生命保険を利用した生前贈与のお話しをさせて頂きます。   FP 小井手 美奈子

法務省は16日、死亡した人(被相続人)の遺産分割で配偶者の優遇を図る民法改正案を22日召集の通常国会に提出する方針を固めた事がニュースになってましたね。

配偶者が相続開始時に居住していた建物に住み続ける権利「配偶者居住権」の新設や、婚姻期間が長期間の場合に配偶者が生前贈与や遺言で譲り受けた住居(土地・建物)は原則として遺産分割の計算対象とみなさないようにすることなどが柱。高齢化を受け、配偶者の老後の経済的安定につなげる狙いがあるのですが、今日は生命保険を利用した生前贈与のお話しをさせて頂きます。

生命保険を利用した生前贈与とは、贈与税の基礎控除(年間110万円)の枠内で、毎年現金を贈与し、それを保険料に充当して、生命保険に加入するという方法のことです。

ポイント①
相続発生前に相続財産の一部を生前贈与しておくことによって相続税の課税対象となる資産額(課税遺産総額)を圧縮することが出来ます。
ポイント②
分割贈与による贈与税の軽減。
生前贈与には贈与税がかかります。
贈与税は一年分の贈与額に対して課税されるので、まとまった資金を一度に贈与するよりも、何年かに分けて贈与した方が税負担が軽くなる場合があります。

例えば、毎年310万円を贈与すると…
①110万円までの贈与は無税。
②200万円以下の金額であれば税率は10%と大変低くなっています。
この税率10%は限界税率とも呼ばれ310万円以下の贈与をした場合の最大税率となっています。

*贈与税の計算方法の表

毎年310万円を5年間にわたって贈与した場合の贈与税
310万Ⅹ5年=1550万円

贈与税額
20万円(一年分の贈与額額)Ⅹ5年=100万円

1550万円を一括して贈与した場合の贈与税
(1550万-110万)Ⅹ税率-控除額=386万円

386万円-100万円=286万円 お得!
贈与税の非課税枠の計画的な活用により、長期にわたり安定的に財産移転を行うことができるのです。

生命保険を利用した生前贈与は、子のみが対象とは限りません。孫への生前贈与が有効な場合もあります。
これは、孫に生前贈与することで、より多くの財産を移転できることもありますが、課税を一回で済ませることができるというメリットも見逃せません。
つまり、最終的に同じ孫に財産を移転する場合でも
父→子→孫 と 父→孫の場合では、相続税の課税回数が一回減ります。
被相続人の資産が多い場合は、子のみならず、孫への生前贈与も検討の余地があるでしょう。

参考 贈与税のしくみ(平成25年税制改正、平成27年以降施行されるもの)(PDF/1,408KB)

もうひとつ、
株式の贈与にもメリットがたくさん

保有している株式をそのまま贈与することも可能です。
贈与した株式の評価は、次の、①~④の価格のうち最も低い価格で評価します。
①贈与日の最終価格
②贈与日の毎日の最終価格
の平均額
③贈与日の前月の毎日の最
終価格の平均額
④贈与日の前々月の毎日の
最終価格の平均額

株式を早期に贈与しておくことで、自身が保有しつづけるケ-スと比べ、以後に得られる値上がり益や配当金に対して、将来的に贈与税や相続税が課税されずに済むメリットもあります。

将来に備えて、対策を考えてみませんか?

このQ&Aに回答した人

小井手 美奈子 (コイデ ミナコ) (1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP®)

<プロフィール> 
S36年4月7日  A型
職歴     銀行勤務9年  証券勤務18年  現在 FPとして様々な案件を解決中!
資格   ファイナンシャルプランナー      証券一種外務員資格  証券二種外務員資格

趣味は園芸、愛犬との共同生活、などなど。
今、一番幸せを感じる時間は、孫達と遊んでいる時と、私を慕ってやまない(?)犬二匹との時間です。

~社会人になってまず、銀行に入行し、その後も、ずっと金融の仕事に携わり、私もそろそろ老後を考える歳になってまいりました。
同世代の方と話をしていると、退職後や老後のお金の話になりますし、自分の子供たちの世代をみていると、年金などの不安要素がいっぱいに感じます。
よく言われる話ですが、お金には「色」があって、ご自身のご資産を大切に生かすためには、そのご資産をきちんと色分けしてあげる必要があると思います。色分けしたお金を、そのニ-ズにあったところで運用します。
私も、自分の老後を一緒に考えながら、大好きなお金のはなしや、いちばん必要な保険のはなしをお話ししていきたいと思います。

座右の銘   辛抱する木に花が咲く

知っておきたい「セカンドライフに必要な暮らしの知識」
随時募集 ご希望の日時・場所を↡↡お問い合わせよりご予約下さい。

今日の脳トレにチャレンジ!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  2. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  3. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  4. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  5. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  6. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  7. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  8. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  9. 睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の計測データから、2021年8月に“質の高い睡眠をとっている都道府県ランキング”を発表しました。 いつまでも元気で過ごすために、認知症リスクに負けない質の高い睡眠をとるポイントを紹介します。

  10. 2021年9月1日(水)から10月31日(日)の期間、全国のメガネのアイガン店舗にて「補聴器・聞こえの相談会」を開催します。 「補聴器・聞こえの相談会」は、加齢によっておこる難聴に不安を感じている方を対象に、補聴器について気軽に相談できる場を知っていただくことを目的としています。

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子