地域密着型である日本初「訪問型買い物代行サービス」を展開するコンプラス株式会社は茨城県日立市のテスト運用期間を経て本格始動を開始します。

 地域密着型である日本初「訪問型買い物代行サービス」を展開するコンプラス株式会社(本社:茨城県日立市、代表取締役:佐藤みどり、以下「コンプラス」)は、茨城県日立市のテスト運用期間を経て本格始動を開始しますことを発表いたします。

           代表取締役 佐藤みどり  取締役 鈴木信予

           代表取締役 佐藤みどり  取締役 鈴木信予

■コンプラスの事業内容(特徴)1.訪問型買い物代行サービスの提供
1)御用聞き【訪問】と買い物プラットホーム【コンプラスカート】を組合せた日本初の訪問型買い物代行
     サービスです。
2)訪問型にすることで、スマートフォンが使用できない方や持っていない方でも買い物サポーターの
     スマートフォンを見ながら商品数:約3,500品目の中から買い物することができます。
3)訪問型にすることで、「見守りサービス」を提供しています。
2.買い物プラットホーム【コンプラスカート】の提供
1)買い物プラットホーム「コンプラスカート」により、買い物サポーターのスマートフォンを利用して、
     情報弱者の高齢者に楽しい買い物を提供しています。
2)介護保険(買い物支援)で対応できない商品も買い物することができます。
     (趣味の商品・化粧品・ペット用品など商品多数。)
3.買い物マッチングサービスの提供
買い物ができない方々(高齢者の方、交通が不便な方、幼児を抱えている方など)と
買い物ができる方々 (時間的に余裕のある方、誰かのために役立ちたい方、自分の買い物のついでにすき間時間を利用して買い物ができる方など)を
マッチングするサービスを提供しています。
「つながり」と「共感」の社会(シェアリングエコノミー型社会)の実現しています。
4.地域スーパーや専門店との連携
   地域スーパーや専門店との連携(パートナーシップ)により、安心・安全な商品をお届けします。

■買い物プラットホーム【コンプラスカート】について
 1.豊富な品添え
買い物買い物プラットホーム【コンプラスカート】には、地域スーパーとの連携(パートナーシップ)による豊富な商品を揃えています。商品カテゴリー1:14項目、商品カテゴリー2:72項目、商品カテゴリー3:34項目
商品数:約3,500品目を揃えており、日々商品数が増えています。
 2.充実した操作性
1)商品カテゴリーが充実しており、簡単な操作で該当する商品を表示できます。
2)商品検索機能を使って直ぐに該当する商品を表示できます。
3)充実したトレンドタグにより類似商品が直ぐに検索できます
4)欲しい物リストに商品を入れておくことで類似商品の比較が機能があります。
5)注文商品は、購入日・商品名・数量が登録され、無駄な商品の再購入防止ができます。
 3.印刷機能
1)注文した商品は、注文リスト(レシート)としてサーマルプリンターに印刷します。
2)お客様へ渡すことにより、注文した商品の誤発注を防ぎます。

■社会的ニーズ及び市場規模

 現在、日本社会の課題として、買い物難民・買い物弱者の問題は、深刻さを増しております。2015年の調査
 では約820万人まで増加しています。
 その内、65歳以上の単身高齢者は、593万人。長寿・未婚化の影響で2000年時点の予測より5年ほど
 早い勢いで増え、一般世帯に占める割合は11.1%に達しています。
 その後、2016年の調査によると、60歳以上の高齢者の17%が「日常の買い物が不便と感じる」と
 回答しています。
 高齢者のおよそ5人に1人は買い物に何らかの不便を感じていることになります。
 今後、益々この傾向は増加して行くことが予想されています。
 歳を取ると、自分で車を運転する機会も少なくなり、車の運転もおっくうになります。
 若い世代であれば、徒歩や自転車で移動できますが、高齢者はそれも困難です。
 こうして、高齢者は行動範囲が、狭くなり、買い物難民・買い物弱者が増えて行くことになります。
 そのような状況の中、現在提供されてる買い物支援サービスは、スマーフォンやパソコン主体で提供されて
 おり、情報弱者と言われる高齢者には使用できない状況です。
 現在、高齢者のスマートフォン個人保有率は、年々増加傾向にありますが、60代で5割以上、70代で8割
 以上、80代以上に至っては9割以上の方がスマートフォン等の情報機器を保有していないことが、
 総務省「通信利用動向調査」から発表されています。
 より良いサービスを提供しても、情報機器を持たない、買い物難民・買い物弱者の高齢者の方が利用できる、
 昔ながら御用聞きを行う、「訪問型買い物代行サービス」の必要性が望まれています。

