増加する「孤独死」による物件価値の低下の阻止、高齢者への居住環境の安定的供給の並立を目指す IoT見守りセンサー活用による独居高齢者の見守り実証実験開始

インフィック株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役:増田 正寿、以下、インフィック)は東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 福造、以下、NTT東日本)とともに、公営社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会協力のもと、小田原不動産が保有する物件において、インフィック株式会社が企画・開発・販売を行うIoT見守りセンサー「LASHIC(ラシク)」を用いた高齢者の新たな見守りソリューションの実証実験を開始いたします。1.孤独死増加による不動産価値下落を防ぐことは、入居者の高齢者が進む日本不動産業界の重要課題

日本において未曾有の少子高齢化が進み、一人暮らしの高齢者が増加しています。それに伴い、孤独死の発生件数も増加傾向にあります。賃貸物件においても販売物件においても、物件内での孤独死の発生は不動産価値を大きく下落させる要因となってしまうことから、賃貸事業を展開する不動産会社にとって入居者の孤独死は無視できない問題です。

また、入居者の死後数日以上、発見なく経過してしまった場合、部屋の清掃代も非常に高額になってしまい、貸主にとっても大きな経済負担となります。このことから、高齢者への不動産賃貸の敬遠が起こり、持ち家を持たない高齢者が住宅を確保することが困難になることが社会問題化することが予想されます。

今回両社が提供するインフィックのIoT見守りセンサー「LASHIC(ラシク)」は、導入初期費用19,800円(税別/1台につき)のほかは月額980円(税別/1台につき)という低価格での導入・運用が可能なIoT見守りセンサーです。長年介護施設を自社運営してきたインフィックならではの知見で、高齢者の健康状態の見守りを十分に管理できる機能を低価格で提供することを可能にしています。

この低コストの高齢者見守りセンサーを順次、小田原不動産の管理物件に設置。入居者の安否確認や孤独死の早期発見へのIoTセンサーの寄与度合いの確認や物件管理者による見守りオペレーション体制の構築をしていく予定です。

2.物件価値の低下の阻止と高齢者への安定的な居住環境提供を両立

不動産会社にとっては、一人暮らしの高齢者が部屋で孤独死に陥ることを事前に察知したり、孤独死してしまった場合でも早期に発見することで物件価値の低下を防止することができます。併せて高齢者への賃貸契約に対する不安を払拭することで、高齢者への安定的な居住環境提供をすることができ、双方にとって有益となる世界を目指します。

3.本取り組みの概要

本検証では一人暮らしの各高齢者の生活状況に応じセンサーを配置し、家庭毎に閾値を変えたり、他種類のセンサーの必要性なども検証しつつ室内を見守ることで、異常事態を早期に把握できるかの検証を行います。

<実証場所・期間>
・場所       :小田原不動産が保有するマンションやアパート
・実証開始時期 :2020年2月予定
・構成イメージ:各ご家庭にIoT見守りセンサー「LASHIC(ラシク)」を設置し、室内の温度・湿度・照度・運動量を確認

●設置するセンサー「LASHIC-room」 詳細

インフィック株式会社「LASHIC-room」

インフィック株式会社「LASHIC-room」
人感センサー(運動量・動き)/ 温度センサー / 湿度センサー/ 照度センサーを搭載し、居室内の「温度」「湿度」「照度」「運動量・動き」をモニターし、入居者の安否確認ができます。また、連動させるスマートフォンやタブレット、PC等で、下記項目を把握することも可能です。 

・熱中症リスク、感染症リスクの警告 ・起床・就寝時刻の記録
・一定時間以上、動作がない場合の警告 ・生活リズムの崩れによる認知症初期状態の注意喚起
・暗闇での徘徊など異常行動の把握と警告

●平常時
管理業者・管理人が適宜、各家庭の状態を確認可能

●異常時
各家庭の生活状況に応じ、室内で一定時間動きがなかった場合に、アラートがスマートフォンやPCに発報され異常事態を早期に把握可能

インフィックはNTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnICにて採択されています。
当プログラムの詳細につきましては、下記ホームページをご参照ください。
URL:https://www.ntt-east.co.jp/acceleration/

■インフィック株式会社 会社概要
設立:平成14年12月19日(組織変更により設立)
所在地:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7F(東京オフィス)
代表者:代表取締役 増田 正寿

事業内容:
・インターネット等のネットワークを利用した商品、サービスの売買システムの企画・運営
・各種企業、業務団体等に対する業務研修の請負
・介護事務関係職員の研修、セミナー等の企画・立案及び実施
・労働者派遣事業 ・人材の募集に関する情報提供サービス
・福祉用品、機器販売 ・介護請求事務の受託 ・コンサルティング事業
・株式会社まごころ介護サービスの事業運営・経営指導

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ーノーマルな四国巡礼の楽しみ方を提案!Zoomで体験する「オンライン遍路」は2022年2月4日(金)初開催(2022年1月21日受付〆)

  2. 2月8日、トークセッション「遠距離介護を支える、未来型”保険外介護サービス”とは?」(オンライン)を開きます。保険医療・介護制度では遠距離介護は行いづらい現状と、それを補う「保険外介護サービス」の意義について現場の声を盛りだくさんで聴けるセッションです。

  3. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  4. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  5. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  6. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  7. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  8. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  9. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  10. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子