9月21日は世界アルツハイマーデー&敬老の日 早期発見・認知機能検査『BI-NOU』期間限定キャンペーン開始 自宅でできる、ひとりでできる、産学共同開発による本格的なオンライン認知機能検査 通常900円(税抜)が初回限定で500円(税抜)

 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川淳)は、9月21日の世界アルツハイマーデー(※1)および敬老の日に先駆け、当社が運営している早期発見・認知機能検査『BI-NOU』(ビノウ)の期間限定キャンペーンを開始。通常、個人利用は1回900円(税抜)にて提供しているサービスを、初回に限り500円(税抜)に割引いたします。

 『BI-NOU』は東京都健康長寿医療センター研究員(係長)鈴木宏幸氏、東京大学大学院薬学系研究科機能病態学教授富田泰輔氏に参画いただき共同開発した産学連携によるエビデンスに基づいた認知機能検査です。プレクリニカル期と言われる臨床症状のない50代以上を対象にし、検査はオンラインで実施するため、ご自宅でお一人での実施も可能なことから、心理的負担の少ない検査となっています。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大の影響による運動不足や人と交流が減少し、ご自身やご家族の認知機能低下を懸念している方にもおすすめです。

(※1)1994年より「国際アルツハイマー病協会」と「世界保健機関」(WHO)が共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定しています。

キャンペーンサイトURL https://capimedi.com/BI-NOU/

■『BI-NOU』初回割引キャンペーン概要
 キャンペーン価格:500円(税抜)各種クレジット払い ※通常価格は900円(税抜)
 キャンペーン期間:9月18日(金)~12月25日(金)
 対象      :50代以上
 内容      :◎15分の認知機能検査
         ◎認知機能チェック結果レポート。6つの認知機能領域(視空間機能/注意機能/実行機能/記憶機能/言語機能/社会的認知機能)ごとの判定および、アドバイス
 
 ■SNSアカウント開設

 キャンペーン開始にあわせて、認知症関連の様々な情報を発信するInstagramを開始します。
Instagramアカウント: binou_since2020

■『BI-NOU』についてhttps://www.cras.bi-nou.com/
 ライフスタイルの変化、医療技術の進歩などにより人生100年時代が提言されるなか「カラダの健康」、「ココロの健康」に加えて、「アタマの健康」についても注目していく必要があります。この“3つの健康”に対する社会的要請に対応すべく、キャピタルメディカでは認知症事業を展開しています。2017年より軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)の早期発見テスト及び認知症リスク低減運動プログラム『アタマカラダ!ジム』を高齢者施設向けに提供し、その有用性を「日本認知症学会学術集会」で発表するなど、一定の成果をあげてきました。
 一方で、認知機能は10~20年かけて衰えるため、病理学的変化が疑われるが臨床症状のない「プレクリニカル期」での早期発見・早期予防の重要性が高くこの度の『BI-NOU』の開発へと至りました。サービス名の『BI-NOU』(ビノウ)は「美脳、すべての脳は美しい」という思いを込めて名付けました。

 認知機能検査は6つの認知機能領域(視空間機能/注意機能/実行機能/記憶機能/言語機能/社会的認知機能)領域の設問がランダムに表示され、認知機能結果チェックシートも領域ごとにA~Dのレベル判定がでます。前回の結果とも比較ができるため、定期的な検査実施による自己管理が可能です。

※検査レポートより抜粋※検査レポートより抜粋

※検査実施イメージ※検査実施イメージ■『BI-NOU』開発体制について

本検査における研究責任者
≪略歴≫
平成20年より東京都老人総合研究所の非常勤研究員として、
高齢期における社会参加活動と認知機能の関連に関する研究に従事。同時に、当時の東京都老人医療センターもの忘れ外来にて、受診患者の認知機能評価に携わる。
世界的に広く使用されている軽度認知障害向けの認知機能評価検査Montreal Cognitive Assessmentの日本語版(MoCA-J)を作成。
認知機能評価検査の開発の他に、認知機能低下抑制を目的とした社会参加活動に関する実践的研究に従事。

