認知症予防のアプリ、厚生労働省「知財戦略策定支援」に採択 ~認知症の早期発見・重症化予防サービスの医療機器申請に向けて知財を強化~


 認知症患者数は2025年には730万人まで増加すると発表され増加の一途を辿っています。認知症は医療課題として「専門医不足 」や「現在の薬の有効性が低い」ことなどが挙げられ、医療現場におけるICTの活用で認知症の早期発見や予防・改善に役立つことが期待されています。

近年の研究により、認知症は『予防』できることが分かってきました。
認知症の無い世の中を目指し、家族全員の心と体の健康を維持することを目的とした

『脳にいいアプリ』:https://www.braincure.jp/

認知症予防に向けた脳の健康維持アプリ『脳にいいアプリ』の研究活動および効果
 『脳にいいアプリ』は、2017年2月にリリースして以来、「認知機能検査」「脳MRI分析結果」「運動・食事・脳トレ等の活動」の複合的分析とパーソナライズした介入を行い、改善を繰り返した結果、『認知機能検査の向上』と『全体の96%に脳の灰白質が増加』の2つの効果が得られました。

【図2.認知症予防に向けた脳の健康維持アプリ『脳にいいアプリ』】

『脳にいいアプリ』:https://www.braincure.jp/

『脳にいいアプリ』は、近年の脳科学が、脳の健康維持にとても有効と示す活動を
楽しく行えるスマートフォンアプリです。
まずは一ヶ月試して、効果を実感してください。

脳にいいアプリは完全無料、追加費用も一切ありません。
誰でもカンタン、気軽にご利用いただけます。

http://otonanavi.co.jp/category/noukatsu/training

関連記事

  1. 新感覚の「脳トレ系パズル塗り絵」が登場! おとなぬりえ  夏

  2. 高齢者の健康寿命延伸を地元密着型アプリでサポートレシピ動画チャンネル「Chef Sugiura”HEALTHY HOME COOKING” 」と「KYOUDOKO」のコラボレシピ登場

  3. 学生の一言から生まれた新感覚カードゲーム『懐話ふだ』

  4. 介護付有料老人ホームを運営するチャームケアと東北大学の産学連携の取り組み 認知症改善プロジェクト 第4回 「チャーム・カレッジ」を3月15日(日)に開催決定!

  5. 今日の脳トレ

  6. ルービックキューブで「応用力」や「思考の速さ」が向上! 地頭力と深く関わる“前頭前野”が活性化することが判明 高齢者にもおすすめ!

  7. 帰省で確認! 認知症について「あるある」と「認知症」の人のために家族ができる10カ条

  8. 株式会社チカクが国立長寿医療研究センターと共同研究を開始。家族との密なコミュニケーションが、高齢者の健康や生活の質の維持・向上に繋がるかを検証 共同研究に「まごチャンネル」を活用

  9. 親の心配どころじゃない???〜認知症専門家が開発「超早期のサイン発見」が”予防を変える”〜40代の半数が…アルツハイマー最初期は危険?

  10. どうなったら認知症なんですか? 認知症のサイン・症状

  11. 認知症の予防と健康寿命の延伸を目標とするアートのワークショップをなごやかレジデンス川越仙波にて開催

  12. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

    70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行