9月21日「世界アルツハイマーデー」に認知症の疾患啓発動画を公開―「知ることから、やさしくなれる」『日々はつづいていく』ないわけない篇・タイムスリップ篇―

エーザイ株式会社は、「世界アルツハイマーデー」である本日、認知症への理解を深めることを企図し、認知症疾患啓発動画『日々はつづいていく』「ないわけない篇」「タイムスリップ篇」を当社の認知症情報サイト「相談e-65.net」にて公開したことをお知らせします。

急速な高齢化に伴い、日本では2025年には65歳以上の約5人に1人が認知症になると予測されており*、今や認知症は誰にとっても身近なことです。一方で、認知症への関心は個人差が大きく、誤解や思い込みが認知症に対するネガティブなイメージを生み出すという課題があります。

認知症の症状は、原因となる疾患や個人により異なりますが、周囲の方がその症状の意味や当事者の想いを知り、誤解や思い込みを解くことが、当事者の不安を取り除く第一歩になります。

世の中の認知症への理解を深めることで、認知症の当事者様やそのご家族のwell-beingの実現をめざし、
「知ることから、やさしくなれる」をコンセプトとした2本の動画を制作しました。

 

『日々はつづいていく』‐ないわけない篇‐
財布がなくなったとイライラしながら探す母。
そこから母と娘の物語が始まります。母のイライラの裏側にある不安に娘が気づくストーリーを母、娘それぞれの視点で描いています。

『日々はつづいていく』‐タイムスリップ篇‐ヘルパーの青年を昔の生徒だと思う母、それに合わせて会話を続けるヘルパーさん。この二人のやり取りを見ながら、母の本当の気持ちを知る娘のストーリーです。

https://sodan.e-65.net/special/lifegoeson_movie/

認知症情報サイト「相談e–65.net(そうだんイーロゴ・ネット)」では、認知症の種類や原因、病院に行く前に知っておきたい診断・治療に関する情報、認知症に関わる方を支えるための支援制度や相談先、認知機能の維持・向上の対策、介護方法、体験談など、認知症と歩む皆様に向けた情報を掲載しています。また、認知症に関する相談や治療に対応している医療機関を検索いただける「認知症相談ナビ」のほかに、体と脳を活性化するデュアルタスクの運動プログラム「ブレパサイズ」も掲載しています。
詳細はhttps://sodan.e-65.net/ よりご覧ください。

当社は、今後も、疾患啓発活動のみならず、自治体や他産業との連携による認知症エコシステムを構築することで、「認知症と共生する社会」の実現に貢献してまいります。

*厚生労働省 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)

[参考資料]
1.世界アルツハイマーデーについて
1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。また、2012年からは9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、世界中で様々な取り組みが行われています。
日本においても、公益社団法人「認知症の人と家族の会」がポスターやリーフレットを作成し、認知症への理解を呼びかけるなどの活動を行っています。

関連記事

  1. どうなったら認知症なんですか? 認知症のサイン・症状

  2. ダンスのような、介護のような「とつとつダンス」オンライン トーク・セッション 認知症高齢者とのダンス・音楽によるコミュニケーションの可能性

  3. 「日常生活の変化と認知機能に関する意識調査」について ~家族以外との会話時間の減少が、認知機能の低下に影響か?~

  4. 認知症対策は、まず知ることから!『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』発売!! 初めての経験で心配ばかりが募る家族のために、とことんやさしく認知症を解説した1冊!

  5. はちみつの王様「マヌカハニー」。 コロナにも認知症予防にも! 敬老の日のプレゼントに!!

  6. オーディオブックと運動のデュアルタスクに、認知症予防トレーニングと同等の脳血流活性作用を新たに発見〈日本早期認知症学会で発表〉

  7. 2020年、認知症高齢者が保有する資産は“約250兆円” 高齢化の進展に伴い、2040年には“約345兆円”に

  8. 脳のMRI画像 2142例をAI(人工知能)で解析。認知症へとつながるアルツハイマー病の発症時期が予測可能に

  9. 親の認知症は【食事】で予防できる。医学博士の藤田先生が認知症を防ぐ59の方法を紹介します! 『親をボケさせないために、今できる方法』6月19日発売

  10. インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

  11. 大人気書籍『認知症世界の歩き方』発!認知症への知識を深め、腕試しができる「認知症世界の歩き方検定」をリリース。

  12. セラクルミン®の認知機能改善効果を確認 米国UCLA医学部教授、毎日のセラクルミン®の摂取が記憶や注意力を改善すると発表

カテゴリー

  1. 「従来の墓地の申し込みは数年で激減・・・」終活お墓アンケートの…

  2. 【10月1日(土)~10月31日(月)まで】「優待割」開催のお知らせ …

  3. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン!…

  4. ”受けたい医療は自分で決める” 在宅医療の患者さんとクリニックをつ…

  5. 狭山市立堀兼・上赤坂公園にて、株式会社JR東日本びゅうツーリズム…

  1. 親の事が心配になる世代におすすめ おとなナビコミュニティー「お…

  2. 無料相談お申込み

  3. お困りごと解決サービス

  4. お困りごとを解決 お試しトライアル2,5時間 4,980 円  家事代行…

  5. 困りごとがあること自体苦しい。しかし、ひとりで悩んでいることは…

  1. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…

  2. 親の事が心配になったら 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやるこ…

  3. 親のことが心配になったら 親の介護で不幸にならないために読む …

  4. 親のことが心配になったら 介護保険外サービスの種類とはどんなサ…

  5. 親が心配 遠距離の親を支援する方法