長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

作家であり、現役内科医として今も診察にあたる鎌田實医師(73)は、地域医療のパイオニアとして運動の重要性と何より前向きに日々を楽しむことを提唱してきました。コロナ禍の現在、外出自粛でコミュニケーションもままならない高齢者が増え、認知症患者の増加が憂慮されています。家の中で一日中テレビを観て過ごしていれば脳への刺激も激減し、認知機能の低下へと導きかねません。読者とまさに同世代の鎌田医師は、もっと積極的に、楽しく脳トレをする必要があると実感し本書を監修。運動と生活習慣に毎日の脳トレを加えた、健康だけでも脳トレだけでもない“大人の健脳”を支える本が誕生しました。

  • 日々の運動で貯金より“貯筋”

鎌田医師が生み出したスクワットやかかと落とし、コグニサイズなどを紹介。
初版限定特典として『健脳くらぶ』を立ち上げました。会員登録した読者には、鎌田医師のアドバイスつき運動動画(毎週1本、計10本)が配信されます。

  • ちょっとした生活習慣で、明日が来るのが楽しみに

スキマ時間にできて健脳になるコツを満載。食生活から記憶力を上げる頭の使い方、日常の中で心がけたいちょっとした考え方など、人生を楽しむエキスパートでもある鎌田医師だからこその提案をお届け。『健脳くらぶ』にて、2022年1月中旬に健脳オンライン講座も予定しています。

  • 多種多様な脳トレ問題

脳は使わなければどんどんサビていきます。また、同じような思考ばかりしていても刺激にはなりません。本書に掲載した101問の脳トレ問題は多種多様。まちがいさがしなどのイラスト系や計算問題、漢字、図形など、手を変え品を変えて記憶力・判断力・理解力・思考力・言語力などの様々な脳機能を刺激します。

  • 監修:鎌田實

​1948年生まれ。作家。諏訪中央病院名誉院長、地域包括ケア研究所所長。日本チェルノブイリ連帯基金理事長、日本イラクメディカルネット代表も務める。
東京医科歯科大学医学部卒業後、諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけた病院を再生させた。「地域包括ケア」の先駆けを作り、長野県を長寿で医療費の安い地域へと導いた。チェルノブイリ原発事故後の1991年より、ベラルーシの放射能汚染地帯へ100回を超える医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援(JCF)。2004年からはイラクの4つの小児病院へ4億円を超える医療支援を実施、難民キャンプでの診察を続けている(JIM-NET)。東日本大震災以降、全国の被災地支援にも力を注いでいる。
ベストセラー『がんばらない』『鎌田式 健康手抜きごはん』、『図解 鎌田實医師が実践している 認知症にならない29の習慣』など著書、ラジオ、雑誌コラム、新聞連載など多数。

  • 雑誌概要

復刻版『鎌田實の大人の健脳ドリル101』 ISBN978-4-576-21500-6
最新刊『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』ISBN978-4-576-21501-3
監 修:鎌田實
定 価:各990円(税込)
発売日:2021年9月24日
版 型:A4変形(285×210mm)/128ページ
発 行:株式会社EDITORS
発 売:株式会社二見書房
二見書房HP:https://www.futami.co.jp/

注1:復刻版『鎌田實の大人の健脳ドリル101』は、2020年10月に株式会社枻出版社から、発行されていたものを版権を授受し、再編集をしたものになります。

お買い求めは↓↓
鎌田實の大人の健脳ドリル101 (エイムック 4712) amazon

鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101 amazon

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. お孫さんとたのしめるボードゲーム『キャッシュフロー・フォー・キッズ』

  2. 入園祝いにおすすめ!一生のたからもの

  3. 【調査レポート】2021年の成年後見制度申立件数は増加。しかし普及率は低迷続く

  4. 2020年、認知症高齢者が保有する資産は“約250兆円” 高齢化の進展に伴い、2040年には“約345兆円”に

  5. 母の日に、あなたしかつくれない贈り物を贈ろう。 スマホの中の写真や子供の絵が、オリジナルの革の時計に。 3月24日から「母の日デザインコンテスト」を開催します。

  6. 大人気書籍『認知症世界の歩き方』発!認知症への知識を深め、腕試しができる「認知症世界の歩き方検定」をリリース。

  7. ーノーマルな四国巡礼の楽しみ方を提案!Zoomで体験する「オンライン遍路」は2022年2月4日(金)初開催(2022年1月21日受付〆)

  8. 2月8日、トークセッション「遠距離介護を支える、未来型”保険外介護サービス”とは?」(オンライン)を開きます。保険医療・介護制度では遠距離介護は行いづらい現状と、それを補う「保険外介護サービス」の意義について現場の声を盛りだくさんで聴けるセッションです。

  9. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  10. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子