【コンプラス株式会社について】
 コンプラス株式会社は、2018年11月に60歳のシニア世代が茨城県日立市で創業し、2019年11月に会社設立に
 至っています。
 2019年10月には、「茨城県地域課題解決型起業支援金」企業に書類審査、プレゼンテーション審査を経て7社
 に認定され、スタートアップ企業としても注目を集めています。

 2018年11月から茨城県日立市で実施しこのたび本格稼働に至りました。

【会社概要】
 会社名:コンプラス株式会社
 所在地:茨城県日立市東滑川町1-13-12
 代表者:代表取締役 佐藤 みどり
 設 立:2019年11月1日
 URL:https://www.com-pras.co.jp
 事業内容:
  1.訪問型買い物代行サービスの提供
  2.買い物プラットホーム【コンプラスカート】の提供
  3.買い物マッチングサービスの提供

関連記事

  1. 記憶を記録にする「家史」制作サービス事前申し込み受付を開始 お家とあなたが主人公のオーダーメイド書史制作サービス

  2. 【母親への親孝行に関する調査】母親が他界した方の67%が「親に心残りがある」。「母親にやっておけばよかったこと」では “もっと親とのコミュニケーションを”が圧倒的

    「昔の自分にアドバイスするとしたら?」の質問には「母親との会話、気持ちを伝えること、一緒の時間を過ごすことにもっと時間を使っておけばよかった」と考える回答が多く寄せられる

  3. 親のことが心配になったら【調査リリース】シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査/介護経験者8割が「介護で子どもを頼りにしなかった」と回答 年間で約10万人が介護離職する時代に、4人に1人が「介護する側」を経験。親の介護にかかった費用は平均で約7万3,000円/月

  4. 認知症・障害の方の道迷いの際などの早期発見支援サービスに新展開介護事業の「やさしい手」が「おかえりQR」を販売開始 ~やさしい手の運営する高齢者向け住宅や介護サービスのご利用者約4万人向けのほか、やさしい手オンラインショップにて広く一般の方にも販売~

  5. 「お気楽文庫」は高齢者施設向け新サービス。みんな生き生き、楽しい施設ライフをサポートします 「コウノトリブックス®」がシニア向け新サービスをスタート

  6. 《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~ 震災10年、感謝の気持ちをこめて「花見山の詰め合わせ」がふるさと納税に初登場

    《 震災10年企画/福島市 》 自宅で楽しむ「花見山」 〜 国内屈指の名所の花枝をふるさと納税返礼品に(限定30箱) ~

  7. マイナンバーカードを利用した顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』リリース 2021年3月より始まる「オンライン資格確認」対応 

  8. マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークは、全国60~79歳男女に「新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について」に関する調査を実施し、その結果を7月6日に公開しました。 ※調査日は2020年5月8日(金)~2020年5月12日(火)です。

  9. 株式会社 PoliPoli(代表者:伊藤和真)は、2020年4月6日(月)、国会議員の新型コロナウイルス対策の政策へ、直接意見を届けられる特設サイトをリリースしました。

  10. 「抹茶」を通じて認知機能に関する課題解決に挑む 「ITO EN MATCHA PROJECT」始動 日本初“認知機能の精度を高める”機能性表示食品の製品開発など多角的な活動を展開

  11. 【緊急!】ウイルスvs免疫力!温浴効果実感キャンペーン(200名限定) 2020/2/21~開催! 今こそ家族みんなで体温・免疫について考えよう!

  12. オリィ研究所、距離を超えて会いたい人に会える分身ロボット「OriHime」の個人向け版のレンタルキャンペーンを4月20日(月)から開始 遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」の個人向け仕様となる、OriHime-Lite版のキャンペーンを開始