予防医療の検査サービスを展開している株式会社プリメディカは、Prodrome Sciences Inc.との提携を強化し、PSIが新たに開発した、アルツハイマー型認知症の発症リスク検査「Prodrome-AD」を2021年6月1日より提供開始します。

1.背景と目的

 高齢化の進展に伴い、認知症患者は今後ますます増加していくと推定されています。厚生労働省の発表によると、日本の認知症患者は2012年時点で約462万人、高齢者(65歳以上)の約7人に1人と推計されており、2025年には約730万人、高齢者(65歳以上)の約5人に1人が認知症になると予測されております。
 認知症はもの忘れや記憶障害、今まで日常的にできていたことが少しずつできなくなるなどの症状が伴います。(※1)  医療技術の進歩とともに平均寿命が延伸している日本において、認知症の予防、早期発見への取り組みは非常に重要なテーマです。

※1:厚生労働省「認知症施策の総合的な推進について」より


 2.「Prodrome-AD」について
 認知症にはいくつかの種類があり、日本人に最も多いのは「アルツハイマー型認知症」で、認知症患者の約7割を占めております。本検査は、アルツハイマー型認知症の発症リスクを評価する血液検査です。認知機能の低下との関連性が確認されているプラズマローゲンという物質の血中濃度を測定し、アルツハイマー型認知症の発症リスクを評価しています。
 プラズマローゲンはリン脂質の一種で、脳に多く存在し、認知機能において重要な役割を果たす物質です。認知症患者は健常者と比較して、血中プラズマローゲンが有意に減少していることが研究で明らかになっております。アメリカで行われた1,672人を対象とした大規模研究にて、プラズマローゲンの減少がアルツハイマー型認知症・認知障害・脳脊髄液タウたんぱく質と関連を示していることが明らかとなっております。(※1) また、日本においても、アルツハイマー型認知症の可能性の高い80名と認知障害のない健常者80名で比較したところ、アルツハイマー型認知症の可能性の高い群は、血中プラズマローゲンの量が有意に減少していることが確認されました。(※2)
 本検査では血中プラズマローゲンの量が標準域とどれくらい乖離しているかを測定し、低リスク・中リスク・高リスクの三段階で評価します。血中プラズマローゲンの量を測定することで脳の疲労度を把握し、認知症の予防、早期発見につながることが期待できます。

※1:Mitchel A. Kling,[2020] Circulating ethanolamine plasmalogen indices in Alzheimer’s disease:Relation to diagnosis, cognition, and CSF tau
※2:Dayan B Goodenowe, [2007] Peripheral ethanolamine plasmalogen deficiency:a logical causative factor in Alzheimer’s disease and dementia
 


報告書サンプル:

3.今後の展開と取り組みついて
 当社とPSIは既に、「Prodrome-AD」以外にもすい臓がん発症リスク検査「Prodrome-PAC」、大腸がん発症リスク検査「Prodrome-CRC」を提供しております。
 今後も死亡率が高い、患者数が多い、医療費負担が重い、あるいはQOLが著しく低下する、といった疾患を予防していくための検査サービスを提供し、病気のリスク検査から始まる新しい医療を、医療機関をはじめさまざまなステークホルダーと共に推進してまいります。

すい臓がん発症リスク検査「Prodrome-PAC」について:
https://www.premedica.co.jp/project/prodorome-pac/
大腸がん発症リスク検査「Prodrome-CRC」について:
https://www.premedica.co.jp/project/prodorome-crc/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社プリメディカ
担当:佐藤(事業企画部)
MAIL: mar@premedica.co.jp

■会社概要
社名: 株式会社プリメディカ
本社: 東京都港区芝公園2丁目3-3 寺田ビル 5階
設立: 2010年7月
代表: 富永 朋
事業内容: 予防医療事業、最先端医療の研究開発事業
企業URL : https://www.premedica.co.jp/

社名: Prodrome Science Inc.
本社: 40880 County Center Drive, Suite R Temecula, CA 92591, USA
代表: Dayan Goodenowe
事業内容:疾患の早期発見と予防を目的とした測定解析と治療方法の開発
企業URL : https://www.prodromesciences.com/

↑認知症の記事一覧

http://otonanavi.info/topics/%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%82%92%e3%83%8a%e3%83%93/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87/

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2021年9月1日(水)から10月31日(日)の期間、全国のメガネのアイガン店舗にて「補聴器・聞こえの相談会」を開催します。 「補聴器・聞こえの相談会」は、加齢によっておこる難聴に不安を感じている方を対象に、補聴器について気軽に相談できる場を知っていただくことを目的としています。

  2. 一般社団法人供養の日普及推進協会は、 2021年の「供養の日」に合わせ、 国立歴史民俗博物館で行った座談会の動画を2021年9月4日(土)0時に公開しました。

  3. 足の関節を無理に曲げることなく軽い力で歩ける「ローリングアシスト®機能」を搭載した元気なハイシニア女性向けシューズ「ウェルル®」を靴専門店、百貨店、ムーンスターオンラインストア等で2021年8月下旬より順次発売しています。

  4. 食べログ大分県ランキング1位のすっぽん専門料理店『料亭やまさ』が、「敬老の日キャンペーン」を実施します!健康と美容に嬉しいコラーゲンたっぷりの「すっぽん鍋」と大分県産の有機栽培「緑茶」のギフトセットを作りました。「いつまでも元気でいてほしい」と想い込めて、大切な方へお贈りしてみてはいかがでしょうか。

  5. 時節柄、お葬式に参列できなかった方の弔いの機会に。0円で利用可能 / 葬想式

  6. 【新開発】椅子に座って行える「声ヨガ体操」がDVDで登場! withコロナ時代の高齢者フレイル予防と健康寿命の延伸に

  7. 離れて暮らすご両親や一人暮らしの高齢者をそっと見守ります高齢者みまもりサービス「まもりこ」の販売を開始

  8. 歯にも寿命があった?!いつまでも“健口”でいるために、今からやっておきたいこと『人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則(ルール)』8月27日(金)発売!

  9. 認知症予防にはこんにゃく由来グルコシルセラミドが効果的

  10. 90歳現役フィットネス・インストラクターのタキミカさんと一緒に、レッツ「すわトレ」!高齢者の介護予防に向けたトレーニングプログラムを開発

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子