9月21日の世界アルツハイマーデーに、改めて注目して頂きたい病気です ー治療で改善する認知症「特発性正常圧水頭症(iNPH)」ー

▼iNPHの3徴候
治療で改善できる認知症とされている「特発性正常圧水頭症(iNPH)」。近年では認知症の主な原因疾患とされるアルツハイマー型認知症との併存も指摘されています。9月21日は世界アルツハイマーデー、9月は世界アルツハイマー月間です。認知症への感心が高まるこの時期に合わせて、iNPHの啓発活動にCSRの観点から20年以上にわたって取り組んできた、医療機器メーカーIntegra Japan株式会社(東京都港区)は、「高齢者の水頭症 iNPH.jp」(https://inph.jp/)で、アルツハイマー型認知症とiNPHを併存した患者さんの体験談を公開しました。
■特発性正常圧水頭症(iNPH)について
「特発性正常圧水頭症(以下、iNPH)」は、高齢者が発症する可能性のある水頭症で、髄液が脳室内に過剰に溜まり、脳を圧迫することによって起こります。特徴的な症状として、歩行障害・認知症・尿失禁などがあり、髄液の流れをよくする治療によってこれらの症状が改善することから、”治療で改善する認知症”とも呼ばれています。その患者数は、少なくとも高齢者人口の1.1%程度とされており、『2022年版高齢社会白書』の高齢者人口をベースにすると、39万人よりも多い可能性が指摘されています。iNPHの症状は加齢に伴う症状によく似ているため、 治療を受けている人は、推定患者数の数%にとどまっています。■アルツハイマー型認知症とiNPHの併存例について
日本における認知症患者の数は2025年には約700万人になると推計されており、認知症原因疾患の約5%程度はiNPHによるものであるという報告もあります(※1)。また、近年では認知症の主な原因疾患とされるアルツハイマー型認知症(以下、AD)と診断された方の中で、iNPHも併存している例が多いことも明らかになっています。ADとiNPHの併存率については多くの文献で報告されていますが、約20~60%程度です(※2)。ところが、iNPHは単独で発症していても見逃されやすい病気。ADを併存している場合は、さらに鑑別が困難になるため、iNPHの有病者数は、推計されている39万人よりも多くのiNPH患者の存在が指摘されています。

■ADとiNPHが併存している場合の治療について
ADとiNPHが併存している場合、iNPHが原因で生じている歩行障害・認知症(注意力・集中力の低下など)・尿失禁は、治療によって改善が期待できると共に、周囲の方の介護負担軽減につながる可能性があります。しかしながらADと診断され、iNPHの併存が確認できたとしても、ADによる易怒性や不安などの精神症状が理由で治療を避けるご家族の方もいらっしゃいます。しかし、現在ではiNPNの診断に重要な検査法であるタップテストの前後で行う、認知症の改善度合いを確認するMMSE(Mini-Mental State Examination)のスコアの評価により、治療後の改善度合いを高感度で予測できるため、タップテストの検査結果によって、治療を検討頂きやすくなると思われます(※2)。

▼タップテスト

■世界アルツハイマーデーをきっかけにiNPHにも注目を
世界アルツハイマー月間をきっかけに、iNPHを疑っていただきたいという思いから、『iNPH.jp』では実際にADを併存し、iNPHの治療を受けた患者さんのインタビュー記事を公開しました。ADによる見当識障害等が残りつつ、歩行障害などが改善した患者さんと、そのご家族のリアルなエピソードを紹介しています。
日本における認知症患者の数はまもなく700万人を超えるとされる現代で、高齢期においてもよりQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の高い生活を送るためには、認知症に伴う症状の緩和や原因疾患の治療が望まれています。認知症の原因疾患の多くは治療が難しいとされる中で、”治療で改善できる認知症”とされるiNPH。世界アルツハイマーデーをきっかけに、改めて注目して頂きたい病気です。

