糖尿病の生活習慣改善をサポート! 行動変容を促すアプリ医療施設が閲覧できる新機能リリース 医師から糖尿病患者に治療の継続におすすめのアプリとして紹介

 エーテンラボ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:長坂 剛)は、自社が開発するアプリ「みんチャレ」にて、「みんチャレ」を推奨する医師が所属する医療施設をアプリで紹介する新機能を7月3日に提供開始しましたことをご報告いたします。
■機能の特徴と仕組み

糖尿病などの慢性疾患の患者様にみんチャレを推奨する「アンバサダー医師制度」※1を設け、登録した医師が所属する医療施設をアプリ「みんチャレ」内で紹介します。今回の機能により、患者は前向きに治療に取り組むことができる医療施設を知ることができ、医師は患者の通院の継続を期待できるようになります。
<掲載情報>
・医療施設名、医療施設写真、住所、電話番号、HP、医師名、役職 など
※1「みんチャレ」アンバサダー医師制度とは患者同士の5人1組のチームとなり励まし合いながら治療を続けるみんチャレの理念に共感した医師が登録する弊社独自の制度

アンバサダー医師のご登録は以下から行えます。
【登録申請フォーム】https://forms.gle/db9cSZhLA5dCb4Rj7

■機能を開発した背景
〜社会問題となっている糖尿病患者の治療の継続をサポートしたい〜
糖尿病は、糖尿病有病者、予備群合わせて2000万人にものぼり近年深刻な問題となっています。しかしながら、初期の自覚症状がないため糖尿病患者の44%が治療を途中で中断してしまっているという課題があります。糖尿病治療は、医師からの積極的動機付けにより患者本人が積極的に治療に参加することが重要ですが、医師不足の中、人力介入には限界があるのが実状です。

■アプリを使った治療の動向
アメリカでは、デジタルセラピューティクス:DTx※2として、Welldoc社の「BlueStar」などが治療用のアプリとして認定され医師から処方されています。
日本では、CureAppが「ニコチン依存症治療用アプリ」として薬事承認が了承され、2020年内にも保険適用される見通しです。
また、昨年11月、製薬会社大手のアステラス製薬は、Welldoc社と提携し国内での開発、商業化に着手、今年7月1日には医療機器・医薬品の製造販売を行うテルモが、医療スタートアップと提携し糖尿病を治療するスマートフォンアプリの共同開発を始めたと発表しています。
※2デジタル技術を用いて疾病の予防や診断、治療などの医療行為を支援したり実施したりするソフトウエアのこと

■みんチャレの糖尿病治療の効果

弊社は将来、習慣化アプリ「みんチャレ」が糖尿病患者の治療用アプリとして確立し、患者さんと医師のサポートとなることを目指しており、そのために現在アプリの治療有用性についてエビデンスを構築しております。先日その第一歩として、運動療法において有意に効果があるという実証を行いました。※3 今回の新機能で、より多くの糖尿病患者様と医師のサポートができるようになります。
※3参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000024217.html

■アンバサダー医師からのコメント
成松 宏人医師(神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーション研究科教授)

「生活習慣病の重症化予防には健康意識の改善と行動変容が必要です。COVID-19の感染症蔓延もあり、いま非対面で利用可能なデジタル技術を活用した生活習慣病対策が求められています。みんチャレは誰もが気軽に仲間を見つけられ、生活習慣の維持改善に取り組めるツールとして期待しています。」

種市 摂子医師(Ridente産業医事務所 代表 精神科/心療内科/産業医)

「産業医として、精神科医として、私自身の役割は、人々の健康と成長と能力の最大化に貢献することだと思っています。“習慣は第二の天性“です。多くの方が、みんチャレで、仲間を見つけ、理想の習慣を確立し、より豊かな人生を手に入れて頂けるよう応援しています!」

石井 洋介医師(秋葉原内科saveクリニック共同代表医師、おうちの診療所目黒 共同代表医師 内科/大腸肛門科)

