終活ってなに?エンディングノート

エンディングノートというワードを耳にする機会も増え、書いたほうがいいのかな?とお考えの方は多いのではないでしょうか?

エンディングノートを作成する目的は、愛する家族や親しい友人達に負担をかけず、できるだけ戸惑いが少なくし、また、今をすてきに過ごしているあなたが体験してきたことを次世代に書き残し、これからの毎日を心豊かに、そして安心して過ごすために作成することです。「エンディングノート」は和製英語ですが、訳せば「最期の記録ノート」といったところでしょうか?

自分の人生を振り返って、人生の記録や、残された人へのメッセージや連絡先などの必要事項を書き記したノートとして認識されています。

介護や葬儀や墓、相続、資産、といった実用的な情報を書き込むことはもちろんの事なのですが、「自分年表&これからやりたいことリスト」を書き込んだり、

「―心に残る言葉―」や、「幸せの記憶」、「愛の記憶」、と、なんて書き込むのもいいですよね。

「大切な人へのメッセージ」、「ありがとうのメッセージ」、「ごめんなさいのメッセージ」を書いておく方も多いようです。

そんなことを書き込みながら・・・あの人は何をしているんだろう?会ってみようか?なんて思いをめぐらせるのも素敵な時間ですよね。

https://www.houyugroup.co.jp/topic/topic_syukatu/endingnote

そもそもエンディングノートを書くメリットとは何なのでしょうか?

1.連絡先や知らせておきたいこと、大事な書類の場所など、本人にしか分からないことを書いておけば、いざという時に家族の負担が軽くなります。
2.自分の人生を振り返ることができるので作成後に自分の人生を振り返るのに便利で、今後の生き方の指針になります。
3.面と向かっては照れくさくて言えなかったようなメッセージをエンディングノートに残しておくことで、残された人たちの悲しみを癒す効果があります。

 では、エンディングノートはいつ書きはじめるのが良いのでしょうか?

 今までは主に高齢者が自身の終末期に書くようなものだと思われていましたが、最近では、若い方向けのエンディングノートにも注目が高まっています。その理由として、震災後、若い世代も「万が一」のことを意識し始めたからだと言われております。

 私たち人間は、生まれた日から、一日一日、人生の終幕が近づいて行っています。終幕の日が何年先なのかがわからないので、万が一のためにも若いうちから作成しても良いのではないでしょうか?たとえば60歳頃のお正月やお誕生日から初めてみてはいかがでしょうか?に一度作成し、3年~5年に一度書きなおしても良いと思います。

 

主な遺言書とエンディングノートの違い

  遺言書 エンディングノート
法的拘束力 あり(死後に有効) なし
書き方 規定された書き方で書かないと無効になる場合もあるので注意 自由に書き進めることができる(決まりなし)
費用 自筆証書遺言:数百円~
公正証書遺言:数万円~
数百円~
伝える内容 財産の分け方について 葬儀の方法
供養の方法
財産について保険について(特に決まりはないので好きなことを記載します)

では、エンディングノートは遺言としての効果があるのでしょうか?遺言書とは、自分に万が一のことがあった時に、自分の財産をどうするのか(誰にどのくらい相続させたいか)の意思を書き遺しておくものです。

法的な根拠があり、死後に効力を発揮します。
一方、いくらエンディングノートに細かく、財産をこのように分けて欲しいと書いたところで、法律的に効力はありません。

エンディングノートは、法的な効力がない反面、形式や書き方にとらわれることなく、自分の希望や考えを自由に書くことができることが特徴です。

財産については「遺言書」で伝え、葬儀など供養についての希望や、余命宣告や脳死状態になった時に自分の考えを伝えるのは「エンディングノート」と、分けて活用することも方法です。

法的な効力はないですが、自分の意志を伝えることができなくなった時に「思いを伝える」ことができる、とても大切な役割を果たしてくれるノート。
それがエンディングノートといえるでしょう。

6、iphonでエンディングノート

iPhoneアプリ「エンディングノート」をリリースしました。 もしもの時の覚書に。

ダウンロードは↓↓↓をclick!!

7.オススメのエンディングノートのご紹介

現在市販されている主なエンディングノートをご紹介します。こればかりは・・・好みでしょうか?

画像をCrickして中身をご確認ください。

 
 
1402_名古屋喫茶2_H1
エンディングノートでもしもに備える終活のススメ [ 東優 ]価格:1,512円

1412_終活_本文1412_終活_本文1412_終活_本文
【コクヨ】エンディングノート〈もしもの時に役立つノート〉
☆激安宣言☆【メール便対応可能3冊まで可】コクヨ KOKUYO  エンディングノート LES-E101<もしもの時に役立つノート>価格:1,008円
 
 
1401_写経_H1
エンディングノート [ リベラル社 ]価格:1,188円
1401エンディング_本文1401エンディング_本文1401エンディング_本文
 
失敗しないエンディングノートの書き方 [ 石崎公子 ]価格:1,404円
これからの人生をもっと充実させるMyエンディングノート価格:1,728円
あなたと家族のためのエンディングノート [ 本田桂子 ]価格:1,620円
私のエンディングノート 私のエンディングノート [ 主婦と生活社 ]価格:1,728円
 
もしものときのエンディングノート[江崎正行]
もしものときのエンディングノート [ 江崎正行 ]価格:1,028円

夫婦の老後は、いくら必要なのでしょうか?  おとなナビ博多

関連記事

  1. 葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」は、2022年3月に実施した「第5回お葬式に関する全国調査(2022年)」の調査結果を発表

  2. 「終活」の認知度は95%と高いが、実践している人はわずか7%。 今はしていないが「終活をしたいと思っている」人は、約6割存在。 コロナ禍をきっかけに1割を超える人が「終活への考え」に変化。

  3. 身元保証などの高齢者サポートサービスをめぐる契約トラブルにご注意

  4. 親の事が心配になったら 明日は我が身!50歳を過ぎたら生前整理、終活を始めよう

  5. 質屋の3代目がこっそり教える、失敗しない生前整理と賢く売る方法!!【ライブ配信あり】 有限会社 疋田

  6. 東京海上日動あんしん生命が、ファミトラの家族信託サービスの提供を開始! 〜各種保険の付帯サービスとしてご提供、介護や認知症の不安に寄り添う家族信託を取り扱い〜

  7. 仏壇を処分する手順とポイント

  8. 「遺言能力(意思能力®)鑑定」サービス