▼ADの症状が残るものの、iNPHの治療を受けた患者さんのインタビュー記事
https://inph.jp/story_004.html

※1:2009年熊本大学神経精神科専門外来のデータ

※2:特発性正常圧水頭症診療ガイドライン第3版より
9例のiNPHに対して剖検による病理所見で判定すると併存率は89%、診療記録を用いて後方視的、臨床的に判定すると55.6%であった。脳バイオプシーで採取した標本で病理学的に判定した対象症例数28例、37例、111例の3つの研究における併存率はそれぞれ25%、67.6%、45.6%であった。前述の研究では,アルツハイマー病と臨床診断された症例の割合も記載されているが、その割合は43%であった。わが国で行われた全国レベルの診療施設に対するアンケート調査では3,079例のiNPHにおけるアルツハイマー病の併存率17.6%であった。

※2:Tap Test Can Predict Cognitive Improvement in Patients With iNPH-Results From the Multicenter Prospective Studies SINPHONI-1 and -2

関連記事

  1. 株式会社チカクが国立長寿医療研究センターと共同研究を開始。家族との密なコミュニケーションが、高齢者の健康や生活の質の維持・向上に繋がるかを検証 共同研究に「まごチャンネル」を活用

  2. ≪機能性表示食品≫中高年の記憶力の維持をサポート!認知機能の一部である記憶力を維持する機能がある新素材“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】

    記憶力を維持する機能がある機能性関与成分“バコパサポニン”を配合したサプリメント【アルサポート】ご紹介。

  3. ライフケアデザイン(株)監修の実用書『目で見てわかる認知症ケア』発売のお知らせ ~ソナーレで実践した33の事例から認知症ケアを紐解く~

    運営する介護付有料老人ホーム「ソナーレ」での認知症ケアの実践事例に基づき、実用書『目で見てわかる認知症ケア』を監修し、このたび発売されましたのでお知らせいたします。

  4. 2020年、認知症高齢者が保有する資産は“約250兆円” 高齢化の進展に伴い、2040年には“約345兆円”に

  5. 認知症対策は、まず知ることから!『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』発売!! 初めての経験で心配ばかりが募る家族のために、とことんやさしく認知症を解説した1冊!

  6. 認知症の行方不明者はのべ1万7479人で、前年よりも552人多く、7年連続で最多を更新し、2018年以前に届け出があった人を含め、昨年、遺体で発見されたのは460人だったと警察庁が2日発表。

  7. ホームシェフの出張サービスを提供する株式会社シェアダインとタイアップし、ブレインパフォーマンスのセルフチェックツール「のうKNOW TM」と脳の健康を気遣った新しい「食」のコラボレーション企画を2020年9月16日より開始します。

  8. 長野県を健康寿命1位に導いた鎌田實医師監修の脳トレ本『鎌田實の大人の健脳ドリル101』と、最新第二弾『鎌田實の大人のいきいき健脳ドリル101』を9月24日、同時発売いたしました。

  9. 早期発見・認知機能検査『BI-NOU』7月9日サービス開始 50代以上のプレクリニカル期を対象にした本格的な非対面テスト1回990円(税込)、自宅でも受けられる約15分のオンライン検査

  10. メークアップなどの美容は、非薬物療法の一つとして、認知機能や感情機能、ADL機能に有効であると考えられてきましたが、医学的なエビデンスは不十分でした。今回、AIによる客観的な顔診断により、即時に認知症高齢者の喜びの感情が増加することがわかりました。尚、この研究は、岡山大学・かんでんジョイライフ・日本介護美容セラピスト協会の共同発表です。

  11. 認知症予防にはこんにゃく由来グルコシルセラミドが効果的

    認知症予防にはこんにゃく由来グルコシルセラミドが効果的

  12. 介護漫画「ヘルプマン!!―取材記―」最新刊5月22日(金)3巻同時リリース

カテゴリー

  1. 【ワイン飲むならESOLA(エソラ)でしょ!】毎月10日と20日はESOLA…

  2. 楽しみながら脳を活性化する折り紙のちからも紹介する本『脳が若返…

  3. 源流のせせらぎ、森の紅葉、野花の色に、小鳥のさえずり、黒川温泉…

  4. 移住情報を紹介する特設ページを開設しました!

  5. 【介護ホームに短期宿泊】9月26日(月)~10月2日(日)介護・医療…

  1. 無料相談お申込み

  2. お困りごと解決サービス

  3. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  4. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法