退職金を受け取ったら、知っておきたい! 老後のために上手どのような使いみちがあるのでしょうか? FP 小井手美奈子

定年退職された方の多くは収入が年金だけとなり、年金と貯蓄を切り崩しながら生活していくことになります。人生100年時代ともいわれ、ただ貯蓄を切り崩していくだけでは貯蓄が底をつく「老後破綻」は、決して他人事ではありません。老後破綻に陥らないためには、貯蓄をなるべく切り崩さなくて済むよう、支出を見直し、定年退職後も働いて年金以外の収入を得ることとともに、保有する資産(貯蓄)を運用して増やしていくことが重要です。運用も大切ですが、退職金は老後の大きな支えとなるお金です。退職金は老後の生活費の一部としてとらえなければならない時代です。

100年を生きるとなると、あと何年ありますか? 65歳で定年された方で考えると35年! どう考えても節約だけでは、とても厳しい状況です。退職金を手にして考えている方も将来迎える定年と退職金について考える方も「老後をどう過ごすか?」について考え、お金の使い方についても計画性を持って取り組むことが必要ですね。

どうやって退職金を受け取りますか?                                                                        退職金には「退職一時金」として一括でもらう方法と、運用利回りが上乗せされる毎月分割の年金方式でもらう方法があります。税制上は控除が大きい一時金のほうがメリットがありますが、公的年金が少ない場合など、「毎月の生活費が不安」と分割を選ぶ人も少なくありません。しかし、公的年金を受給しながら働く場合、退職金を分割でもらうと、公的年金+給料+退職年金で毎月の収入が大きくなり、それに伴って税金・社会保険料が上がってしまうということがあります。65歳から公的年金と給料のダブルインカムが見込めるのであれば、定年時の退職金は税金が安くなる一括でもらうメリットが大きいのです。性格にも受け取り方のメリットデメリットがあるのでご相談くださいね。

生命保険文化センター平成28年度「生活保障に関する調査」によると、夫婦2人(高齢夫婦無職世帯)で老後生活を送るための「最低日常生活費」は平均22万円という調査結果が出ています。また、日常の生活費以外にレジャーなどを楽しみながら暮らす場合の「ゆとりある老後生活費」は平均で34.9万円という結果でした。「総務省の家計調査報告(平成29年)」を確認すると、高齢夫婦無職世帯の消費支出の合計は23万5,477円。さらに税金などの非消費支出分の28,240円を加えると、実支出は26万3,717円。実支出とは、消費支出と非消費支出を合計した支出のことです。対して、収入はどうかというと、平均は20万9,198円となりますので、26万3,717円-20万9,198円=5万4,519円毎月ごとに5万円以上の赤字が出ている計算となります。                  65歳からを「老後」とすると、35年間で、54,519円×12ヶ月×20年=22,897,980円厚生労働省の平成30年就労条件総合調査の概況によると、勤続20年以上かつ45歳以上の退職者の退職給付額(平成29年度の1年間)は以下の通りです。・大学卒・・・1,983万円
・高校卒(管理・事務・技術職)・・・1,618万円
・高校卒(現業職)・・・1,159万円

貯蓄額や個人年金などの収入によっても状況は変わりますが、医療費や、介護にかかる費用など、生活費以外の支出があることを考えると厳しいことがわかりますね。

働き方によっては、退職金が出ないという状況も想定されます。老後に起こりうることを考慮して、充分な貯蓄や副収入を考えておいたほうが良いでしょう。「今からでは遅いかも」「今まで一生懸命働いてきたのに」と思われるかもしれませんが、これからでも始められる資金の運用方法はたくさんあります。

退職金を使った運用方法を見ていきましょう。

退職金向け定期預金
各金融機関において、退職金運用向けの様々な商品が提供されています。「退職金向け定期預金」の特徴としては、元本の保証はもちろん、普通定期預金よりも高利率で提供される点が挙げられます。リスクが少なく、安心して運用できる方法です。全てを運用に回すのではなく、一部を「普通預金」に入れ、残りをこれらの運用に回すのもよいでしょう

個人向け国債
個人向け国債とは、民間向けに発行される国の債券のことです。国債を購入するということは、一定期間、国にお金を貸すことを意味します。その期間、定期的に利子を受け取ることができ、満期になれば、元本が返済されます。元本が保証されるリスクの少ない投資です。「変動10年」「固定5年」「固定3年」など、期間と金利の種類によって3パターンから選ぶことができ、最低金利0.05%保証、1万円から購入できます。毎月発行され、金利は発行日の一ヶ月前ぐらいに発表されます。

③各種ローンの返済
まずは借金(住宅ローン、自動車ローン、カードローンなど)がないか確認してください。それらのローンがまだ残っていれば、まずはその返済に充てるのが妥当です。住宅ローンや自動車ローンなど「金利」が発生するものを先行して返済しておくことも、先を見据えた運用方法と言えるでしょう。金利が発生し続ければ、支払う費用も増えていく一方なので、ローンの完済を早めることで、金利部分の支出を抑えることができます。支出を抑えるという観点からも退職金の運用方法はよく考えましょう。

