株式会社チカクが国立長寿医療研究センターと共同研究を開始。家族との密なコミュニケーションが、高齢者の健康や生活の質の維持・向上に繋がるかを検証 共同研究に「まごチャンネル」を活用

スマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送ることができる「まごチャンネル」を開発・販売する株式会社チカク(東京都渋谷区、代表取締役・梶原健司、以下「チカク」)は、国立研究開発法人国立長寿医療研究センター(愛知県大府市、理事長・荒井秀典)老年社会科学研究部・斎藤民部長および野口泰司研究員との共同研究により、「まごチャンネル」を利用した家族との密なコミュニケーションが、高齢者の健康や生活の質の維持・向上に繋がるかどうかの検証を2020年8月1日より開始します。

近年、核家族化の進行や地域でのつながりの希薄化により、孤立・孤独感を抱える高齢者が急増しています。その解決策の1つとして、別居の子どもや親族との親密なコミュニケーションが高齢者の心理的健康を保つ可能性があると言われております。他方、スマートフォンやタブレットなどのコミュニケーションツールも、高齢者に普及し始めていますが、「なかなか使いこなせない」などの高齢者のITリテラシーが課題となる場合も多くあります。

国立長寿医療研究センターの認知症発症リスクの研究結果(※1)によると、家族と支え合う、友人と交流し、地域の活動に参加するなど、社会的なつながりが多い高齢者は、認知症の発症リスクが46%低下するとされています。

チカクが、2019年11月に、50代から90代の「まごチャンネル」利用者123名を対象に行った調査(※2)では、「まごチャンネル」利用者の97%が家族・友人との会話が増えたことがわかっています。

また、母親が初期認知症という「まごチャンネル」利用者からは次のようなメッセージもいただいています。(原文を一部改変)

  • 初期認知症の母はいままで週に1〜3回、うつ症状がありましたが、まごチャンネルを導入し始めてからの1週間、今のところうつ症状がありません。「バックがない… パジャマもない…誰かが家に入って来てる…」母の、毎日の愚痴がなくなっています。子供や孫達から思われ、心配されている実感に心が静まっているのでしょうか…。両親が笑顔なので、私達も笑顔です。

こうしたことから、本共同研究では、高齢者でも簡易に操作可能な「まごチャンネル」を使用した別居家族や親族間などの交流の促進が、中・高齢者の心理・社会機能に及ぼす影響を測定し、介入前後の比較検証を行います。

(※1)出典: Influence of social relationship domains and their combinations on incident dementia: a prospective cohort study. J Epidemiol Community Health. 2018 Jan;72(1):7-12.
(※2)家族・知人とのコミュニケーションの変化に関する調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000015422.html

【株式会社チカク代表取締役・梶原健司のコメント】
高齢者の孤立や孤独といった問題は以前から指摘されていましたが、このコロナ禍により、深刻度を増しています。弊社は『距離も時間も超えて大切な人を近くする・知覚できる世界を創る』をミッションとしており、今回の研究を通じて、「まごチャンネル」が高齢者の健康や生活の質の維持・向上にどのような形で寄与できるのかを、学術的アプローチにより明らかにしていきたいと考えております。

【国立長寿医療研究センター老年社会科学研究部 部長 斎藤民先生のコメント】
別居の子どもや親族との親密なつながりは高齢者の心理的な健康づくりに重要な可能性があります。今回「まごチャンネル」のような非対面型のつながりの効果を検証することで、人と交流しにくい状況のなかでも高齢者が健やかに過ごせるような新しいつながり方を提案できるのではないかと期待しています。

チカクは国立長寿医療研究センターとの新しい取り組みを皮切りに、今後も研究機関の皆様と共同で新たなチャレンジを進め、日本の高齢化社会の課題解決へ貢献してまいります。

【本共同研究概要】
研究名:「遠隔的な写真・動画共有デバイスの使用による別居家族との交流促進が中高齢者の心理・社会機能に及ぼす影響:前後比較試験によるfeasibility研究」
実施機関:株式会社チカク、国立長寿医療研究センター
研究期間:2020年8月1日~2022年3月31日
調査対象者:50歳未満、まごチャンネルの利用が困難なものを除外した100組の50歳以上の中高齢者およびその別居家族

その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 顔の3大たるみは、頭皮のコリが原因 たった10秒の「#頭ほぐし」で解消!

  2. 出張シェフのサブスクサービス「シェアダイン」では、60代以上のシニア層のご利用が増えています。PCやスマホでの操作に慣れていないユーザー様からの要望を受け、シニア向けの電話予約システム「いきいきbyシェアダイン」を導入します。

  3. 「昔の自分にアドバイスするとしたら?」の質問には「母親との会話、気持ちを伝えること、一緒の時間を過ごすことにもっと時間を使っておけばよかった」と考える回答が多く寄せられる

  4. JAFは、高齢者の方々が長く楽しく安全運転が継続できるよう応援する特設サイト「エイジド・ドライバー総合応援サイト」に「座ってできるドライビングストレッチ(体操動画)」を新たに公開しました。

  5. 終活に関する情報を発信するメディア「終活瓦版」は、「終活に関する意識調査」でアンケート調査を実施しました。

  6. 予防医療の検査サービスを展開している株式会社プリメディカは、Prodrome Sciences Inc.との提携を強化し、PSIが新たに開発した、アルツハイマー型認知症の発症リスク検査「Prodrome-AD」を2021年6月1日より提供開始します。

  7. (株)タムラプランニング&オペレーティングでは、高齢者・介護業界に関連した企業と連携して「自立支援」委員会を設立し、4月から委員会の活動を開始します。 この委員会では、高齢者のQOL(暮らしの質)の向上を目的とし、高齢者・介護向け事業者の評価を高め、介護保険の財源の健全化に向けて、要介護度の軽減と自立支援に取り組みます。

  8. <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

  9. 笑い声のみに特化し、ケアハウス等の様々な運用環境での取り扱い性向上と、さらなる癒やしの効果を目指したヒーリングコミュニケーションデバイスのアップデート機種「かまって『ひろちゃん』にこにこバージョン」の販売を開始します。

  10. 60代以上のメルカリ利用者数、前年比約1.4倍増加 一人当たりの年間平均出品数は約72個で20代の約2倍 意識調査では、COVID-19の影響で52.4%の「終活」意識が向上

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子