65歳以上のための栄養アセスメントアプリ「MNA プラス」サービス提供中 ~自宅で栄養状態を簡単にチェックし、フレイル対策や健康維持につなげる~

ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニーと、ヘルスケア領域におけるITソリューション企業である株式会社メディエイドは、ネスレと高齢者研究の第一人者たちにより考案され、世界中の医療・介護現場で使用されている65歳以上のための栄養アセスメントツール「MNA (Mini Nutritional Assessment)」(※参考資料)の知見を活かして作られたアプリ「MNA プラス」のiPhone版、Android版サービスを、9月16日(水)より提供開始いたします(※1)。
(※1) 開発、提供:メディエイド 協賛:ネスレ ヘルスサイエンス

 歳を重ねるにつれ、「食事量が減る」、「活動量が低下する」など、様々な些細なことがきっかけで栄養状態の維持が難しい“低栄養”(※2)となり、体力(筋力)や精神力など心身の活力が低下する“フレイル(虚弱)”に陥るリスクが高まります。“フレイル”は悪化すると要介護につながると言われており、心身の健康を維持するためには、不足しがちな栄養素をしっかりと摂り、栄養状態を維持することが大切です。(※2) 必要な栄養素、特にたんぱく質とエネルギーが十分に摂取できていない状態のこと。

■「MNAプラス」で簡単にご自宅で栄養状態チェック!
「MNA プラス」は、本人もご家族も気づかないうちに進行する“低栄養”や“フレイル”対策のための、スマートフォン向け栄養アセスメントアプリです。65歳以上の方ご自身やご家族・介護者が、ご自宅で使用することを想定して作られています。

・65歳以上の方に特化した内容
一般的な「体重」、「身長」、「食事状態」といった質問に加え、高齢者特有の「身体機能(寝たきり、車いす、歩行について等)」や「精神状態(ストレス、神経・精神的問題の有無等)」についての質問が含まれています。

・スマホで簡単、直感的に情報入力可能
入力所要時間は約5分、簡単な6~11個の質問に答えていただくと、4段階の評価結果で状態をお知らせし、日常生活に取り入れやすい様々なアドバイスも表示されます。直感的に使いやすいUI(ユーザーインターフェース)のアプリなので、簡単に情報入力できるほか、過去の栄養評価の振り返りも可能です。

・今後も機能をアップデート予定
ユーザーや医療従事者のお声を取り入れて、今後も様々な機能をアップデート予定です。

・「MNA プラス」の使い方
Step1: 生年月日や身長・体重などの基本情報を登録
Step2: 栄養や食事についての質問に回答(基本設問6問+状態に応じてプラス5問)
Step3: 栄養状態評価やアドバイスがもらえる

Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lifepalette.mna
iOS: https://apps.apple.com/jp/app/id1527388089

以上

参考資料
■ネスレ ヘルスサイエンスについて
 世界最大の食品・飲料企業のネスレにおいて、“栄養を通じて、より健康な生活を支援する”ことをミッションとして掲げて活動しているヘルスケアに特化した事業。日本においては、医療・介護現場で30年以上の実績があるブランド「アイソカル」などの栄養補助食品を中心に、人々の健康維持のための栄養管理を推進している。
https://www.nestlehealthscience.jp/

■メディエイドについて
 創業以来、患者参加型医療の実現をミッションに掲げ、患者・医療従事者などのステークホルダー全体をデジタル技術で支え、新たなヘルスケア・ビジネスを創出支援している。PHR (Personal Health Record) コミュニケーション・プラットフォーム「ライフパレット」を軸に、ヘルスケア領域で日々変化するニーズに合わせた様々なヘルスケア・サービス創出を推し進めている。
https://mediaid.co.jp/
 
