日本最大級のリユースプラットフォーム「おいくら」が遺品整理士認定協会と業務提携し、サービス開始

〜遺品整理時の負担軽減へ~

株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証一部・証券コード3135)は、特定非営利活動法人 遺品整理士認定協会(北海道千歳市、理事長:木村榮治、以下、遺品整理士認定協会)と遺品整理に関する業務提携契約を締結し、3月1日より、相互送客を開始しました。遺品整理士認定協会の会員へ向け、当社が運営する日本最大級のリユースプラットフォーム「おいくら(https://oikura.jp/)」のサービス提供を開始すると同時に、「おいくら」加盟店から遺品整理士認定協会が行う遺品整理士養成講座申込への送客を行います。この業務提携により、「おいくら」は、遺品整理における多様なニーズや課題解決の一助となるべく、サービス充実を図ってまいります。

当社が運営する「おいくら」は、国内最大級のリユースプラットフォームで、ユーザーは一度の依頼で、不要品の買取価格をまとめて比較、売却ができます。不要品処分が初めての方でも、一括で査定依頼をし、簡単に売却ができる為、不要品買取時の需要が高まり、昨今、利用者数が増えています。

遺品整理士認定協会は、事業者数の増大に伴うモラル低下を是正することを理念とし、業界の健全育成を図るため、設立された特定非営利活動法人です。協会が認定した遺品整理士の資格を有する全国約38,000人の遺品整理士や、連携する約2,000社の企業と共に、全国の遺品整理・生前整理・特殊清掃等の依頼や相談を年間40,000件以上受け付けています。

高齢化社会や核家族化の影響もあり、需要の急速な高まりを見せる遺品整理ですが、扱う遺品が多種多様で、価値の査定をする為に専門的知識が必要なものも多く、これまでは、遺品整理士認定協会の会員が対応できないケースも少なくありませんでした。加えて、会員の全てが買取対応をしているわけでは無い為、不要品処分ができず、ご遺族の希望に沿うことができないケースが発生していました。そこで、これらの課題を解決すべく、3月1日から遺品整理士認定協会の会員・提携企業に向け、「おいくら」のサービス提供を開始しました。遺品整理士認定協会にとっては、この取り組みが、会員・提携企業の利便性や顧客満足度の向上につながります。

一方、「おいくら」で不要品を処分するユーザーの利用動機は様々ですが、加盟店に対して生前整理や遺品整理を目的とした依頼もこれまで複数寄せられていました。今回の業務提携により、加盟店が遺品整理士資格の取得をすれば、生前整理や遺品整理に対する高い知識を持った遺品整理士による不要品処分が可能となり、当社にとっては、ユーザーの利便性や顧客満足度向上につながります。

マーケットエンタープライズでは、今回のような「おいくら」の協業・業務提携を全国的に展開し、課題解決に向けた取り組みを進めるとともに、サーキュラーエコノミーの発展や、持続可能な社会の実現を目指してまいります。

■特定非営利活動法人 遺品整理士認定協会 概要
所在地:北海道千歳市柏台南1-3-1
代表者:理事長 木村 榮治
設立:2010年
事業内容:遺品整理・生前整理・特殊清掃等の整理業者の斡旋
ウェブサイト:http://npo-mind.org/

■おいくら 概要
おいくらは、株式会社マーケットエンタープライズが展開する、全国約1,000店舗のリサイクルショップが加盟の日本最大級のリユースプラットフォームです。リユース品を売りたい人は「おいくら」を通じたメールや電話でのお問合せに対して、リサイクルショップに買取査定の依頼が簡単にでき、買取価格を一括比較できるプラットフォームです。 
ウェブサイト:https://oikura.jp/
加盟に関するお問合せ:03-6691-3220(平日 9:00〜17:30)
※全国約1,000店舗(2020年6月末時点の有料加盟店舗数)

■株式会社マーケットエンタープライズ 概要
マーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業などを展開しています。「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、2006年の設立以来、成長を続けています。2015年6月には東証マザーズに上場し、2021年2月に東証一部上場を果たしました。ネット型リユース事業のサービス利用者は延べ430万人を達成しました。
ウェブサイト:https://www.marketenterprise.co.jp/

脳トレNavi


関連記事

  1. もはや『一人で死ぬ』=『ひとり死』が当たり前の時代!『ひとり死』したとき、あなたは“発見”されますか? センサー・宅配…今すぐ始める「ひとり死」対処策 月額980円から設置できる”生存確認”センサー・宅配サービス…取り入れるべきは?

  2. 「おひとりさま信託」エンディングノートのデジタル化について 万が一の身の回りのこと(死後事務)のご希望を管理し実行するエンディングノートのデジタル化を実現

  3. 『JET STREAM』 新機長に福山雅治が就任! 平日午前0:00~0:55 TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット 2020年3月30日(月)より、オンエア開始!

  4. “お一人さまシニア”もオールブランで目指せ、健康腸寿!「シニア食堂」とコラボレーションし、アクティブシニア向け腸活コミュニティープログラムをスタート

  5. 高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。 〜山村留学やオンライン婚活、SDGsサイトオープンなどの施策を実施〜

    高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。

  6. 800人を在宅で看取った医師が、「家で逝くこと」の不安や悩みに応えます『「在宅死」という選択 納得できる最期のために』中村 明澄 著 3月24日発売

    株式会社大和書房は『「在宅死」という選択 納得できる最期のために』(中村明澄 著)を2021年3月24日に発売いたします。

  7. 株式会社Humanite(ユマニテ)は、軽量で持ち運びに便利なノート型パーテーション・『BYOBUノート』を新発売しました。※ 日本製 ※ 透明・半透明バージョンも順次発売

  8. ネット完結型クリーニング『リネット』 送料無料ラインを再び引き下げ 少ない量のお洋服でも、自宅にいたままクリーニングに出しやすくなりました

    自宅にいたままクリーニング『Lenet』は、「リネットをより気軽にご利用いただきたい」という想いから、昨年10月の見直しに続き、さらに4月1日よりプレミアム会員の往復送料が無料になる価格を再び見直したことをお知らせします

  9. 自分史作成の『親の雑誌』1月8日よりサービス再開。オンライン完全対応により、コロナ禍で帰省できない家族をつなぐ。 「コロナ禍で会えなくなった今だからこそ自分史を贈りたい」との声が集まり、再開を決定。

  10. <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

    <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

  11. 横浜市による、みなとみらい21地区から都市の価値向上を図ることを目的にした、地区内外の企業・団体等と連携して進める「みなとみらい2050プロジェクト」において、近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」を利用した、実装化を目指した長期実証実験が2020年9月3日(木)より開始されます。

  12. 日本初! “再生研究” から生まれた究極のエイジングケア成分が、原液美容液で登場! 『ヒト幹細胞培養エキス原液』