70歳現役医師が教える「寝たきり」にならないために気をつけるべき、たった1つのこと 『一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる』(栗原クリニック東京・日本橋 院長 栗原毅 著)2022年9月1日(木)発売

株式会社主婦の友社は、栗原クリニック東京・日本橋 栗原毅院長の著書『一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる』(https://www.amazon.co.jp/dp/407452452X/)を2022年9月1日(木)に発売いたします。
メディアでも活躍する70歳の現役医師が、寝たきりにならない、死ぬまで歩ける体をつくるコツを教える一冊です。
  • 人生の最後10年は介護生活になる可能性が高い

人生100年時代と言われていますが、平均寿命と健康寿命(介護を必要とせず日常生活に制限のない期間)の差は平均で男性では8.84年、女性では約12.35年という統計データがあります。言い換えれば人生の最後10年は介護生活になる可能性が高いということ。

「死ぬまで元気でいたい」
「寝たきりになりたくない」
「理想はピンピンコロリ」
「家族や身近な人に迷惑をかけたくない」

このように思っている人も多いのではないでしょうか。つまり、できるだけ要介護の体にならないようにしたい。そのためには何に気をつけたらいいのでしょうか。

  • 要介護の第一歩は「フレイル」

要介護に陥る主な原因が「フレイル」です。フレイルとは、日本語では「虚弱状態」といいます。加齢に伴って活動が減って引きこもりがちになり、生活していくうえで必要なさまざまな能力が衰えていきます。

フレイルは、「身体的フレイル」「精神的・心理的フレイル」「社会的フレイル」などが含まれる多面的な概念です。「身体的フレイル」は筋肉や心肺機能、内臓器官の衰えなどを指します。「精神的・心理的フレイル」は、脳神経に関わるもので、認知症やうつ病になる恐れがあります。また、「社会的フレイル」は人との接触が著しく少なくなる症状です。この3つのフレイルは、お互いに関連し合い、次第に虚弱が進行します。

  • 筋力が衰える「サルコペニア」で介護生活へ

「サルコペニア」とはギリシャ語で、「サルコ」は筋肉、「ペニア」は減少するという意味で、日本語では「筋肉衰弱症」といいます。その名の通り、筋肉の量と力が衰える障害で、フレイルのなかの身体的フレイルと近い内容です。

サルコペニアになる原因は、加齢のほかにも心臓、腎臓、肝臓、脳などの重篤な疾患、寝たきりなど不活発なライフスタイル、栄養(主にたんぱく質)の不足などがあげられます。

サルコペニアは、転倒骨折、各種疾病への罹患や重症化、入院、要介護、死亡などのリスクを高めることがわかっています。

  • 70歳からも「間違った食べ方」が、フレイルやサルコペニアに

「年を取ったら生活習慣病予防のために肉類は控えたほうがいい」とはよく言われることです。しかし、これは大きな誤りです。私たちの筋肉量は、20歳をピークに年に1%ずつ減っていきます。10年で10%減りますから50歳で30%減、70歳になると筋肉量は20歳のころの半分になってしまいます。

そのうえ、たんぱく質不足、運動不足などが加われば、筋肉量はさらに少なくなってサルコペニア(筋肉量が減ることによって身体機能が低下した状態)に陥ってしまいます。肉類を中心にたんぱく質不足にならないよう注意しなければなりません。

  • 70歳になったら「たんぱく質」を積極的に摂る

フレイルやサルコペニアを防ぐには「たんぱく質」中心の食事を栗原氏はすすめています。力強い筋肉を維持するために必要な栄養素は、何といっても「たんぱく質」です。

たんぱく質を十分に摂るメリットは大きく2つあり、ひとつはたんぱく質が筋肉や血管、骨をつくる材料になること、もうひとつは脳の活性化につながることだと言います。

本書では、1日に摂りたいたんぱく質量は、体重60kgのかたなら約60gを推奨。料理での目安はもちろん、食べる順番も一番最初にたんぱく質から摂ったほうがいい理由、おすすめのたんぱく質料理のレシピも掲載しています。

