親の介護を乗り切る裏ワザ伝授!「知らなかった」じゃヤバすぎる!!

今や「高齢化社会」どころか「超高齢化社会」となったニッポン。 2020年の段階で高齢者(65歳以上)の総人口に占める割合は28.7%(総務省発表)で過去最高を更新。 自分の親だけはボケない・死なない気がしているアナタ! 他人事ではないアナタに、 その「備え」は出来ているだろうか。

「介護はある日、突然、始まる」とはよく言われる言葉だ。元気なはずの親が脳梗塞で倒れたり、転倒して歩行困難になったり・・・。
突然、直面した親の介護に冷静さを失う人は多い。何をすればいいかわからず、混乱状態に陥るからだ。しかも、我が国の福祉は「自己申告制」。介護保険だけはブン取るのに、向こうからは決して救いの手は伸ばしてくれない。3歳児健診のように自動的に「施設入所のご案内」なんてくるワケもない。

つまり、何をするべきなのか?
サンタじゃないんだから、待っていては一生来ない介護サービス。さあ、自ら、動こう!

まずは介護保険の申請だ。介護保険は00年度からスタートしたが、この20年で見直しを繰り返し、その複雑さはお墨付き。素人には難解な制度であるが、文句を言っても介護は「待ったなし!」。

親の住まいの市区町村に要介護(要支援)認定の申し込みをするのが「いの一番」の仕事になるが、どうせやるなら、制度は賢く利用したい。

介護は情報戦、掴め、蜘蛛の糸!

8月20日発売の新刊『親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ~増補改訂版』(鳥居りんこ著、双葉社)は「想定外だらけの介護」の賢い乗り切り方を伝授したもの。

もし、子の負担軽減のために、介護認定をより重くして欲しい場合。ほんのちょっとのテクニックで親も子も助かる「裏技」はあるというのだから驚きだ。例えばーー、
・認定のための訪問調査では、必ず子が付き添うべし
・認定調査員には、介護にかかる具体的手間と回数を訴えるべし
・要介護認定には医者のお墨付きが効く
などが挙げられる。

さらに、介護はケアマネ次第。「悪いケアマネVS.良いケアマネ」で介護は天と地ほども違うという恐ろしい解説付き。よって、その人選は本当に大事になるという。
このチェックポイントは「家族との相性、ケアマネのフットワーク・信念・人脈の豊富さ」など、多岐に渡るので、ここはあらかじめ理解しておきたい部分だ。

また、認知症の進行などで施設介護を検討する際には、どこかで耳にしたことがある「特養」がまず頭に浮かぶが、入所は激戦。施設の中では一番リーズナブルで、しかも、日常生活全般で手厚い介護を受けられるために人気が高いというのが理由だが、「特養」に入るにも、知っておきたい「裏技」があるのだ。

例えば、「何が何でも特養に入所させたい」ならば「志望理由に逼迫状況を訴え」「ショートステイを頻繁に利用して顔を売る!」などのいくつかの㊙テクニックの駆使で願いが叶いやすくなるという。

このように介護の世界にも「蛇の道は蛇」的、道がある。

本文中に登場する著者のケアマネ友人の言葉「りんこ、介護はお金よ!施設もお金。介護に安かろう、良かろうはないからね!」という言葉が重い。
だが、たとえ少々フトコロが寂しかろうと、賢く明るく乗り切る秘策は、確かにある――求めさえすれば。
「知らなかった!」と泣く前に、ぜひ本書で数々の介護裏ワザをマスターしておこう。バカを見ないためにも。

【書誌情報】
書名 親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ
著者 鳥居りんこ
発売 双葉社
発売日 2021年8月20日
判型 四六判並製
定価 1485円(税込)

【主な内容】
第1章 何も知らない私は介護偏差値30!介護申請手続き編
第2章 天国か地獄かケアマネ次第!ケアマネージャーと四人五脚編
第3章 りんこは見た!老人病棟の現実編
第4章 私は母にとって永遠の付属物?母にマジ切れ寸前編
第5章 ケアマネ友人が教えてくれた!介護施設の賢い選び方編
第6章 もう、ここっきゃなくね!?「終の棲家」巡りの旅編

お買い求めは↓↓
増補改訂版 親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ amazon

増補改訂版 親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ [ 鳥居りんこ ]
楽天

 

関連記事

  1. 老いが怖くなくなる本

    老年医学の第一人者が教える、老いとの上手な付き合い方と受け入れる極意。『老いが怖くなくなる本』

  2. 『子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし』元気なうちに準備しておきたいことを解説した1冊

    『子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし』を発売します。本書は、入院・介護・老後資金・住まう場・配偶者亡き後・相続・葬儀・お墓など、シニア世代が知っておくべき・やっておくべきことを、具体的な事例を交えながらわかりやすく解説します。

  3. 3期連続市販の月刊女性誌No.1の『サンキュ!』は創刊24周年 女性の「将来への不安」を解消し、この先が楽しみになる「ちょっといい未来プロジェクト」をスタート

  4. 人気の「脳トレ系パズル塗り絵」に新刊登場!『心を整えて気持ちをリセットする アートパズル塗り絵2』発売

  5. 糖尿病の生活習慣改善をサポート!  アプリみんチャレをご紹介!

  6. 70歳現役医師が教える「寝たきり」にならないために気をつけるべき、たった1つのこと 『一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる』(栗原クリニック東京・日本橋 院長 栗原毅 著)2022年9月1日(木)発売

  7. 認知症対策は、まず知ることから!『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』発売!! 初めての経験で心配ばかりが募る家族のために、とことんやさしく認知症を解説した1冊!

  8. 50歳からの人生が不安で迷う人に。後半生を強く生きぬくには?『女性の覚悟』出版記念 坂東眞理子さんトークショー レポート

  9. 61万人が「ひざ裏のばし」で元気になった!『腰痛・肩こりラク~に ひざ裏のばしタオル&ツボボール』11月30日に発売!

  10. 楽しく折って脳活性! 花モチーフの花おりがみ21作品の折り方とオリジナル柄おりがみ32枚『脳がイキイキ心も整う 季節を楽しむ花おりがみ』が発売!

  11. 簡単にラクやせできる「スープ」&「鍋」90レシピをご紹介。おかずを何品もつくる必要がなく、材料を切って炒めたり、煮たりするだけ。皆さんもラクやせスープと鍋で、おいしくダイエットを成功させましょう!

  12. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

    70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

カテゴリー

  1. 「従来の墓地の申し込みは数年で激減・・・」終活お墓アンケートの…

  2. 【10月1日(土)~10月31日(月)まで】「優待割」開催のお知らせ …

  3. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン!…

  4. ”受けたい医療は自分で決める” 在宅医療の患者さんとクリニックをつ…

  5. 狭山市立堀兼・上赤坂公園にて、株式会社JR東日本びゅうツーリズム…

  1. 親の事が心配になる世代におすすめ おとなナビコミュニティー「お…

  2. 無料相談お申込み

  3. お困りごと解決サービス

  4. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  5. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法