東京都健康長寿医療センターの研究員として参画
≪略歴≫
2000年の博士論文で家族性アルツハイマー病の原因遺伝子の変異がアミロイドβ42タンパク質を増殖させる機構を解明し、その後もアルツハイマー病発症予防因子CALM、KLK7の機能を解明するなど、認知症研究のトップランナーの一人。
1997年東京大学薬学系研究科(研究院)助手、2003年同講師、2006年同准教授、2014年同教授に就任し現在に至る。
主な受賞歴:2010年日本認知症学会奨励賞、2011年ベルツ賞2等賞、2013年日本認知症学会賞、2015年長瀬研究振興賞、2018年島津奨励賞

■医療機関およびアカデミア専用サービス『CRAS』(クラス)
 医療機関・アカデミア向けのサービス『CRAS』(クラス)は、30分のより詳細な認知機能検査の実施、受検者の検査結果を時系列で管理したり、検査結果をPDFでダウンロードするなど検査結果のデータ管理が可能になります。
 サービス名の『CRAS』は(Cognition and Response Assessment Scale:認知および反応評価スケール)の頭文字からとっています。オンライン検査のため、対面式の検査に比べてより多くの検査が実施でき、検査員による結果の誤差も生じません。医療機関の脳ドックや健診のオプションとしての導入や、認知症研究を行っているアカデミアでの活用を見込んでいます。


【株式会社キャピタルメディカ】
 所在地   : 東京都港区虎ノ門 1 丁目 2-3 虎ノ門清和ビル
 事業内容  : 病院の経営・運営支援/医療周辺サービス事業/介護施設の運営
 資本金   : 1355.5 百万円(2020 年 2 月現在)
 ホームページ: https://capimedi.com/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 養護老人ホームの平均入所率は89.9%。定員を満たしておらず、地域包括ケアシステム下での社会資源が活用されていない現状。養護老人ホームが所在する市町村と所在しない市町村の措置状況にも大きな格差が判明。

  2. 聴こえる喜びは「みみ太郎」10日間しっかりお試し!

  3. 株式会社学研ホールディングスのグループ会社で、認知症高齢者対応の「グループホーム」運営居室数日本一のメディカル・ケア・サービス株式会社は、介護記録システム「Notice」を9月より導入しました。

  4. 離れて暮らすご両親や一人暮らしの高齢者をそっと見守ります高齢者みまもりサービス「まもりこ」の販売を開始

  5. Footage訪問看護ステーションの最先端の取り組み。 何故Footageには”人”が集まるのか。

  6. 必ず知っておきたい!介護保険の全知識まとめ

  7. 毎日注文! お店の方ごめんなさい

  8. 2021年3月18日〜21日:渋谷区 認知症なっても展オンライン 開催決定!

    渋谷区では、渋谷区民・渋谷区に通勤、通学するひとみんなが、認知症を理解し、「いつ自分が認知症になっても大丈夫」「認知症になっても安心して暮らせる」そんな街づくりを目指して、3月18日(木)〜21日(日)の4日間『認知症なっても展オンライン』を開催いたします。 まじめに。あたたかく。そして、楽しく。渋谷区のみなさんと共に学び、これからの暮らしを考えます。

  9. 日本と中国の医療介護連携を目指し「日中医療介護リハビリ協会」が発足 介護ラボしゅう代表・中浜崇之が、日本と中国を医療介護で繋ぐ医療介護協会を設立を発表

  10. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  11. チャーム・ケア・コーポレーションが、有料老人ホーム「チャームスイート 千里津雲台」をオープン ~津雲公園にほど近く、四季の移ろいを感じられる穏やかな住環境を提供~

  12. 『在宅介護インストラクター資格取得講座』新規リリース! 正しい知識・スキルを身につけ誰にとっても負担の少ない介護を

    通信講座・教育の開発運営提供を手がけている株式会社キャリアカレッジジャパンは、「在宅介護インストラクター資格取得講座」を新規リリースしました。負担の少ない介護術が身につき介護疲れやストレスを減らす在宅介護を実践できるようになります。