14万円から購入可能なリチウム電池仕様の電動車いす2種が介護保険適用商品として新発売!

トライクスジェイピー合同会社(所在地:神奈川県横浜市 代表:島津徹也)では、2020年2月3日(月)より、介護保険適用商品として福祉用具コード(通称TAISコード)を取得したジョイスティック型電動車いす2種の販売を開始いたします。
超高齢社会に突入し、電動車いすを求めるニーズは年々高まっていますが、国内において電動車いすは非常に高価な商品となっているため、介護保険が適用されない方が購入する場合は、経済的に大きな負担を強いられています。このため当社では、ヨーロッパや米国向けに大量生産されている電動車いすの一部を日本に引き込むことにより、国内生産されているジョイスティック型電動車いすの約 1/2 ~ 1/3 の価格で提供することが可能となりました。
当社の電動車いすは安心してご利用いただくために、当社にて初期整備を実施し、合格した商品だけ1年間の製品保証を付けて出荷しています。

このたびTAIS※1 コードを取得した電動車いすは、「スタンダードモデル」と「スモールタイヤモデル」の2種類であり、これらは「普通型」と呼ばれ、常にモーターを原動機として動作する車椅子です。

■介護・福祉機器お取り扱いの業者様には、セカンドラインとして
■各種施設ならびに宿泊業の運営者様におかれましてはご来場者様へのレンタル用として
■長距離歩行が困難なご家族へのプレゼントとして
 ご利用いただけます。
共通仕様

  • コントローラー:ジョイスティック型で5段階の速度調整可能。
  • バックブザー:後進時に車椅子の後方の人へ警告を与えることができます。
  • 電磁ブレーキ:ジョイスティックを中立にすることで電気的にブレーキがかかった状態になります。
  • 手動ブレーキ:機械式でタイヤを固定する装置をサポート。
  • 開放式ひじ掛け:車椅子への乗降のため、左右のひじ掛けは後方へ跳ね上げることが可能。
  • フットレスト:上下に無段階調整が可能。左右取り外し可能。
  • 転倒防止バー:急な登り坂などで不意に後ろに転倒をしないように補助バーを設けています。
  • コンパクト仕様:背もたれも折りたため、座席をたたんでコンパクトに収納が可能。自動車の後部スペースに乗せられます。
  • バッテリー:最新のハイパワーリチウムバッテリーを採用。
  • 大型キャスター:10インチのフロントホイールが、屋外道路の凹凸や障害を緩和します。
  • 保証:ご購入後1年間の保証が付きます。(補償内容はユーザマニュアルを参照)
  • 送料:離島を除く国内は送料無料でお届けします。

■スモールタイヤモデル
価格 140,000円(非課税)
TAISコード 01947 – 000002
周囲の人に威圧感を与えにくい14インチスモールタイヤを採用。
スタンダードタイプに比べホイールベース・トレッドが広いため、安定度が高くなっています。
また、座席位置も前寄りのため後ろに転倒するリスクが少なくなっています。
折り畳むと横幅350mm、長さ810mm、高さ720mmと大変コンパクトになります。

■スタンダードモデル
価格 160,000円(非課税)
TAISコード 01947 – 000001
ホイールリム付き大径24インチタイヤで、ほんのちょっと動かしたいときや、電動装置に異常があった場合手動での移動が可能です。ノーパンクタイヤ採用なので屋外走行時に悩まされるのがパンクがありません。
折り畳むと横幅440mm、長さ850mm、高さ690mmと大変コンパクトになります。

■オプション
●予備バッテリー<スモールタイヤモデル用>
 価格 38,500円(税込)
 バッテリー、ケース、ケーブル、コネクターが含まれます。

●予備バッテリー<スタンダードモデル用>
 価格 38,500円(税込)
 バッテリー、ケース、ケーブル、コネクターが含まれます。車椅子に設置する金具は含まれません。

●バッテリーチャージャー
 価格 8,800円(税込)
 入力100-220V 1.8A 出力29.4V 3A

※1)TAISコードとは:
公益財団法人テクノエイド協会(福祉用具に関する調査研究及び開発、福祉用具情報の収集及び提供、義肢装具士国家試験を実施する公益法人)が提供する福祉用具情報システム(Tecnical Aids Information Systemの略)で発行するコードであり、大半の地方自治体において介護保険申請を行う際に介護保険適用製品として扱われる福祉用具コードのこと(一部の地方自治体では必ずしも必要とはしていない)。

関連記事

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 感染症下で多様化するお葬式ニーズに対応 「よりそうお葬式」がプランをリニューアル

  2. 睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」が、ライフケアデザイン株式会社が2021年12月1日に開設予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ・アテリア久我山」(東京都三鷹市)に採用されました

  3. 認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】を2021年10月4日(月)より新発売いたします。

  4. 横浜高島屋では、9月29日(水)~10月5日(火)(※最終日は午後5時閉場)までの期間、輪島の伝統工芸に独自の技法でカラフルな色を加えた「中門博 輪島塗 7色の影漆彩・絵幻」を開催します。

  5. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  6. アクティブシニアに向けた渋谷でのホテル暮らしを提案する1年間の長期宿泊プラン「ロングステイ 365days」を10月1日より販売開始

  7. 70代の足音が聞こえる前にやっておきたい認知症対策!『認知症に備える』刊行

  8. 【セミナー告知】介護系YouTubeチャンネル登録者数ナンバー1の『ケアきょう』が、無料オンラインセミナーを開催!オーストラリア発の生きがい支援介護とは?

  9. 睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の計測データから、2021年8月に“質の高い睡眠をとっている都道府県ランキング”を発表しました。 いつまでも元気で過ごすために、認知症リスクに負けない質の高い睡眠をとるポイントを紹介します。

  10. 2021年9月1日(水)から10月31日(日)の期間、全国のメガネのアイガン店舗にて「補聴器・聞こえの相談会」を開催します。 「補聴器・聞こえの相談会」は、加齢によっておこる難聴に不安を感じている方を対象に、補聴器について気軽に相談できる場を知っていただくことを目的としています。

  1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

  2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

  3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

  4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

  5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子