直近2日間でマスクを買った人は、どうやって買えたのか 消費者と企業を購買データでつなぐ「CODE for Business」調べ

株式会社リサーチ・アンド・イノベーション(本社:東京都港区、代表取締役:中岡邦伸、以下「RNI」)は、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」(https://code.r-n-i.jp/)で登録された、大量のレシートと商品バーコード情報(特許第5980448号、特許第6425297号)を基に、直近2日間(2020年3月25~26日)で実際にマスクカテゴリ*の商品を購入できた消費者のうち295人に対し、一体どのように購入したのか、どの時間帯に購入したのか、いつも買い物する店で購入したのか、等を聞いており、その内容を公表いたします。なお、アンケートはレシートとマスクカテゴリの商品バーコードをアプリに登録した直後に聞けるアンケート機能(最速1分〜)を活用しており、記憶が鮮明なうちに聞いております。

<マスクをどのように購入したか>

マスクをどのように購入したのかを3月25日~26日の2日間でみると「並ばずに買えた計」は約7割「並んで買った計」は3割弱と意外にも並ばずに買えている人が多いことが分かりました。(対象全国295人)
※並ばずに買えた計は、「このお店にあるとは知らなかったが、来店したら買えた」「たまたま品出しのタイミングだった」「このお店にあることを知っていたので、来店して買った」の計
※並んで買った計は、入荷認知、非認知に係わらず「開店前から並んで買った」の計

一方、来店前から入荷を認知していた人は約1割で、まだまだマスクが買いにくい状況が続いていると言えます。
※入荷認知は、「このお店にあることを知っていたので、来店して買った」「入荷を知っていたので開店前から並んで買った」の計

下記は地域別のグラフです。
1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)(対象68人)

大阪府、兵庫県(対象49人)

北海道(対象31人)

愛知県(対象28人)

福岡県(対象23人)

<マスクを購入した時間帯>

3月25~26日にマスクを購入できた人は、半数以上が朝(7~11時)に購入しています。早朝~昼までを合わせると約75%にもなり、仕事帰りに購入するのは、まだまだ難しい状況であると言えます。(対象全国295人)

下記は地域別のグラフです。
1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)(対象68人)

大阪府、兵庫県(対象49人)

北海道(対象31人)

愛知県(対象28人)

福岡県(対象23人)

<マスクを購入した店舗>

3月25~26日にマスクを購入した人の約6割がいつも買い物している店舗で購入できています。ただし、約4割は普段買い物していないお店でマスクを購入しています。(対象全国295人)

※地域別のグラフは、全国のグラフと大きな差異が見られなかったため、割愛。

<そのお店でマスクが売っていることをどのように知ったのか>
3月25~26日にマスクを購入した人のうち、お店にマスクがあることを事前に認知していた人の認知経路をフリーアンサーで聞いた一部抜粋です。(対象:このマスクをどのように購入したかという設問に対して、「このお店にあることを知っていたので、来店して買った」「(入荷を知っていたので)開店前から並んで買った」と回答した28人)

  • 店員さんから聞いた
  • たまたま行列を見たので
  • コンビニは毎日入荷あるから
  • 前回に行った時あったから
  • 何度も並んだ
  • 通りがかったら並んでいて、入荷ありとなっていた。
  • 何度行っても売り切れていたので、定員さんが入荷曜日を教えてくれた。
  • 店頭に入荷状況を知らせる貼り紙があったので、開店前から並びました。
  • 並んでた
  • Twitterの情報
  • 通勤していて発見した
  • 入荷の張り紙があったので
  • 店の前に看板が出ていた
  • お客さんが持ってるのを見て買いました!
  • 前に売っているのを見たことがある
  • 店員に聞いた
  • 電話で入荷日を確認
  • 店員さんにきいた
  • 友達から情報えた

<購入チャネル別比率>
3月25~26日にマスクを購入した人がどの流通チャネルで購入したのかの構成比です。(対象全国295人)

下記は地域別のグラフです。
1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)(対象68人)

大阪府、兵庫県(対象49人)

北海道(対象31人)

愛知県(対象28人)

福岡県(対象23人)

<都道府県比率>
今回の調査対象となったユーザーの都道府県比率です。(対象全国295人)

*:商品カテゴリは、一般財団法人流通システム開発センターのJICFS(JANコード統合商品情報データベース)を基にしております。  

<CODE(コード)とは>
買い物のレシートと購入商品のバーコードをスキャンすることで、各種提携ポイントに交換可能なポイントが当たるスマートフォンアプリです。(ポイントは提携サービス経由で現金にかえることも可能)
楽しんで利用した結果、家計簿にもなる一石二鳥のアプリです。

登録された消費者の買い物に関するビッグデータやアンケートなどは、企業がマーケティングに活用し、その一部を報酬として消費者に還元しております。なおCODEは特許(*2)も取得しています。
アプリインストール数は140万件を超え、月間商品登録数も1700万点、口コミなど購入者の商品評価数も累計3000万件を超え、20〜50代の女性に多く利用されています。
*2:複数の特許を取得しています。(特許第5980448号、特許第6425297号)

<CODE紹介サイト> https://code.r-n-i.jp/
<CODE iOS版> https://itunes.apple.com/jp/app/id879385562
<CODE Android版> https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.r_n_i.code.point.app

<リサーチ・アンド・イノベーションについて>
商号   : 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション
代表者 : 代表取締役 中岡 邦伸
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビル5階
設立  : 2011年4月15日
事業内容: 買い物データ収集事業、調査事業、広告事業、販促事業、及び各種情報提供サービス
資本金 : 4億7265万6400円(資本準備金含まず)
URL  : https://r-n-i.jp/

↑↑親の事が心配になったらまず読むページはこちらから!

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 困りごと解決 草むしり(手作業)

  2. お困りごとを解決ナび 各相談窓口の特徴

  3. お困りごとを解決ナビ 家事代行

  4. お困りごとを解決ナビ

  5. お盆前に、介護・認知症対策の家族信託が学べるセミナーを無料で開催!

  6. 親の事が心配 不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、高齢者向け空き家管理サービス「ご実家管理サービス」を提供開始 

  7. カフェコムサは毎月3日がミルクレープの日!7月はメロンをふんだんに使用したミルクレープが登場

  8. インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

  9. 協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

  10. 老年医学の第一人者が教える、老いとの上手な付き合い方と受け入れる極意。『老いが怖くなくなる本』

  1. 協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

  2. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  3. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  4. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  5. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  6. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  7. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  8. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  9. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子