知らなきゃ大変!「死後の手続き」入門 ほかでは読めない「火葬 マナーと雑学」 「終活読本ソナエ」新春号 16日発売

産経新聞社が発行する季刊誌「終活読本ソナエ」。16日発売の新春号は家族や自分自身にとって避けることのできない人生の総決算「死後の手続き」にどう取り組みかを徹底特集します。

表紙・巻頭インタビューは松下奈緒さん
表紙は女優の松下奈緒さん。巻頭インタビューでは、9日スタートのフジテレビ系「アライブ~がん専門医のカルテ~」に主演し、腫瘍内科医に挑む松下さんが、命と向き合うことへの思いをたっぷりと語っています。

ご臨終から相続まで 知らなきゃ大変!「死後の手続き」入門
(1)葬送のプロ 吉川美津子さんが平易に解説 いざ!にソナエる「心得の十二条」
ご臨終から葬儀、納骨に至る葬送の流れを、昨年末にNHK「あさイチ」葬儀特集に出演するなど、注目を集めている終活・葬送ソーシャルワーカーの吉川美津子さんに、わかりやすく紐解いてもらいました。
近年増加する病院外でのご臨終にどう対応するか、葬儀社選びのポイント、多様な納骨の方法といった基本に加え、「喪主に欠かせない3つの気配り」「位牌の戒名の字が違っていたらどうする?」「お布施の額で悩んだら」などの不安や疑問に応えます。
(2)行政や金融機関への手続き
葬儀が終わっても、家族はのんびりしてはいられません。健康保険、年金、預貯金や生命保険、さらにはケータイやカードの解約といった「手続き」が山積しています。不慣れな戸籍集めも悩みのタネ。無駄なく、損せずに進めるコツを、行政書士や社会保険労務士が伝授します。
(3)自分の死に備える
自分の遺志を最も気軽に書ける「エンディングノート」。しかし、買ったまま、という人も多いといいます。必要な情報をしっかり遺す「5カ条」を紹介。今年7月に始まる法務局の保管制度などで再注目されている「遺言」や、おひとりさまなどの頼みの綱「死後事務委任」をはじめ、志をこの世に残す「遺贈」「臓器移植」、そして「献体」まで、詳しく紹介します。
(4)よくある失敗談
「かわいがっていたインコが実は希少動物だった」「先祖代々の墓に入れない」「貸金庫に遺言があるのに、開けられない」。死後の手続きをめぐる困ったエピソードをまとめました。別ページでは、ルール無視で無効になりかねない遺言をめぐる「よくあるミス」も紹介。
(5)知っておくべき最低限の「相続」
基礎控除の引き下げや地価上昇で、一般家庭も「他人ごと」でなくなった相続。家族間のトラブルを避け、損をしない方法を、司法書士、1級ファイナンシャルプランニング技能士が解説します。
ヨメの介護がどのくらい評価されるか注目の「特別寄与料」など、家族のあり方に一石を投じる新制度も詳しく紹介。遺産分割の方法で大きく異なる相続税の納付額をシミュレーションするほか、今話題の「家族信託」なども取り上げます。

・第2特集 ほかでは読めない 「火葬」マナーと雑学
日本人の99.97%がお世話になる火葬。親族と最後のお別れをする大切な場面でもあります。その割にマナーや実情はあまり伝えられていません。
特集では副葬品のルールやスタッフへのチップの要否など、知っておきたい火葬場の「7つのマナー」をはじめ、「国民皆火葬」ともいわれる高い実施率に至った理由をじっくり探る「日本火葬史」などをまとめました。
さらに、「残骨灰の行方を追う」「日本列島 骨壺の大きさマップ」「見学者殺到の最新市営斎場」「火葬場は足りないのか」など、本誌ならではの「火葬大百科」です。

☆大林宣彦氏「人生、山あり谷あり映画あり」
「異端児が文化功労者に 矛盾だらけの人生って面白い」
☆江川紹子氏「終活ジャーナル」
「アフガンを愛し、愛された 中村哲医師の死の衝撃」
☆令和で注目の¥中西進氏「万葉集にみる死生観」
「有間皇子が語った『天』の意味」
など好評連載も

「終活読本ソナエ」は、平成25年に創刊された日本初の終活専門の季刊誌です。葬儀・お墓・保険・老後資金・相続…いつか迎える「その時」の憂いをなくし、人生を美しく仕上げるための情報を提供します。
年4回発行。2020年新春号は880円(税別)。全国の主要書店またはアマゾンでお買い求めください。
ソナエ公式サイトhttps://sonae.sankei.co.jp/about/

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ​高齢者住宅・介護サービスのデータベースとコンサルティングを提供する株式会社タムラプランニングアンドオペレーティングでは、この度「自治体別 高齢者住宅・施設等の需給予測データ」 2021年度版を発行しました。

  2. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  3. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  4. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  5. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  6. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  7. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  8. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  9. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  10. 睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の計測データから、2021年8月に“質の高い睡眠をとっている都道府県ランキング”を発表しました。 いつまでも元気で過ごすために、認知症リスクに負けない質の高い睡眠をとるポイントを紹介します。

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子