■「MNA」について
 「MNA (Mini Nutritional Assessment)」は、ネスレの研究機関・ネスレ ニュートリション インスティテュートと高齢者研究の第一人者たちにより考案された65歳以上の方の栄養状態が簡単に確認できるアセスメントツールで、世界中の医療・介護現場で活用されている。「MNA」は、1989年の国際老年医学会会議での“低栄養の高齢者が多いのに、有用な栄養アセスメントツールが無い”という議論をきっかけに開発がすすめられ、1994年に誕生。以来、「MNA」は20以上の言語に翻訳され、“低栄養”リスクのある高齢者の栄養アセスメントを行うツールとして世界中で活用されている。日本では2010年より本格導入が開始された。
 「MNA プラス」は、これまでの「MNA」の基本設問をベースに、より一般の方でも直感的にわかりやすく入力ができるよう工夫されたスマートフォン向けアプリとして、サービスを提供する。
https://www.mna-elderly.com/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. シニアこそオンラインサービスの習得を 日本初の人生100年時代の会員制地域交流サロンならではのウイズコロナ対策

  2. 高齢者が望むのは、世代間交流よりも「同世代との交流」。交流を望む相手は、自分の子や孫より、「趣味の仲間」や「近所の人」。 アンケート調査「高齢者が望んでいる交流」

  3. 特別番組『太川陽介のスナック歌謡界~昭和スターが集う店~』~名曲「夢芝居」の舞台裏を語り、人生の1曲も披露!ゲスト:梅沢富美男 サプライズゲスト:小椋佳~3月26日(金)「J:テレ」で放送

    特別番組『太川陽介のスナック歌謡界~昭和スターが集う店~』~名曲「夢芝居」の舞台裏を語り、人生の1曲も披露!ゲスト:梅沢富美男 サプライズゲスト:小椋佳~3月26日(金)「J:テレ」で放送

  4. 実家じまいのきっかけと大変さとは?経験された方にアンケート!

  5. これからの寒い季節は要注意! 高齢者が安心して住める家とは? 『寒い住宅の健康リスクを知ろう!高齢者が安心して住める家』その内容をご紹介いたします

  6. 介護向けIoTリハビリ支援サービスを展開するMoff、医療から介護までシームレスなリハビリ支援を実現するサービスをトヨタ自動車と共同で開発開始

  7. 65歳からのお得なシニア東京メトロ24時間券を発売します! 2020年10月15日(木)~2021年1月3日(日) 先着30,000枚

  8. 仕事と介護の両立支援のリクシスと株式会社電通、超高齢社会における新しい家族コミュニケーションツールの共同開発で合意

  9. 2年にわたるコロナ禍で6割以上の人が“体力低下”を実感し“この夏の猛暑が不安”に

  10. 株式会社わかるとできるは、iPhone、Androidスマートフォン、らくらくスマートフォン、人気のアプリなどが学習できる講座を開発しました。現在、全国のパソコン教室わかるとできるにて学習ができます。

  11. 横浜市による、みなとみらい21地区から都市の価値向上を図ることを目的にした、地区内外の企業・団体等と連携して進める「みなとみらい2050プロジェクト」において、近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」を利用した、実装化を目指した長期実証実験が2020年9月3日(木)より開始されます。

  12. 【LINEリサーチ】お年寄りだと思う年齢の全体1位は70~74歳、10代・20代では60代からお年寄りと認識する傾向 年齢にギャップを感じる有名人1位は「明石家さんま」、次いで「水谷豊」「竹内まりや」

カテゴリー

  1. 「従来の墓地の申し込みは数年で激減・・・」終活お墓アンケートの…

  2. 【10月1日(土)~10月31日(月)まで】「優待割」開催のお知らせ …

  3. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン!…

  4. ”受けたい医療は自分で決める” 在宅医療の患者さんとクリニックをつ…

  5. 狭山市立堀兼・上赤坂公園にて、株式会社JR東日本びゅうツーリズム…

  1. 親の事が心配になる世代におすすめ おとなナビコミュニティー「お…

  2. 無料相談お申込み

  3. お困りごと解決サービス

  4. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  5. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法