LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

株式会社LIFULLの子会社で、日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト『LIFULL介護』を運営する株式会社LIFULL senior(代表取締役:泉 雅人)は、11月11日の「介護の日」に向け、2018年10月~2019年9月の間『LIFULL介護』を使用し、資料請求や問い合わせをされた方のデータをもとに、介護施設の利用検討者の実態調査、分析を行いました。  調査結果から介護施設入居対象者の年齢は、75歳以上が全体の86.2%を占め、年齢別にみると85歳〜90歳が27.7%と最も多く、次いで80歳〜84歳が27.0%という結果でした。これにより、介護施設入居のニーズは80歳以降に急増することがわかりました。 また、介護施設入居対象者の要介護度は軽度者(要支援1、要支援2、要介護1、要介護2)が全体の49.4%を占め、さらに介護度別の認知症症状「あり」の割合は、要介護1の方(n=22,170)の48.6%、要介護2の方(n=18,543)の46.7%となり、要介護度が低い場合でも約半数の方に認知症症状があることわかりました。

​               図1  介護施設入居対象者の介護度別_要介護度

<分析結果から>

現在、政府が検討している介護保険法改正によって、介護給付から外される可能性がある要介護1・2の方の中には認知症症状のある場合が一定量あり、家族は半年以内の施設入居を希望しています。実際に、要介護度が1・2の方への介護給付を市区町村裁量で実施する「総合事業」に移す政策が進められれば、自治体や施設の種類によっては、施設利用者の金銭的負担が増加する可能性があります。また政府は2021年の介護保険法改正で、介護保険料の自己負担を引き上げることも検討しており、この点においても施設利用者及び介護者の金銭的負担が増えることが予想されます。

<調査・分析の背景>
厚生労働省は11月11日を「介護の日」と定めています。高齢化などにより、介護を必要とする方の増加や介護にまつわる課題は多様化しています。厚生労働省は、2021年の介護保険法改正で、介護保険料の自己負担を引き上げることや要介護度が1・2の方への介護給付を市区町村の裁量で実施する「総合事業」に移すことを検討しています。本調査は、それらの施策が施行された際の介護施設利用検討者及び利用者への影響を予測するため、介護施設探しの実態について調査・分析したものです。

<分析結果>
●介護施設入居対象者の年齢は85〜89歳が 27.7%で最も多く、次に80〜84歳が 27.0%

                図2  年代別_介護施設入居希望者


●介護施設の入居対象者の要介護度
 軽度者(要支援1、要支援2、要介護1、要介護2)が全体の 49.4%を占めている
 要介護度1の方の48.6%、要介護度2の方の46.7%が認知症症状「あり」

 

 ​               図1  介護施設入居対象者の介護度別_要介護度

             図3 介護施設入居対象者の介護度別_認知症症状「あり」

●介護施設を探している人のうち65.3%が半年以内の入居を希望している

                    図4 介護施設入居希望時期

■調査概要
 調査期間:2018年10月~2019年9月
 調査方法:介護施設検索サイト『LIFULL介護』の問合せデータベースより該当項目を抽出

 ■「LIFULL介護」について

有料老人ホームや介護施設、高齢者向け賃貸など、さまざまな高齢者向けの住まいを探すことができるサービスです。全国38,000件数以上を掲載し、掲載件数は業界No.1を誇っています。掲載件数業界No.1 ※全国38,000件数以上(ネオマーケティング調査 2018.5) ウェブサイト:https://kaigo.homes.co.jp/

■株式会社LIFULL senior について
「シニアの暮らしに関わる 全ての人々が笑顔あふれる社会の仕組みを創る」をビジョンに掲げ、ヒトとテクノロジーの力で、シニアの暮らしに関わる人のあらゆる不の解消を実現し、「シニアの暮らしに関わる人のあらゆるLIFEをFULLに」する。そんな世界の実現を目指し、介護準備段階から遺品整理まで広くサービスを展開しています。

<概要>
所在地:東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門9F
代表取締役:泉 雅人
設立:2015年7月1日
事業内容:日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト『LIFULL介護』の運営
     遺品整理業者検索サイト『みんなの遺品整理』の運営
     介護当事者一歩手前の世代に向け、介護の最新情報や体験談を発信する、
     介護情報メディア『tayorini』(たよりに)の運営

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. ソラシドスペシャル!11日間の限定販売 九州・沖縄路線が4,000円~! 9/25(金)12:30から販売開始! 2020年11月~2021年1月搭乗分

  2. 故人にも、個性を。生前の趣味や好きなものをカタチにした“その人らしい”お線香「あの日のおもかげ線香」プロダクトローンチ クリエイティブカンパニーWunderman Thompson Tokyo と共同開発

  3. <お月見の新しいカタチ>オープントップバスでお月見バスツアー!(GoToトラベル) <全日程催行決定!>お月見団子を頬張りながら『東京タワー』と『東京スカイツリー』の2大シンボルと『レインボーブリッジ』を駆け抜ける!秋の夜長を五感で感じる90分のオープントップバス爽快ツアー!

  4. 【ミドル・シニア 8,000人調査】 55〜64歳正社員の約6割が「定年後も働きたい」と回答 すでに定年している60〜79歳の‟当時の就業意向“と比較すると+6.1pt

  5. 介護情報誌『あいらいふ』10・11月号、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位は誤嚥性肺炎!「老人ホームの口腔ケアの理想」/東京病院協会の常任理事が語る「介護者のためのコロナ対策」 ~表紙は、元WBAミドル級チャンピオン・竹原慎二さん~

  6. シニアも簡単“おうちエクササイズ”・パーソナルパワープレートとBRAIN BONES BALANCEプログラムセット商品を9月18日より発売スタート! すべてのシニアに健やかな未来を

  7. お客様への『あい』を込めた旅の実現をサポート A♥あい倶楽部 受付開始! ~ 思いやりときずなで!今 ツーリズムにできることを ~

  8. 医療・福祉にまつわる職種を図鑑スタイルで毎週紹介する新企画がスタート! グループで活躍する幅広い職種を紹介

  9. 「ワタミの宅食」新商品「まごころダブル」販売開始 幅広い世代の食事をサポート

  10. 大阪大学と共同開発した「高齢者向け・Well-being診断システム」をリリース。~幸福感も含めた、総合的な心身の健康に着目

  1. 【在宅介護できないと半数以上の方が回答!】親に老人ホームを勧めるタイミングや不安に感じることとは? 親の今後について親子間でよく話している方は14.0%しかいないと判明!

  2. 寝具業界初!西川から「ファブリーズ共同開発寝具シリーズ」が“消臭+抗菌”Wの効果で日々の寝具のお手入れを応援します。

  3. LIFULL介護「介護施設の利用検討者」実態調査 介護施設の利用検討開始は80代がピークに、介護施設への入居を検討する49.4%が「軽度」とされる要介護者、さらに約半数に認知症症状あり

  4. 親のことが心配になったら 高齢でも加入でいる保険について  FP小井手 美奈子