高齢者のフレイル状態を自動判定するシステム「ASTERⅡ」の新機能として、厚生労働省から表明された「後期高齢者の質問票」を2020年9月10日(木)より搭載致しました。従来から搭載している「基本チェックリスト」もそのまま利用可能です。

株式会社コロンブス(本社:鳥取県米子市、代表取締役社長:増田 紳哉)は、高齢者のフレイル状態を自動判定するシステム「ASTERⅡ(アスターツ―)」の新機能として、厚生労働省から表明された「後期高齢者の質問票」を2020年9月10日(木)より搭載致しました。従来から搭載している「基本チェックリスト」もそのまま利用可能です。株式会社コロンブス 企業サイト
​【URL】https://columbusegg.co.jp/

従来の紙での記述よりも高齢者が回答しやすいよう
ASTERⅡでは、画面タッチ(クリック)で後期高齢者の質問票に回答できます。

紙の回答票イメージ
※写真はイメージです
【ASTERⅡとは】
ASTERⅡは高齢者のフレイル状態の早期発見及び、健康状態の総合的な把握をより簡便に行うことを目的としたシステムです。
▼「ASTERⅡ」の詳細は株式会社コロンブス「ASTERⅡ」のサイトへ
https://columbusegg.co.jp/aster2

【ASTERⅡの「後期高齢者の質問票」機能 4つの特徴 

  1. 質問文章、イラスト、音声による、1問1答形式表示で高齢者が回答しやすい画面構成
  2. 回答漏れ防止機能、質問意図の解説機能付き
  3. 回答結果は、即時に自動表示され、印刷も可能
  4. 回答結果は自動的にデータ化されるため、入力作業は不要

【機能追加の背景】
後期高齢者を対象に、特定健康診査の「標準的な質問票」に代わるものとして厚生労働省から「後期高齢者の質問票」を令和2年度以降から活用するよう通達がありました。このことをうけ、ASTERⅡにはフレイルを判定するスクリーニングシートとして従来から「基本チェックリスト」を搭載していますが、介護予防事業の現場担当者からASTERⅡで「後期高齢者の質問票」を利用できないかという要望があったため、搭載するに至りました。

※フレイルとは
Frailty(フレイルティー)という英語に由来し、加齢と共に、心身の活力が低下し生活機能に問題がでてくる状態であり、要介護になる一歩手前の段階です。厚生労働省、全国の自治体ではこのフレイルへの対策に力を入れています。

【使い方・導入方法】
フレイル早期発見システム「ASTERⅡ」を導入いただき、質問票に回答するだけです。回答結果は自動的にデータ化され蓄積されます。また、従来から搭載している「基本チェックリスト」では、フレイル状態を判定する、所謂「フレイル判定」が自動でできます。「後期高齢者の質問票」と合わせて利用いただけると、高齢者のフレイル状態の把握が可能です。

株式会社コロンブスについて
【会社概要】
会社名:株式会社コロンブス
所在地:鳥取県米子市西福原4丁目11-31
代表者:増田紳哉
設立:2019年9月21日
URL:https://columbusegg.co.jp

【事業内容】
1、ICT、IoT等を活用し、以下の製品の開発・販売、企画・立案・提案・ソフトウェア開発。
① 医療、介護・福祉に係るもの
② 健康寿命延伸に係るもの
③ 医療・介護費の削減に係るもの
2、フレイル・サルコペニア予防に係る事業並びにコンサルタント

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社コロンブス
TEL:0859-36-8884(月〜金/9:00~17:30(土日祝を除く)
e-mail:columbus@columbusegg.co.jp

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 認知症とその介護についての理解を深めてもらうことを目的としたオリジナル絵本『おばあちゃんの おうち』の監修を担当しました。この絵本は、株式会社学研ホールディングによって、全国の公立小学校・図書館・児童館や幼稚園・保育園など、約28,000か所に寄贈されます。

  2. 日本初!(※)ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」3月新たに12拠点オープン!開設済み累計は、174拠点に 〜殺処分ゼロへ・日本初!保護犬・保護猫と暮らすグループホーム〜

  3. 帰省シーズンを前に「介護施設入居に関する実態調査」を実施 「お金の管理ができない」「火の始末ができない」等の症状が介護施設入居の検討のきっかけに

  4. 「アテント 下着爽快プラスうす型パンツ安心の3回吸収」下着のようなはき心地とモレない安心感を両立したうす型パンツにリニューアル        

  5. 今までにないものを形に・・・介護保険も使える移動スーパーを開始! 今まで介護保険の生活支援により頼んで買っていた物が選んで帰る新しい時代へ!!一人での多くのお客様に負担の少ないサービスを少しでも早く届けたい。

  6. PC操作に不慣れな職員でも顔認証で⼿軽にログオンでき、セキュアで効率的な業務環境を実現。「顔認証」でなりすまし不正利用を防御する「FaceViTAL」を提供しています

  7. ダンスのような、介護のような「とつとつダンス」オンライン トーク・セッション 認知症高齢者とのダンス・音楽によるコミュニケーションの可能性

  8. ライフケアデザイン(株)監修の実用書『目で見てわかる認知症ケア』発売のお知らせ ~ソナーレで実践した33の事例から認知症ケアを紐解く~

    運営する介護付有料老人ホーム「ソナーレ」での認知症ケアの実践事例に基づき、実用書『目で見てわかる認知症ケア』を監修し、このたび発売されましたのでお知らせいたします。

  9. Footage訪問看護ステーションの最先端の取り組み。 何故Footageには”人”が集まるのか。

  10. 株式会社学研ココファンは、2021年2月1日に新潟県初出店となるサービス付き高齢者向け住宅「ココファン新潟東」 をオープンします。

  11. 楽しみながら体幹の筋力アップ!座位を保つためのレクリエーション『レクリエ 2020年5・6月』 2020年4月1日(水)高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌『レクリエ 2020年5・6月』。

  12. 「LIFULL介護」、オンライン見学可能な施設の検索機能を追加、「オンライン見学同行」サービスの実証実験を開始