親ががんになったら、子どもはどうするのが一番いい? がんになった人の気持ちがわかる書籍発売

☆「がんばって」の励ましは思うようには届かない
☆大切なのは、親の心の内を理解すること
☆静岡がんセンターの1万人のがん患者さんの声からわかった悩み第1位は「不安などの心の問題」
☆寄り添うとは、じっくり聴くこと、アドバイスしないこと

親ががんと診断されたら、子どもは大きなショックを受けるでしょう。病状はどう進み、治療はどうなるのか、看病のために何をしたらいいのか、親にどんな言葉をかけたらいいのか。戸惑う人も多いでしょう。

親自身も、表情や言葉にはあまりあらわさないかもしれませんが、心身ともにダメージを受けて大きく動揺しています。

親は表情や言葉にはあらわさないかもしれません

親は表情や言葉にはあらわさないかもしれません  子どもとしてはなんとか親を元気づけようとしても、励ましやなぐさめの言葉が逆効果になることもあります。「がんばって」の言葉が思ったように届きません。一方で、気をつかって腫れ物に触るように接すると、かえって親が孤立感を深めることになってしまいます。

プライドを大切にしている親なら、病気に関して、子どもには心を開かないこともあるかもしれません。

遠くに離れて住んでいる親子ならなおさらです。親のことは、子どもは案外何もわかっていないものです。

それでも少しでも親の力になりたい……そんな人は、がんになった人の生の声に耳を傾けることが、親の気持ちを汲み取るヒントになるでしょう。

離れて住んでいる親子ならなおさら、親のことは何もわかっていないかもしれません

離れて住んでいる親子ならなおさら、親のことは何もわかっていないかもしれません
過去数十年にわたって、1万人以上の患者さんから集めた声や悩みについて調査研究を行った静岡県立静岡がんセンターによると、がん患者さんの悩み全体の約半数を占めるのが「心の苦悩」(不安などの心の問題)でした。また、注目したいのは、「子どもや家族が心配」「子どもや家族に迷惑をかけたくない」という声が非常に多いことで、悩み全体の順位で第3位に位置しています。がん患者さんの生の声を、本書から抜粋してみましょう。

『親ががんになったら読む本』p38ー39

『親ががんになったら読む本』p38ー39
がんになった患者さんを看病する家族にとって、一番大切なのは、患者さんの心のうちを理解することです。

親の気持ちをよく理解して、その心に寄り添い、ともに歩いていくつもりで接することができればベストでしょう。

ありがちなのは、心配するあまり、子どもが医師の代弁者のようにふるまうこと。
「先生が我慢するしかないって言ったでしょ!」
「効果が出るか出ないかやってみないとわからないでしょ!」
という突き放した言い方は、誰のためにもなっていません。

患者さんに寄り添うとは、じっくり聴くこと。気持ちを受け止めるだけでいいのです。アドバイスはいりません。家族が苦しみを分け合うことで、患者さんの闘病意識が高まります。

じっと見守るということは、大変つらいことかもしれません

じっと見守るということは、大変つらいことかもしれません
時として、そばに寄り添って、じっと見守るということは、家族にとっても大変つらく、子ども自身の心も傷つくかもしれませんが、患者さんにとってはそれが大きななぐさめになりパワーになるのです

『親ががんになったら読む本』は、患者家族支援における先駆者として評価される、静岡がんセンターの経験をもとに書かれています。2015年刊行の同名の書籍に、「診療プロセスの中で家族と患者さんが知りたいと思うこと」など最新の話題をプラスして再編集しました。がんになった人の心の支え方を中心に、高齢者のがん治療や、信頼できる情報収集源リストなど最新情報を盛り込んだ、きめこまかい内容の1冊です。

 

  • Contents

第1章 がんになった親の気持ちを知る
第2章 親とのコミュニケーションを上手にとる
第3章 がんの診療プロセス
第4章 高齢者のがん治療とは
第5章 医師・スタッフとのコミュニケーション
第6章 がん治療にかかる医療費
第7章 家族ができること~治療に伴う注意事項

 

  • 著者プロフィール

山口 建
静岡県立静岡がんセンター総長

慶應義塾大学医学部卒。国立がんセンター(現・国立がん研究センター)研究所副所長などを務め、1999~2005年に宮内庁御用掛を兼務。静岡県立静岡がんセンターの設立に携わり、2002年、初代総長に就任、現在に至る。厚生労働省がん拠点病院検討会委員を経て、2018年6月からがん対策推進協議会会長。

  • 書籍情報
『親ががんになったら読む本』
主婦の友社
A5判・176ページ
定価:1400円+税
ご購入は↓↓
親ががんになったら読む本

 

関連記事

  1. シニア世代の髪の悩みを解決!話題の巣鴨のえがお美容室監修のヘアカーラー付きムック本が発売!

  2. 仲が良かったはずの兄妹がモメた認知症の母による遺産トラブルさまざま相続争いの対応法は、これだ! 『プロが教える相続でモメないための本が発売になりました。

  3. 元「ミス日本」が見つけた、お金をかけずに豊かに暮らすアイディアが満載『千桃流・暮らしの知恵』発売 「桃花源」伊藤千桃さんの「美しさ」の秘密

  4. コロナ禍に求められるアートの役割:認知症のうつ・イライラを改善する「アートリップ」とは?

  5. 夫婦ふたりの第二幕がスタートした藤井家の、おいしく健やかな食卓とレシピ『ふたり ときどき みんなでご飯』発売

  6. 病気のとき必要なお金はいくら? どう準備する? 

  7. 令和に定年を迎える世代が今すぐはじめたい「50代にしておくべき100のリスト」

  8. 口内炎などが起こりやすい、爪が割れやすい、髪のコシがなくなる、抜け毛が増えた、貧血が起きやすい…気になる人は、重要な栄養素「亜鉛」不足を疑ってみよう! 医師・平澤精一さんと、管理栄養士・岸村康代さんの共著『長生きの切り札! 亜鉛チャージ健康法』を、11月25日に発売しました。

  9. 中原淳一 おとのぬりえ

    おうち時間の楽しみに。『中原淳一 おとのぬりえ』刊行記念・ぬりえコンテストを実施中! 締切は3月31日(水)。入選作には素敵な賞品も

  10. 103歳の現役理容師は、日本を元気にするスーパーおばあちゃん! 箱石シツイさんの健康長寿のヒケツ、教えます!

  11. ベストセラー「生涯健康脳」の著者が語るオーディオブック「おとなの脳も成長する」が本日公開

  12. <大重版決定!!> #おうち時間 の救世主。『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』累計5万部に おうち時間が長くなる中、志麻さんのレシピに感動の声続々!!