投資信託・株式投資
運用というと「投資信託・株式投資」を思い浮かべる方も多いでしょう。世界情勢に影響を受け、株価が急落したり、企業が倒産したり、元本を割る可能性もあるので、これらについてはしっかりと知識をつけることが肝心です。もちろん成功すればリターンは大きいですが、リスクも高いことを把握しておきましょう。。また、「NISA(ニーサ)」や「つみたてNISA」など、譲渡益や配当、分配金が非課税になる口座をまだ利用していないのであれば、利用することも検討してみましょう。

退職金は、一度に大きなお金を受け取ります。今まで取り扱ったことのないような大金を渡された側は、その取り扱いには十分に注意しなければなりません。ここでは、退職金の運用について触れてきましたが、順番としては、こうした資産を「守る」ための保険の見直しを先に行うことも大切です。そのうえで、ローン返済額や生活資金を差し引いて、リスク性の高い商品にまわせる配分を見極めるといいでしょう。まだまだ続く先の長い人生のために、これからでも始められる資金の運用方法はたくさんあります。「銀行に相談しに行ったら、リスクの高い投資商品を勧められ、必要なときには元本割れをしてしまった」では、悔やんでも悔やみきれません。
そのために、今のうちから投資商品についての理解を深め、自分のお金を守れるよう準備をしていく必要があります。健康面やお金の面など、老後についてはさまざまな不安があるかと思いますが、堅実な運用方法で安定的な収入の確保ができるよう、退職金の使い道をしっかりと計画しましょう。

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから!
級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP®
小井手 美奈子
知っておきたい「セカンドライフに必要な暮らしの知識」どんなことでもお気軽にご質問下さね!


    質問内容。ご希望日時・ご希望場所などを↑↑お書込みください




    質問内容。ご希望日時・ご希望場所などを↑↑お書込みください
    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

    関連記事

    カテゴリー

    記事を読む

    最近の記事 おすすめ記事
    1. (株)タムラプランニング&オペレーティングでは、高齢者・介護業界に関連した企業と連携して「自立支援」委員会を設立し、4月から委員会の活動を開始します。 この委員会では、高齢者のQOL(暮らしの質)の向上を目的とし、高齢者・介護向け事業者の評価を高め、介護保険の財源の健全化に向けて、要介護度の軽減と自立支援に取り組みます。

    2. <4月8日は”しわの日”>老いを感じるポイント「しわ」は自分だけでなく他人も気になる!?シニア女性の4人に3人以上が“美容医療を試してみたい”と回答! ~60代・70代女性に聞く「美容意識調査」~

    3. 笑い声のみに特化し、ケアハウス等の様々な運用環境での取り扱い性向上と、さらなる癒やしの効果を目指したヒーリングコミュニケーションデバイスのアップデート機種「かまって『ひろちゃん』にこにこバージョン」の販売を開始します。

    4. 60代以上のメルカリ利用者数、前年比約1.4倍増加 一人当たりの年間平均出品数は約72個で20代の約2倍 意識調査では、COVID-19の影響で52.4%の「終活」意識が向上

    5. AP TECH株式会社は、家族のつながりサービス「Hachi」の新機能『iPhone 振るだけSOS』機能を2021年3月31日(水)にリリースし、iPhoneを持ち歩くだけで利用可能なみまもりサービスの提供を開始します。

    6. 訪問看護専用電子カルテ『iBow』を開発・販売する、株式会社eWeLL(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:中野剛人)は、①訪問看護利用経験のある男女(本人またはその家族)②訪問看護従事者(経験者を含む)を対象に、「訪問看護」に関する調査を実施しました。

    7. 高齢化率50%超え900人が住む限界集落「根羽村」に2020年度1年間で19世帯46名が移住、平成以来「初」の「社会増(見込み)」を記録。

    8. よりそうは新型コロナウイルス感染症にともなうお別れの環境およびご要望の変化に対応した新プラン「よりそう火葬式 基本プラン」を発表するとともに、「よりそうお葬式」の全プランをリニューアルし、2021年3月31日(水)より全国で提供を開始いたしました。

    9. 「東急ベル」×「ベネッセのおうちごはん」、シニア世代の暮らしをトータルサポート 「ベネッセのおうちごはん」を新規エリアでご利用の方に

    10.  日本財団は、67歳~ 81歳の方(当事者)と35歳 ~59歳の高齢の親を持つ方(子世代)に対して、 人生の最期の迎え方に関する全国意識調査を実施しました。

    1. 一人暮らしをする親のことがが心配だけど、同居に踏み切れない! そんな心配がある方へ近居のすすめ!

    2. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始 家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

    3. 「介護施設入居に関する実態調査」入居時の介護度は要支援1~要介護2までが半数以上、約8割が認知症あり ~入居前の介護者の苦労は、精神的な辛さ、将来不安などメンタル面が上位~

    4. 【老人ホーム・介護施設の探し方】ケアマネジャーに聞いた!希望に沿った老人ホームを探すなら紹介会社を使うべき?

    5. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

    6. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

    7. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

    8. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子