれることなど、若い世代に対して嬉しい気持ちも感じていました。

●世代を超えてつながり、地域コミュニティを支える~日常の暮らしとそのおもい~
 家族を支えるだけでなく、行事をはじめ、民生委員、自治会、婦人会など、地域の活動の中心にいるのもシニア世代でした。町内会での旅行を企画したり、その地域で受け継がれ伝統文化となっている踊りを小学校に教えに行ったりと幅広く活躍していました。世代を超えて人々とつながり、地域コミュニティを支える役割を担っているようです。買い物をするのも「地域にお金を落としたいから」と、近場や知り合いの店で購入するなど、地域へのおもいが感じられました。そうした見知ったつきあいのなかで「人に会わない日はないから、毎日お化粧をする」と、髪型やおしゃれを楽しみながら、身だしなみに気を遣う姿もみられました。

●不便を感じても、自分が「今できることでお互いが支え合う」地方の暮らし
 少子高齢化や過疎化、特に地方では交通手段の減少など、深刻な社会問題があります。調査エリアでも、地域の過疎化や買い物問題など、シニア世代はこの先の生活の不便や不安を意識して過ごしていました。なかには「これから先、車の運転ができなくなったら、みんなで一緒にタクシーに乗って買い物に行こうね」と話し合った、という声もありました。また、メイク品を共同で購入するなど、今できることで協力し合っていました。「気が合う人と仲が良いのは当たり前。気が合わない人とも仲良くすることが大事」と、支え合うためにコミュニティを大切にして、深くつながり合う様子がみられました。

 家族をサポートするだけではなく、住む地域においても今の暮らしを続けていけるように、コミュニティの活動をうまく回そうとがんばるシニア世代。そうした役割を持ち続け、日々コミュニケーションを交わし合うことが、元気に過ごせる力の源になっているようでした。これから先、買い物や移動で不便なこともあるだろうと感じながらも、今自分たちにできることをやり、自分たちで解決していこうというおもいが感じられました。シニア世代の暮らしに対する前向きなおもいや、次世代を支え暮らしをつないでいく姿は、こころ豊かな毎日に大切なことは何かを考えさせてくれます。

【調査概要】
「地方のくらし研究 シニア世代の人づきあい・買物・情報について」
◎2015年3月~2018年2月/家庭訪問インタビュー/茨城県日立市・福井県福井市・長野県長野市・
京都府福知山市・兵庫県豊岡市・鳥取県鳥取市・鳥取県八頭町・宮崎県日南市在住/13世帯(22人)

「世代間で嬉しかったこと、感謝、感動するような出来事」
◎2018年8月/インターネット調査/くらしの研究』読者/9,239人

詳しくは以下URLをご確認ください。
▶ くらしの研究「くらしの現場レポート」
www.kao.co.jp/lifei/life/report-49/?cid=lifei_prtimes20181211a
www.kao.co.jp/content/dam/sites/kao/www-kao-co-jp/lifei/report/pdf/49.pdf
(2018年12月掲載)

■「地方にある暮らしの知恵や資源を、次世代につなぐ」
日本各地を巡り、90歳前後の方々へのヒアリングを続けている古川柳蔵先生へのインタビュー記事も紹介しています。地方にある先人の知恵から次世代に伝えていく取り組み、持続可能なライフスタイルを見つけるために必要なこととは?

▶ くらしの研究「達人コラム」 www.kao.co.jp/lifei/life/column-48/

※1 花王株式会社「生活者研究センター」 www.kao.co.jp/lifei/about/?cid=lifei_prtimes20181211b
 「生活者研究センター」では、花王グループの使命である「よきモノづくりを通じて人々の豊かな生活文化へ貢献すること」の実現をめざし、生活者ひとりひとりの暮らしを見つめた生活者研究を行っています。生活現場での観察と対話を重ねながら、行動に表れない本音、説明できないこだわりなど、行動の裏にひそむ「おもい」まで読み解いて、課題を発掘し、商品やコミュニケーション開発に活かすとともに、生活者研究のウェブサイト、花王「くらしの研究」から、広く社会に発信しています。

花王「くらしの研究」 www.kao.co.jp/lifei/?cid=lifei_prtimes20181211c

関連記事

  1. 「メイドインジャパンの和紙マスク」を発売 〜何度も洗って使える、ウォッシャブル仕様〜 4月上旬より順次発送開始 3月15日(日)本会員メルマガ登録者の先行予約開始、3月16日(月)一般予約開始

  2. これからの寒い季節は要注意! 高齢者が安心して住める家とは? 『寒い住宅の健康リスクを知ろう!高齢者が安心して住める家』その内容をご紹介いたします

  3. オリィ研究所、距離を超えて会いたい人に会える分身ロボット「OriHime」の個人向け版のレンタルキャンペーンを4月20日(月)から開始 遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」の個人向け仕様となる、OriHime-Lite版のキャンペーンを開始

  4. 「抹茶」を通じて認知機能に関する課題解決に挑む 「ITO EN MATCHA PROJECT」始動 日本初“認知機能の精度を高める”機能性表示食品の製品開発など多角的な活動を展開

  5. 高齢者へヒートショック対策を呼びかけ!「STOP!ヒートショック」プロジェクト啓発活動拡大中 株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ、一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟と協力

  6. 大人気のレシピ内蔵タイプの電気圧力鍋、時短を極めたクックフォーミーからミニサイズの「クックフォーミー 3L」が登場!

  7. 「新型コロナmRNAワクチン」について、イラストを用いて解説をします。ワクチンの特徴、接種、そして疑問点へ応える内容からなり、配色も青系にして落ち着いて読める素材としています。

    新型コロナウイルス感染症予防接種の正しい知識を、国立大学法人千葉大学医学部附属病院感染症内科の谷口俊文先生および株式会社Smart119中田代表の監修により、わかりやすい一枚のマンガにまとめて一般公開しました。自由に配布・利用していただくことが可能です。

  8. 「歳は彩り、そして才能」超高齢化、超長寿化社会に新たな価値観を!ファーストミッションは「マイクロ出版」 100ページ6万円以下で「マイクロ出版」。出版をスマートエイジが活躍できるフィールドに。

  9. 株式会社 銭湯ぐらし、“おうちで四季の入浴体験”を提供する「おふろの素 定期便」を小杉湯さんと始めます。 月に一度、その季節にぴったりなお風呂のもとをお届け。開始を記念し、先着20名様限定で素敵なおまけも同封します。

  10. 和む菓子屋「なか又」「和む菓子屋だからできること」 【コロナに対するおうち時間】を応援する3つの取り組みと、店舗での安心・安全へのオペレーションの徹底を実施します。

  11. <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

    <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

  12. 産直SNSのポケットマルシェが「東北応援プロジェクト」を始動 「3.11応援商品」の販売や、農家や漁師とつながれるライブコマースを開催 震災から10年、地域貢献など被災生産者の今の想いを伝えるサイトも公開

    東日本大震災から10年を前に、東北生産者の商品を買って応援する「3.11応援商品」を2021年2月17日(水)から販売するほか、農家や漁師とつながれる場として東北の生産者をゲストに迎えたライブコマース等のオンラインイベントを2021年3月6日(土)に開催します。