そのほか、たんぱく質以外の栄養素の摂り方、70代の現役医師である栗原氏自身が実践している軽い運動や日常生活のコツなども紹介しています。

100年人生を豊かでイキイキと送りたい人はもちろん、両親や身近な人にいつまでも元気でいてほしいと願う人には絶対おすすめの一冊です。

  • 書誌情報

タイトル:一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる
著:栗原 毅
定価:1,650円(税込)
発売日:2022年9月1日
判型・ページ数:四六版・192ページ
ISBN:978-4-07-452452-5
発行:主婦の友社
【Amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/407452452X/
【Kindle】https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B0BBN3SBY2/
【楽天ブックス】https://books.rakuten.co.jp/rb/17233533/

  • 著者プロフィール

栗原 毅(くりはら たけし)
1951年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学で消化器内科学、特に肝臓病学を専攻し、2005年同大学教授。2007年より慶應義塾大学教授。2008年に消化器病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防と治療を目的とした「栗原クリニック東京・日本橋」を開院。著書は『「血液サラサラ」のすべてがわかる本』『内臓脂肪は命の危険信号』(以上、小学館)、『「体重2キロ減」で脱出できるメタボリックシンドローム』(講談社+α新書)、『緑茶を食べると、なぜ糖尿病や認知症に効くのか』『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』『チョコは糖尿病によく効く、ヘモグロビンA1cがこんなに下がった』『〈糖化〉ストップで糖尿が解消、肌も頭脳も若返る』『やせない、糖尿病が治らないのは、筋肉に潜む隠れ脂肪
が原因だった』『栗原式不老長寿大全』(以上、主婦の友社)など多数。

関連記事

  1. 19万人が泣き笑いした異例のヒット映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』93歳にして妻の老老介護をはじめた夫、今年めでたく100歳に!

  2. 人気の「脳トレ系パズル塗り絵」に新刊登場!『心を整えて気持ちをリセットする アートパズル塗り絵2』発売

  3. 親の介護を乗り切る裏ワザ伝授!「知らなかった」じゃヤバすぎる!!

  4. 104歳スーパー「ひいじい」が毎日食べている秘伝の長寿食とは? 料理研究家一家「堀江家」の健康レシピ満載『100歳まで元気でボケない食事術』

  5. シニアこそ人生を楽しみ尽くそう!弘兼憲史 著『弘兼流熟年世代の「第二の人生」一人暮らしパラダイス』 「島耕作」シリーズ著者が教える、会社・家族から離れても、無理なくうまくいく考え方!

  6. 『まだ間に合う! 50歳からのお金の基本』発売。人生100年時代、50歳からのマネープランをともかく親切に分かりやすく解説!

  7. 旅の裏技やきっぷの豆知識が盛りだくさん! 60歳以上のシニア世代に向けた、人気の「青春18きっぷ」のハウツー本

  8. 最近、若いころより眠れなくなったと感じていませんか? 『別冊NHKきょうの健康 40代からシニアまで 睡眠の悩み 治療は必要? 薬はどうする?』が7月19日発売

  9. 【新刊書籍】失敗しない定年延長 ~「残念なシニア」をつくらないために~

  10. 70代で寝たきりや要介護にならないためのメソッドを大公開!『70歳すぎても歩ける体になる!』刊行! 今はピンピン元気でも5年後、10年後…あなたは大丈夫?

  11. 嫁姑問題に悩むすべての人に送る。衝撃の実話。パレードブックスは、『姑と私の七千日』(著者:智恵子)を全国の書店にて発売いたします

  12. シニア世代の髪の悩みを解決!話題の巣鴨のえがお美容室監修のヘアカーラー付きムック本が発売!

カテゴリー

  1. 「従来の墓地の申し込みは数年で激減・・・」終活お墓アンケートの…

  2. 【10月1日(土)~10月31日(月)まで】「優待割」開催のお知らせ …

  3. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン!…

  4. ”受けたい医療は自分で決める” 在宅医療の患者さんとクリニックをつ…

  5. 狭山市立堀兼・上赤坂公園にて、株式会社JR東日本びゅうツーリズム…

  1. 親の事が心配になる世代におすすめ おとなナビコミュニティー「お…

  2. 無料相談お申込み

  3. お困りごと解決サービス

  4. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  5. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法