健康長寿をめざすためのスマートフォンアプリ「社会参加のすゝめ」をリリース!

要介護や認知症の予防につながる「社会参加」を、アプリで測れる・変われる・楽しめる

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、健康長寿の実現を目的としたスマートフォンアプリ「社会参加のすゝめ」*1を正式リリースし、App StoreおよびGoogle Play™から無償での提供を開始します。 日々の生活の中で、「外出する」「地域や趣味の集まりに参加する」「友人に会う」など、人と交流する行動を総称して「社会参加」と呼びます。この社会参加が活発な人ほど、要介護認定を受けたり、認知症を発症したりする割合が小さくなることが日本老年学的評価研究機構(以下、JAGES機構)の調査で明らかとなっており、健康長寿を実現するためには、運動や食事などのケアに加え、社会参加をすることが重要です。
 本アプリは、スマートフォンを持ち歩くだけで、利用者の社会参加の度合いを自動で測定し、レポートやグラフなどで確認できるほか、健康長寿の秘訣や社会参加に関する正しい知識を分かりやすく紹介したコラムを配信するなど、利用者は楽しみながら社会参加のきっかけを作ることができます。
 日立は本アプリを通じて、一人ひとりに合った社会参加の方法を見つけ、選択でき、人や社会とつながることで、「人生100年時代」を楽しく、豊かに生きられる健康長寿社会の実現を支援します。
*1 「社会参加のすゝめ」は日立の登録商標です。
ニュースリリース(2022年2月15日発表) 「シニアの「社会参加」を促し、介護予防を支援する新事業を立ち上げ」  
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2022/02/0215.html

■アプリの開発背景
 少子高齢化が進む中、シニアの健康でイキイキとした生活をサポートするサービスや商品のニーズが高まっています。日立は、JAGES機構が長年の調査により明らかにした社会参加状態と要介護認定との関係に着目し、デジタルを活用して社会参加の度合いを測り、介護予防の支援につなげる仕組みを開発しました。本アプリのローンチに先立ち、約90名のシニアにテスト用のアプリをインストールいただき、約4か月間データを計測しつつ実証参加者に社会参加を促す情報提供を行ったところ、一定の割合で社会参加が活発化したことが確認できました。

■アプリの特長
1. 測れる:スマートフォンを持ち歩くだけで、社会参加の状態を自動で計測

 本アプリをダウンロードしたスマートフォンを持ち歩くことで、GPSや加速度センサーなどの情報を自動的に計測します。計測結果を日立のデータ活用のノウハウを通じて社会参加に関連する指標に置き換えることで、利用者の社会参加状態を評価し、日々どのくらい活動的に過ごしているかをレポートやグラフで確認することができます。

2. 変われる:ランク制度やイベント案内機能で、社会参加のモチベーションを向上

 毎月一回配信される社会参加レポートでは、一ヶ月間のまとめや、社会参加度合いに応じたランク(「達人」「師匠」「上手」「駆け出し」の4ランクに分類)を確認することができ、自分のレベルに合わせてより健康的に過ごすために必要なアドバイスを受けることができます。
 また、招待コードを入力することで、特定コミュニティに参加することができ、お住まいの自治体が主催するイベントや、趣味のサークルなどの案内を随時アプリ内で確認するなど、社会参加の輪を広げることが可能です。

3. 楽しめる:隙間時間にコラムで学習、日々の記録は日記代わりに

 JAGES機構のさまざまな研究結果を分かりやすく紹介したコラムを定期的に配信し、利用者は楽しく簡単に健康長寿や介護予防に関して学習することができます。
また、行動記録などの社会参加の状態は地図やタイムラインでも確認することができ、写真やメモを紐づけることで日記のように使うことも可能です。

 なお、「社会参加のすゝめ」で取り扱う利用者の個人情報は、「社会参加のすゝめ」に関する個人情報の取扱いおよび株式会社日立製作所プライバシーポリシーに則り、アプリの利用自体と、他団体(自治体、企業など)とのデータ連携の各段階でそれぞれ本人同意を得て、安全に取り扱います。

■今後の展開
 シニアが生活の中で社会参加をするきっかけに多く出会い、健康かつ便利に生活できる手助けができるよう、連携パートナーを募っています。また、利用者だけでなく、その家族やサポーターなどが安心して使えるスマートフォンアプリをめざし、見守り機能やスポットチェックイン機能などの改良も進めていきます。

■アプリ概要

名称:「社会参加のすゝめ」
価格:無料
対象OS:iOS 14.0以降/Android 7.0以降
Apple Store:https://www.hitachi.co.jp/ShakaiSanka-no-SUSUME/AS
Google Play™:https://www.hitachi.co.jp/ShakaiSanka-no-SUSUME/GP

■「社会参加のすゝめ」Webサイト
https://www.hitachi.co.jp/finance/ShakaiSanka-no-SUSUME/

■商標注記
・App Storeは、Apple Inc.の登録商標または商標です。
・Google Play™は、Google LLCの登録商標または商標です。

■日立製作所について
 日立は、データとテクノロジーでサステナブルな社会を実現する社会イノベーション事業を推進しています。金融・官公庁・自治体・通信向けITサービスやお客さまのDXを支援する「デジタルシステム&サービス」、エネルギーや鉄道で脱炭素社会の実現に貢献する「グリーンエナジー&モビリティ」、産業流通、水インフラ、ヘルスケア、家電・空調システム、計測分析システム、ビルシステムなどの幅広い領域でプロダクトをデジタルでつなぐ「コネクティブインダストリーズ」と、自動車・二輪車の分野で先進技術を提供する「オートモティブシステム」の事業体制のもと、ITやOT(制御・運用技術)、プロダクトを活用するLumadaソリューションを通じてお客さまや社会の課題を解決します。グリーン、デジタル、イノベーションを原動力に、お客さまとの協創で成長をめざします。2021年度(2022年3月期)の連結売上収益は10兆2,646億円、2022年3月末時点で連結子会社は853社、全世界で約37万人の従業員を擁しています。
 詳しくは、日立のウェブサイト( https://www.hitachi.co.jp/ )をご覧ください。

■お問い合わせ先
株式会社日立製作所 金融システム営業統括本部 [担当:松浦]
〒100-8220 東京都千代田区丸の内一丁目6番1号
お問い合わせフォーム:https://www.hitachi.co.jp/finance-inq/

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 困りごと解決 草むしり(手作業)

  2. お困りごとを解決ナび 各相談窓口の特徴

  3. お困りごとを解決ナビ 家事代行

  4. お困りごとを解決ナビ

  5. お盆前に、介護・認知症対策の家族信託が学べるセミナーを無料で開催!

  6. 親の事が心配 不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、高齢者向け空き家管理サービス「ご実家管理サービス」を提供開始 

  7. カフェコムサは毎月3日がミルクレープの日!7月はメロンをふんだんに使用したミルクレープが登場

  8. インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

  9. 協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

  10. 老年医学の第一人者が教える、老いとの上手な付き合い方と受け入れる極意。『老いが怖くなくなる本』

  1. 協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

  2. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  3. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  4. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  5. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  6. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  7. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  8. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  9. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子