何歳からが「シニア」? 意識と行動からシニアの定義を読み解く 男女共に60代から健康に対する意識がさらに高くなり、行動の変化がみられる

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、一都三県、二府二県の40~70代男女に「意識・行動からみるシニアの定義」に関する調査を実施し、その結果を6月30日に公開しました。
※調査日は2020年6月18日(木)~6月22日(月)です。

【 調査結果 】
「シニア」という言葉がありますが、その定義は非常に曖昧なものです。一般的には、世界保健機構(WHO)が定義する65歳以上の人を「シニア」と捉える傾向にあるようです。
ですが、「シニア」を年齢によってひとくくりにしてしまって良いのでしょうか?エリアでの違いはあるのか?
本調査において、東西での差異を比較し、日常の意識や行動について40代~70代における境界線を探り、「シニア層」の再定義を図ります。

< トピックス >

  • 女性の方が健康意識は高いが、60代を境に意識がさらに高くなる。
  • 男女共に60代から健康に対する行動の変化がみられる。
  • 女性は関西より関東の方が、流行や情報の感度が高い

< 健康意識 >
Q,健康について、あなたの意識していることで該当する項目をそれぞれひとつずつお知らせください。
(それぞれ1つずつ選択)<TOP2>

■女性は関西に比べ、関東で健康意識が高い
女性の方が健康意識は高いが、60代を境に意識がさらに高くなる。
また、女性は東西で差がみられ、関東の方が関西よりも健康意識は高いが、特に女性での東西差が顕著。

健康意識健康意識

< 健康行動 >
Q,健康について、あなたの行動で該当する項目をそれぞれひとつずつお知らせください。
(それぞれ1つずつ選択)

■60代で人生の充実度にギャップが生まれる

男女共に60代から健康に対する行動の変化がみられる。
また、男女ともに徐々に趣味や生きがいをみつける傾向にあるものの、60代で男女差が大きくなり、人生の充実度に大きなギャップが生まれる。

健康行動健康行動

< 流行感度 >
Q,流行について、あなたの考え方や行動で該当する項目をそれぞれひとつずつお知らせください。
(それぞれ1つずつ選択)<TOP2>

■女性は関西に比べ、関東の方が流行や情報に敏感

40代を境に、広告に影響されにくくなり、気になることは調べる習慣を持つようになる。
しかし、流行に疎く、SNSの活用にも弱い世代といえる。
また、女性は関西より関東の方が、流行や情報の感度が高い。

流行感度流行感度

【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/ex202006senior_definition/
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・健康意識
・健康行動
・金銭面
・流行感度
・ITリテラシー
・メンタル面

【 調査概要 】
調査名  :意識・行動からみるシニアの定義
調査対象者:男性、女性/40~70代/一都三県、二府二県
有効回答数:600サンプル
割付   :地域、性別、年代で均等割付
調査期間 :2020年6月18日(木) ~6月22日(月)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)へ入居をご希望される方等に、自宅や遊休不動産の査定・売却、有効活用等に関する不動産ソリューションサービスの提供を3月1日より開始します。

     ハウスドゥの連結子会社である株式会社ピーエムドゥは、株式会社ジェイ・エス・ビーと提携し、同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅へ入居をご希望される方等に、自宅や遊休不動産の査定・売却、有効活用等に関する不動産ソリューションサービスの提供を3月1日より開始します。

  2. 「ワタミの宅食」がミールキットの宅配を本格スタート コロナ禍によるデリバリーニーズの高まりに対応

  3. 「人生100年時代」……コロナ禍、五輪延期、高齢化で増え続ける社会保障費という現実を前に、老後資金はいったい、いくらあれば安心なのでしょうか。年金・保険・介護・住まい・医療・終活ほか、定年後に自分らしく豊かな人生を送るための手助けになる1冊です。

    老後資金はいくらあれば安心なの?人生を助ける一冊『定年後からのお金と暮らし2021』発売中!

  4. V2 TOKYO 港区限定お買い物代行ボランティア 日用品のお買い物代行ボランティアを開始します。

  5. 株式会社フジドリームエアラインズは、割引運賃『みんなでシニア割』の対象年齢を2020年12月5日(土)以降のご搭乗分より現行の『満65歳以上』から『満60歳以上』に変更します!

  6. マッチングサービスで介護人材不足を解消、スキマ時間で高齢者サポートを仕事に 〜第18回ベンチャーカップCHIBAで優秀賞受賞、千葉市内でサービス提供開始〜

  7. 家事代行で無料「アルコール除菌」オプションが登場【ピナイ家政婦サービス】 住居内の気になる箇所、アルコール除菌いたします

  8. 「在宅介護サービス市場調査レポート」を発表しました。これは、成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、在宅介護サービスの脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てています。

  9. 全国の40歳~59歳と60歳以上の働く男女1000人に聞いた「2020年シニアの仕事に関する調査」 60歳からの理想の雇用形態、「正社員」人気が続く一方雇用形態にこだわらない考えが増加!?勤務先に「給与」を求めるも40歳~59歳は約9割で過去最高に。仕事満足度は2018年に比べて増加!

  10. 【福井県越前町】宿泊が4,000円引き!越前町プレミアム宿泊券「カーニバルクーポン」を7月1日(水)より販売します。 がんばろう福井県!元気です越前町!

  11. コロナ禍で失業・減収のシニアを最大10名採用、非対面の営業職を募集 シニア専門人材紹介のシニアジョブが自社採用でも困窮シニアの救済を発表

  12. ホームシェフの出張サービスを提供する株式会社シェアダインとタイアップし、ブレインパフォーマンスのセルフチェックツール「のうKNOW TM」と脳の健康を気遣った新しい「食」のコラボレーション企画を2020年9月16日より開始します。