高齢者が望むのは、世代間交流よりも「同世代との交流」。交流を望む相手は、自分の子や孫より、「趣味の仲間」や「近所の人」。 アンケート調査「高齢者が望んでいる交流」

高齢期のライフスタイルに関する研究を行っております、NPO法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区)は、「高齢者が望んでいる交流」について調査し、65歳から93歳まで301名の回答を得ました。その結果がまとまりましたので、お知らせいたします。(なお、本調査にはハイネスコーポレーション株式会社の協力を頂きました)

1.高齢者は、若い世代より、同世代との交流を望んでいる。
「同世代」「40~50歳代」「10~30歳代」の3つから、『交流を望んでいる世代』について選んでいただいたところ、男女ともに「同世代」が8割超で最も多く、対象が若いほど交流を望む割合は低くなりました。また、この傾向は 女性ほど顕著に表れています。

年代別には以下の通りとなり、年齢が上がるほど 同世代との交流を望む傾向が強くなることが分かります。

2.高齢者が望む 交流相手は「趣味の仲間」「近所の人たち」。
『どのような交流相手を望むか』については、次のようになりました。男女とも、「趣味の仲間との交流」「近所の人たちとの交流」が高くなり、「自分の子供や孫たちとの交流」を上回りました。
一方、「仕事や地域活動での交流」や「お店などの店員・スタッフとの交流」は、4割程度にとどまりました。
これらについて、年代による大きな差は見られませんでした。

※まとめ
高齢者は、若い世代との交流よりも「同世代との交流」を望んでおり、高齢になるほどその傾向が強まることが明らかになりました。望む交流相手については、「趣味の仲間」や「近所の人」が多くなっています。
これらは、高齢期の心身の状態や置かれている環境を互いに理解し合いやすいこと、共通の話題があること、日常的に会える機会が多いこと、によるものと考えられます。特に、日常的に会える機会の多さは、互いを見守りあい、助け合える関係が作りやすくなるという点で、高齢者にとって重要な要素になっているものと思われます。

【調査概要】
・調査期間:2020年11月16日~12月15日 / 調査方法:郵送、インターネット
・回答者301名
男性:144名、女性:157名
65~69歳:73名、70~74歳:69名、75~79歳:76名、80歳~:83名

関連記事

  1. シニア向け分譲マンションの購入理由は? 「神戸学園都市・中楽坊」で、8月末で6割超が契約済み。 契約者の平均年齢73歳。購入理由の1位は「老後を楽しむため」。「健康状態の悪化」は ほとんどおらず。

  2. 高齢者へヒートショック対策を呼びかけ!「STOP!ヒートショック」プロジェクト啓発活動拡大中 株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ、一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟と協力

  3. 60歳以上の派遣料金1週間無料! シニア専門派遣会社が新サービス 企業のシニア採用懸念を払拭するお試し雇用プラン、シニアジョブから

  4. 全世界で8,000万ダウンロードを超え、2015年から5年連続で「APP Store」のベストアプリにも選ばれている、台湾発の着信番号識別・迷惑電話対策アプリ「Whoscallを運営するGogolook は9月21日の敬老の日を前に日本で横行する高齢者に向けての詐欺電話被害の最新データと対処方を紹介します。

  5. 経年調査!シニアは健康のためにどの程度お金をかけるのか?全国の60歳以上の男女1000人に聞いた「2020年シニアの健康に関する調査」

  6. 口腔環境のチェックが健康改善につながるかを検証 RIZAPと新たな取り組みをスタート

  7. 【LINEリサーチ】お年寄りだと思う年齢の全体1位は70~74歳、10代・20代では60代からお年寄りと認識する傾向 年齢にギャップを感じる有名人1位は「明石家さんま」、次いで「水谷豊」「竹内まりや」

  8. 東京医療保健大学 公開講座「『母さん、ごめん。』~認知症の親を介護した経験をふまえて~」ノンフィクション作家/宇宙・科学ジャーナリスト 松浦 晋也氏による実体験を踏まえた講演

  9. “お一人さまシニア”もオールブランで目指せ、健康腸寿!「シニア食堂」とコラボレーションし、アクティブシニア向け腸活コミュニティープログラムをスタート

  10. 合同会社ISRパーソネルは神戸市中央区に日本初のシニア専用eスポーツ施設 「ISR e₋Sports」を2020年7月2日オープン致します。

  11. シニア向けIT通信業「スマートシニア株式会社 は、7月10日(金)に、プラットフォー「追悼サイト」の無料提供を開始します。

  12. ご高齢・お体の不自由な方に向けた「サポートタクシー」 2020年8月の配車数が前年同月比2割増 進む免許返納と、3密を避けた移動からニーズが集まる