仏壇を処分する手順とポイント

ご自宅に仏壇はありますか?

様々な理由で、仏壇を処分せざるを得ないケースも増えているようですが、
処分する場合、何に注意しなければならないのか、どのような方法があるのかを知っておくことはとても大切です。

魂抜き・お性根抜きのお布施の相場は、10,000~50,000円くらいです。この範囲でできる限りのお気持ちを示せばよいということになります。
「実際はいくらしたらいいか決められない」という方は、お布施30,000円プラスお車料(5,000円)=合計35,000円程度が無難です。
もちろん、これは絶対ではありません。寺院の格や宗派によっても相場は上下します。お布施には定価がないので、本来はあなたが自由に決めてよいものです。

お仏壇処分の流れとして

1.開眼供養(かいがんくよう)が行われたか確認します
魂をお仏壇に入れることを「開眼供養」と言います。   
開眼供養を行っていた場合、流れの2番、3番が必要になります 。

2.菩提寺に連絡をします
開眼供養を施していた場合に閉眼供養を施して頂く必要があります。

3.閉眼供養を行います
古いお仏壇に開眼供養を施していた場合、魂を抜く儀式として必要となります。

4.古いお仏壇を運び出します
古いお仏壇を運び出します。

5.古いお仏壇を処分します
古いお仏壇を処分します。

お仏壇を処分する方法として、大きく分けて4つの方法があります

①お寺に引き取ってもらう方法  宗派や檀家によって異なるため、菩提寺に確認が必要です。基本的には有料で、 費用が菩提寺によって異なるため確認してください。

②仏具店にお願いする方法  多くの仏具店では、仏壇を販売するだけでなく、仏壇の処分引き取りサービスも行っています。また、仏具店のなかには閉眼供養から処分までを一括で行ってくれるところもあります。古いお仏壇を引き取り、新しいお仏壇の購入金額を
割り引いてくれることがあります。購入の時に相談してみましょう。


③専門業者にお願いする方法  業者に処分を依頼する場合、魂抜き、お性根抜きから全てお願いする場合と
処分のみをお願いする場合があります。また、お願いする業者も、仏具専門店など、仏具を取り扱っている会社にお願いする場合と処分専門の業者にお願いする場合があります。 

自治体の粗大ゴミにお願いする方法  お住いの自治体にご確認ください。


お仏壇の処分方法や移動方法について説明してきました。
初めてお仏壇を処分するとき、後ろめたい気持ちになってしまうことがあるかと思いますが、きちんと閉眼供養を執り行った上での処分であれば、何も問題ありませんので、安心して処分して大丈夫です。

大切なご先祖様が過ごして来られた場所です。
新しいお仏壇で気持ちよく過ごして頂くためにも、処分するときにも最後まで、
感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

関連記事

  1. 最近感じる親の老化…どう対処したらいい? 

  2. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  3. 親の熱中症が心配 エアコンが嫌い!!

  4. 葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」は、2022年3月に実施した「第5回お葬式に関する全国調査(2022年)」の調査結果を発表

  5. Q 親が家で転んで足を骨折してしまいました。どこに何を相談したら良いのかがさっぱりわかりません。 どこにどういうふうに相談をすればいいのでしょうか?

  6. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることはもっと苦しい。 どうぞ、ご相談ください。

  7. 東京海上日動あんしん生命が、ファミトラの家族信託サービスの提供を開始! 〜各種保険の付帯サービスとしてご提供、介護や認知症の不安に寄り添う家族信託を取り扱い〜

  8. 身元保証などの高齢者サポートサービスをめぐる契約トラブルにご注意

  9. 「終活」の認知度は95%と高いが、実践している人はわずか7%。 今はしていないが「終活をしたいと思っている」人は、約6割存在。 コロナ禍をきっかけに1割を超える人が「終活への考え」に変化。

  10. お困りごとの相談先 一覧

  11. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行キャットハンド

  12. 親の保険ってどうなってる?  高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子