「当院では夜間診療やオンライン診療等、診療を継続しやすい工夫をしています。また、生活習慣病をはじめ、過敏性腸症候群や難病等、薬だけではすぐに治らない・治せない病気に対して行動や認知を変えてもらうアプローチをしており、みんチャレを併用して行動変容を支援できれば幸いです。」

◆「みんチャレ」とは
5人1組の励まし合いコミュニティ
同じ目標を持つ匿名5人でチームを組み、チャットで励まし合える習慣化アプリです。ユーザーが続けたい習慣を目標にチームを作れる仕組みなので、運動、学習、ダイエットなど様々なチームを形成しています。

<アプリ概要>
タイトル:みんチャレ
利用料:無料ユーザー  無料       
プレミアムユーザー 1ヶ月プラン 500円/月
配信日:2015年11月6日
公式サイト:https://minchalle.com/
ダウンロードURL:
【iOS】https://itunes.apple.com/jp/app/minchare/id1047462806?l=ja&ls=1&mt=8
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sony.minchalle&hl=ja
公式SNS:
【Twitter】 https://twitter.com/minchalle
【Instagram】 https://www.instagram.com/minchalle.official/
【facebook】https://ja-jp.facebook.com/minchalle/

【会社概要】
社名:エーテンラボ株式会社
住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-5 東洋ビル 3階
代表者 :代表取締役CEO 長坂 剛
設立:2016年12月21日
資本金 :4,800万円
URL:https://a10lab.com

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 人生の最期の迎え方に関する全国調査結果 公益財団法人 日本財団

     日本財団は、67歳~ 81歳の方(当事者)と35歳 ~59歳の高齢の親を持つ方(子世代)に対して、 人生の最期の迎え方に関する全国意識調査を実施しました。

  2.  株式会社LIXILは、高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具「ラシッサUD」を、Interioブランドから2021年4月1日より全国で発売します。

    LIXIL、高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具「ラシッサUD」新発売

  3. 家事代行サービスのCaSy、「除菌清掃サービス」を開始 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、施設や住居内の衛生管理ニーズに対応

  4. 株式会社askenは、スマートフォンカメラで全身写真を撮るだけで、スリーサイズ、二の腕、太ももの5カ所の身体サイズ測定を行うことができる国内食事管理アプリ初の「AI体型測定機能」を2021年2月9日にリリース!

  5. A Iの目が高齢者を見守る「ヤモリン転倒検知システム」の販売開始 AI×IOTでコロナ禍の介護崩壊を防ぐ、サブスクで月2500円から簡単導入

  6. フコク生命、人生100年時代を生きる全国の20~60代を対象に「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施 長期的に働く上でのリスクTOP3は、「病気」「就業不能状態」「入院」。「家事・育児も仕事だと思う」という声も。64%が「専業主婦(夫)に就業不能保険は必要」と回答!

  7. マッチングサービスで介護人材不足を解消、スキマ時間で高齢者サポートを仕事に 〜第18回ベンチャーカップCHIBAで優秀賞受賞、千葉市内でサービス提供開始〜

  8. ミドルシニア世代のキャリアチェンジにもおススメ!【3月開講・3ヵ月・無料】ハロートレーニング「キャリアカウンセラー養成科」の受講生募集をスタート

  9. 平均年齢80.6歳が利用中。シニア世代(高齢者)向けの新しい運動ハンモックフィットネス

  10. 思い出のあのケータイが、ミニチュアサイズでカプセル自販機に登場!『ガラケーコレクション~au ver.~』2021年1月第5週より順次発売

  11. 人生100年時代に必要なのは「和魂ナン食」!?食文化研究家 永山久夫先生による「ナン食」のススメ すき焼きやきんぴらごぼう等、実は美味しいナンと和食の食べ合わせレシピも紹介

  12. 中高年のキャリアと転職ノウハウの情報メディア「シニアタイムズ」OPEN! シニア専門人材紹介のシニアジョブに蓄積されたシニア転職の知見と情報を提供