帰省で確認! 認知症について「あるある」と「認知症」の人のために家族ができる10カ条

またまたコロナ旋風が吹き荒れ、また今年も帰れないかな~?って思ってらっしゃいますか?

実家が遠距離で中々会えない状況が続いている間に親はおもったより弱っているかもしれません。
「感染拡大を繰り返すたびに予定を変更していては、何もできなくなる」 これはシニア世代の本音では?

昨年までは帰省を控えるよう求めていた両親も、4回目接種を終えて帰省に賛成してくれたというご家庭も。

大抵の方は特別な根拠もないのに「ウチの親はまだ大丈夫だろう」と思っていらっしゃるでしょう。
多くの高齢者世代と接する仕事をし、私も両親の介護を体験しています。
だからこそお盆には帰省して確認!をお願いしたいんです。

足腰が弱ったみたいだな~とかこれって認知症?だとかちょっとした変化に気が付くかもしれません

介護は覚悟と情報が大切です。 認知症について、介護について本当にたくさんの記事が掲載されています。その記事の中から介護する側の気持ちにも似合った情報を選択しなければなりません。 認知症になった本人もそれはそれは大変で不安でしょうが、日常を生きている介護者もまた大変です。 認知症なんだからと理解していても受け入れられないことだって山ほどあるんです。 抱えきれなくなったら相談してくださいね!

    まず、認知症あるある。

    認知症が疑われるサインとしては以下のようなものがあげられます。

    作成:公益社団法人 認知症の人と家族の会

      もの忘れがひどい
      1. 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる
      2. 同じことを何度も言う・問う・する
      3. しまい忘れ置き忘れが増え、いつも探し物をしている
      4. 財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う

    判断・理解力が衰える

    1. 料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった
    2. 新しいことが覚えられない
    3. 話のつじつまが合わない
    4. テレビ番組の内容が理解できなくなった
      時間・場所がわからない

    1. 約束の日時や場所を間違えるようになった
    2. 慣れた道でも迷うことがある
      人柄が変わる

    1. 些細なことで怒りっぽくなった
    2. 周りへの気づかいがなくなり頑固になった
    3. 自分の失敗をひとのせいにする
    4. 「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた
      不安感が強い

    1. ひとりになると怖がったり寂しがったりする
    2. 外出時、持ち物を何度も確かめる
    3. 「頭が変になった」と本人が訴える
      1. 意欲がなくなる

      2. 下着を替えず、身だしなみを構わなくなった
      3. 趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
      4. ふさぎ込んで何をするのも億劫がりいやがる
      5. http://hearttoheart.or.jp/ ←詳しくは左をclick❕ ※認知症のあるある(実例)がたくさん掲載されています。



    この最初の小さな❔が気になったら

    「認知症」の人のために家族ができる10カ条

    1. 見逃すな「あれ、何かおかしい?」は大事なサイン
    2. 早めに受診を。治る認知症もある
    3. 知は力。認知症の正しい知識を身につけよう
    4. 介護保険など、サービスを積極的に利用しよう
    5. サービスの質を見分ける目を持とう
    6. 経験者は智恵の宝庫。いつでも気軽に相談を
    7. 今できることを知り、それを大切に
    8. 恥じず、隠さず、ネットワークを広げよう
    9. 自分も大切に、介護以外の時間を持とう
    10. 往年のその人らしい日々を

    (公式ホームページはこちら)https://www.gov-online.go.jp/

    最近感じる親の老化…どう対処したらいい? 




    関連リンク

    厚生労働省「認知症対策」

    公益社団法人 認知症の人と家族の会
    e-65.net(イー・ローゴネット)「認知症・地域支援マップ」

    関連記事

    1. A Iの目が高齢者を見守る「ヤモリン転倒検知システム」の販売開始 AI×IOTでコロナ禍の介護崩壊を防ぐ、サブスクで月2500円から簡単導入

    2. 面接テクをオンラインで学べる!シニア就活オンライン講座を8/21初開催 シニア専門人材紹介のシニアジョブが初のオンラインイベントを開催

    3. withコロナの時代に贈る、敬老の日ギフトは?おうち時間を健康的に過ごすため、敬老の日ギフトの意識調査を開始。

    4. 高齢者の健康寿命延伸を地元密着型アプリでサポートレシピ動画チャンネル「Chef Sugiura”HEALTHY HOME COOKING” 」と「KYOUDOKO」のコラボレシピ登場

    5. 世界で大好評のスマートネックマッサジャーが緊急入荷予定ですのでお早めにご予約下さい。 入手困難になる前にぜひご予約を!世界で大ヒットしているスマートネックマッサジャーは6つのモード機能と9段階調整可能で合計54パターンの揉み心地が味わえます。

    6. おとなナビプラットホーム悩み相談

    7. ​「まごチャンネル」がAmazon人気ギフトランキングで1位を獲得 コロナ禍で帰省できない夏休みのコミュニケーションツールとして

    8. 売り切れ続出の“おせち”、まだ間に合う!31日限定販売 「駆け込みおせち2021」7選

    9. 精神科?それともものわすれ外来?~認知症の検査をするための医療機関の探し方~         介護のお悩み解決チャンネル

    10. 生活習慣病予防、高齢者向けレシピなど、医療グループがお届けする健康レシピを紹介するサイトをリリース 管理栄養士監修、手軽で健康的なレシピ満載

    11. 「まだ先?」は大間違い。40代から準備すべき「親の介護」に関する調査を発表。 ~介護経験者の4割が40代前半までに親の介護へ。「準備はアラフォーのうちに」と7割が断言。一方で、現アラフォー世代の準備率はわずか1割。9割が「親と介護話をしたことが無い」~

      「まだ先?」は大間違い。40代から準備すべき「親の介護」に関する調査を発表。 ~介護経験者の4割が40代前半までに親の介護へ。「準備はアラフォーのうちに」と7割が断言。一方で、現アラフォー世代の準備率はわずか1割。9割が「親と介護話をしたことが無い」~

    12. 三井住友トラスト・資産のミライ研究所が令和時代の資産形成を調査ーー年齢が上がるにつれて「世代内資産格差」が拡大! 三井住友トラスト・資産のミライ研究所の「住まいと資産形成に関する意識と実態調査–住宅ローンがあっても資産形成が進んでいるのはどんな人?-」レポートリリースについて