1月5日「遺言の日」に合わせ、遺言・遺贈に関する調査を実施 -終活への関心は5割超えるも、遺言書を作成済み/作成意向は2割弱にとどまる-

 日本財団(会長 笹川陽平)は、夫婦や家族で「遺言」について話し合う機会にしてもらいたいと、1月5日を「遺言の日」に制定し、遺言の必要性を発信しています。この度、遺言の日に合わせて60歳~79歳までの男女2,000人を対象に、遺言書の準備状況や遺贈(※)に関する調査を実施しました。 調査では、58.2%が終活に興味があると回答したものの、既に公正証書/自筆証書遺言書を作成している人は3.4%、近いうちに作成しようと思っている人は13.9%にとどまりました。一方、すでに遺言書を作成している人が遺言書を書いてよかったと思うこととして最も多かったのは「気持ちの整理になった」(44.8%)でした。「遺贈」については27.8%が知っていると回答し、20.5%が遺贈へ関心があると回答しました。
※遺贈とは、遺した財産を遺言書によって相続人以外の者に渡すこと。

<調査概要>
調査対象:全国の60歳~79歳男女
回答数:2,000
調査除外:印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業の関係者
実施期間:2020年11月27日(金)~11月28日(土)
調査手法:インターネット調査調査結果の詳細は、以下のURLからご覧ください。

https://www.nippon-foundation.or.jp/app/uploads/2020/12/new_pr_20210105_01.pdf

■遺贈寄付周知啓発に向けた日本財団の取組み
 日本財団は、2016年に日本財団遺贈寄付サポートセンターを開設し、遺贈寄付の周知啓発に取り組んでいます。「遺贈寄付(いぞうきふ)」とは、遺言書により、遺産の一部またはすべてを相続人以外の特定の人や団体などに寄付することです。少子化や未婚の増加などにより「おひとりさま」が増えている中、遺贈についての関心が高まっています。上記調査でも、60歳以上の5人に1人が遺贈寄付に関心があることが分かりました。一方で、日本の年間相続額が約16兆円を超える中で年間遺贈寄付額は約339億円にとどまると言われ(※)、遺言書を遺す人が20人に1人にも満たないことが原因の一つと考えられています。
 当財団では、日本財団遺贈寄付サポートセンターを通じて遺贈する場合の遺言書の書き方や遺贈先の選定に関する相談業務を実施するととも、遺言の大切さや必要性を広く社会に向けて周知する取組みを実施しています。
※年間相続額は国税庁公表の平成29年度相続財産額、年間遺贈寄付は平成29年度相続税申告を基に算出した金額(国税庁開示資料より)

日本財団遺贈寄付サポートセンターの詳細は以下をご参照下さい。
https://izo-kifu.jp/

関連記事

  1. 親のことが心配になったら【逆走・免許返納に関する意識調査】約80歳まで「免許返納」したくない!~約80%の高齢男性ドライバー運転に“自信あり”~ 「70歳になったら『免許返納』について家族で話し合って!」逆走や免許返納のおススメ話し合い方やNGポイントを専門医朝田先生がアドバイス

  2. 「実家が空き家になったらどうする?」803人へアンケート調査を株式会社AlbaLinkが実施 「実家の空き家問題」をアンケート調査!世代別の意外な傾向とは?

    「実家が空き家になったらどうする?」803人へアンケート調査を株式会社AlbaLinkが実施

  3. 実は、講師デビューしたい中高年は多いって知っていました??? 〜講師デビュー講座を通じて地元での仲間作り、自己実現をサポート〜

  4. 認知症の行方不明者はのべ1万7479人で、前年よりも552人多く、7年連続で最多を更新し、2018年以前に届け出があった人を含め、昨年、遺体で発見されたのは460人だったと警察庁が2日発表。

  5. ≪機能性表示食品≫中高年の記憶力の維持をサポート!認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある新素材“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】

    記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】ご紹介。

  6. 食パン専門店×コーヒースタンドのお店レブレッソは、2014年に大阪市天王寺区の一軒家からスタートし、現在では大阪、東京、名古屋、福岡など全国9店舗を展開中。毎朝店内で焼き上げるこだわりの食パンやバリスタが一杯一杯淹れるコーヒーなどを販売しております。

  7. 本格宇治抹茶ブランド「千休」日本初上陸の体験型店舗「b8ta(ベータ)」にて新商品「米粉の抹茶フィナンシェ」を販売 出品を記念した新商品「米粉の抹茶フィナンシェ〜たまゆら〜」や限定セットを販売

  8. コロナ禍で失業・減収のシニアを最大10名採用、非対面の営業職を募集 シニア専門人材紹介のシニアジョブが自社採用でも困窮シニアの救済を発表

  9. 賃貸住宅建築部門45年の実績 プリマガーデン10周年デザインと間取りの差別化、高収益、長寿命賃貸住宅プリマガーデン 賃貸住宅経営は、量産の時代から差別化の時代へずば抜けた入居者の人気と、圧巻の低メンテナンスと、地域の発展の「三方良し」を実現する賃貸住宅。

  10. 家事代行サービスのCaSy、「除菌清掃サービス」を開始 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、施設や住居内の衛生管理ニーズに対応

  11. 人生の最期を、病院ではなく、自宅で迎える時代が来ます。リアルな実例と現場の情報で、“自宅看取り”の全てを紹介。

  12. 掲載求人数10万件over! 40代50代60代向けの求人サイト「マイナビミドルシニア」が全国サービス開始のため大幅サイトリニューアル! よりミドルシニア世代に支持される求人サービスとなるため、掲載求人数を大幅に拡大し、全国版での利用を開始!