親の熱中症が心配 エアコンが嫌い!!

この時期なのに最高気温が体温を超える暑い日が続くと心配になるのが親の熱中症。 エアコンが嫌いの高齢者にエアコンをつけてもらうのは至難の業。

もったいないとか嫌いとかいう理由ではなく本当の理由がありました。

なぜ高齢者はエアコンをつけない?

人は暑いと感じるときや、運動や活動などで体温が上昇したときには、汗をかいて熱を放散させたり、皮膚に血液を集めて外気中に熱を放散させたりして、体温を下げます。しかしながら高齢者は暑さを感じるセンサーが鈍くなり、暑いと感じにくくなるといわれています。
体温の調節機能の低下や、体液量が少なく熱の放散がされにくいなどによって、体の中に熱をためてしまうのです。ですから、本人は本当に熱くないんです。

暑くもないのにクーラーをかけて嫌いな風にあたるなんてもってのほか。

確かに一理あります。

 

熱中症の症状

熱中症になると、その程度によってさまざまな症状が出ます。初めから熱中症のサインが出ることもあれば、初期症状がなくいきなり重い症状が出現することもあるので注意が必要です。

熱中症が重度になると、倦怠感や吐き気、頭痛がある、脱力感がありぐったりしている、汗が止まらない、または、まったく汗をかかないなどの症状があります。体を触ると非常に熱いなどの症状は、より重症度が上がっています。

また、意識状態の確認は熱中症の重症度を見る上では非常に重要で、応答が異常である、呼びかけに反応がないなどの場合は救急搬送が必要になります。

高齢者に熱中症の症状が出たらすること
症状が軽度であれば適切な対応で改善することもありますが、症状の程度が重いと生命の危険を伴うこともあり、場合によっては救急搬送を必要とします。

熱中症かな?思ったら、クーラーの効いている涼しい場所で水分と塩分補給を行います。冷たい水分やスポーツドリンクを摂取するようにしましょう。
また、体の熱を放散させて体温を下げるために、衣服を脱がせたりベルトをゆるめたりして、風通しを良くします。

太い血管の通っている首や両脇の下、足の付け根の前の部分などを氷のうで冷やすのも良いでしょう。特に重症の熱中症の場合では、命を救うためにできるだけ早く体温を下げることが重要です。

日ごろから経口補水液を常備しておくこともおすすめです!


熱中症予防にもっとも大切なのは、水分を補給することと暑さを避けることです。

高齢者はのどの渇きを感じにくいことも多く、気が付かないうちに体の中の水分が足りなくなり、脱水状態になっていることがあります。 脱水状態になると熱中症をおこしやすくなるため、のどが渇いていなくても定期的に水分をとる必要があるのです。
本人任せにしていると十分な水分が摂れないようなときには、抵抗なく水分が摂れるような声掛けを工夫していきましょう。


暑さを避けるには、適切な室温を保つことが必要です。暑さを感じにくいお年寄りの場合は、室温が低すぎると寒いと感じてエアコンを消してしまうことがあり、クーラーの冷気が直接当たることも嫌います。中には、エアコンが嫌で扇風機じゃないとと言う高齢者もいます。
そのような高齢者の場合は、部屋が冷えすぎない程度にエアコンをつけながら、本人が見えるように扇風機を回しておくと、エアコンへの意識が緩和されて扇風機で調節しようとされることもあります。
エアコンがついていると認識されないようにするのもいいですね。

誰が何といっても暑くないものは暑くない。喉も乾いていない。

熱中症の怖さを伝えて、こっそりクーラーをつけてあげましょう。

 

では、身近に家族のいない一人暮らしの高齢者の場合は、どうすればいいのでしょう?

おすすめしたいのは見守りIT

「BOCCO(ボッコ)コミュニケーションロボット 部屋センサー」は各種センサーにより見守られる本人の動きや部屋の温度、照度などをモニタリングし、離れて暮らす家族はパソコンやスマホでそのモニタリングデータをリアルタイム、または過去にさかのぼって確認することができます。

  見守り ロボット 留守番 コミュニケーション BOCCO emo ボッコ エモ IoT ユカイ工学 高齢者
価格:44,000円
  ロボット BOCCO ボッコ 専用 部屋センサー 熱中症対策 明るさセンサー 消し忘れ オプション コミュニケーションロボット 留守番見守り ユカイ工学
価格:4,378円

温度センサーにより部屋の温度が高くなり過ぎていないかチェックしたり、万一倒れた場合など人感センサーにより動きがないといったことがわかるので、離れて暮らす家族にとって、熱中症を防ぐ上でも、高齢者の見守りに最適です。

  (暑さ対策 グッズ)携帯型熱中症計 見守りっち (熱中症の危険性を10分おきに自動計測)価格:3,032円


覚えておこう『熱中症対策 9ヵ条』

・こまめに水分補給をする
・エアコン・扇風機を上手に使用する
・シャワーやタオルで体を冷やす
・部屋の温湿度を測る
・暑い時は無理をしない
・涼しい服装を心掛け、外出時には日傘、帽子を忘れない
・部屋の風通しを良くする
・緊急時の連絡先を確認する
・涼しい場所、施設を利用する
(出典:環境省環境保健部 環境安全課 『環境省熱中症情報に関するホームページ』)

ホーム  全国の暑さ指数  熱中症警戒アラート  暑さ指数について  熱中症対策  普及啓発資料 

https://www.wbgt.env.go.jp/

この9ヵ条を意識をして生活をすることで熱中症を予防する効果が期待できます。油断をせず自分がどのような状況、環境にいるのかを常にチェックしましょう。
また、寝不足であったり、しっかりと食事をとっていなかったりすると熱中症の発生リスクは高まります。
正しい知識と適切な行動で未然に防ぐことができるので、これからの季節は特に注意をしましょう。

遠距離の親を支援する方法

親が心配 遠距離の親を支援する方法

関連記事

カテゴリー